2016年05月02日

越乃shu*kuraを心ゆくまで【後編】

発車時刻よりかなり早くにホームに行きましたが,
越乃shu*kuraはばっちりスタンバイ。

CIMG5696 (800x617).jpg


乗車して,席を確認したら,車両探索です!

越乃shu*kuraは3両編成。
3号車は,切符+指定席料金で乗れる車両。

CIMG5701 (800x600).jpg


ちなみに越乃shu*kuraは快速列車なので,
指定席券を買えば青春18きっぷでも乗れます。
ただし,途中でえちごトキメキ鉄道を通るので,
その分の乗車券も別途必要になります。

2両目は,イベントスペース。

CIMG5700 (800x600).jpg


アテンダントの朗らかなお姉さんたち,
笑顔が素敵ですね(*^_^*)

CIMG5702 (800x600).jpg


ここではカウンター(蔵守)でお酒やお料理を買うこともできます。
また,ジャズやクラッシックの生演奏や,
蔵元による試飲会なども行われます。

そして1両目。
こちらが「びゅう」のツアー専用車両です。

CIMG5699 (800x600).jpg


窓に向かっている座席(2人掛け×4)が展望ペアシート。
その後,窓を背にしているソファ席(2人掛け×5)がくつろぎペアシート。
テーブルを挟んで向かい合わせのソファ席(4人掛け×4)がらくらくボックスシート。

CIMG5697 (800x600).jpg


基本的に,ボックスシートは3人以上でなければ予約できません。
なので私たちは展望ペアシートを予約していました。
(荷物が置いてある座席が私たちの席)

…が。

なんとこの日,1号車を予約したのは私たちだけ。

なので,ボックスシートを使わせていただけることになりました!

この日は平日で,まだ列車の運行が始まって間がなかったので
お客さんが少なかったようです。

狙ってもなかなかできないであろう,
1両まるごと貸切状態。
広い座席を使わせていただいて,
周りを気にせずゆったりのんびり過ごすことができました!

さて発車しましたら,やってきたのはお楽しみのお酒&お料理。

2016-04-01 14.57.27 (800x450).jpg


小瓶のお酒は越乃shu*kuraオリジナルの大吟醸酒。
ここで飲まずに持ち帰ることもできます。
私たちは1本だけ開けて,1本は持ち帰りました。
手前のおちょこのお酒は「純米大吟醸 月の玉響」(ようこ。さ〜ん!^^)。
これにさらに,「あわっしゅ」という発泡純米酒がグラスでつきます。
チェイサーに(?)お水もついてきます。
 
お料理は新潟の郷土料理や,新潟産の素材を中心に。

いやー…

どれもめっちゃ美味しい。

ほんと,ボキャ貧ですみません,って感じなんですが,
どれ食べても飲んでも,ほんとに美味しいの。

月の玉響はその場でそそいでくださるので
少し少なめにってお願いしたのですが,
ちょっと後悔しました💦
あわっしゅは買ってかえろうと思っていたのに忘れてて,
上越妙高で買えるかなー?と思ったけど,売ってませんでした(>_<)
越後妙高では見たような気がするんだけど…

CIMG5708 (800x600).jpg


車窓の景色を楽しみつつ。

ゆったり美味しいお酒とお料理を。

しかも二人で気兼ねなくのんびりと。


…極楽。

CIMG5710 (800x600).jpg


もちろん,楽しみはこれだけじゃありません。

2号車での生演奏は,本日はクラシック。

音楽を聴きながら,車窓の眺めを楽しみながら,お酒をいただけます。
うーん,大人の楽しみですね〜

最初に出てきたお料理とお酒がなくなったので,
利き酒セットを追加しました。

CIMG5716 (800x585).jpg


お猪口3杯のお酒におつまみ(鮭の焼漬け)付。

このおつまみがまた。
「ナニこれ,うまっ!
っと思わず口に出てしまった美味しさ。

ほんと,新潟の食ってすごいです。

お酒の弱い私ですが,
なぜか今回はそれほどヘロヘロにならず…
お酒の質がいいから?
北越急行の中で飲んだヤスダヨーグルトがよかったのかも?

その後イベントスペースでは,蔵元さんの試飲会。
この日は越乃shu*kuraオリジナルの大吟醸酒を作られた君の井酒造さんでした。

2016-04-01 17.11.11 (800x450).jpg


列車は日本海沿いを走り。
いよいよクライマックス,青海川駅へ。

青海川駅は「日本で一番海に近い駅」だそうで。
ホーム眼下に海が広がります。

2016-04-01 17.26.17 (800x450).jpg
(越乃shu*kuraの停車駅にはこんな駅標が出ています)


ここで約20分の停車。
みんな写真撮影したり。

2016-04-01 17.11.11 (800x450).jpg


ちょうど2回目の演奏タイムだったので,
なんとバンドのみなさんがホームで演奏してくださいました。

2016-04-01 17.17.04 (800x450).jpg


時期的に夕日が落ちるタイミングではなかったけど,
綺麗でしたね〜^^

2016-04-01 17.16.01 (800x450).jpg


最後に柏崎鯛茶漬けと雪室ジェラートもいただいて。
(鯛茶漬け,焼いた鯛の塩加減が絶妙でうまー…)

なんかもう,いい感じに酔っぱらっていたので,
写真撮るなんて作業はすっかり頭から飛んでました。

たっぷり飲んで食べて楽しんで,大満足

そして約4時間の乗車もあっという間に終了。
上越妙高に着きました。

たくさん飲んだので,
どれがどうだったかわからなくなりましたが^^;
とりあえずハズレは1こもなしでした!
どれもほんとに美味しかった。

上越妙高でも1時間ほど余裕をみていたので,
駅のカフェコーナーでコーヒーをいただいて,一息。

そしてまたも駅周りをうろうろして(何もなかった笑)
お土産買って,帰りの新幹線に乗りました。

いつもの私たちの旅とは全然違うスタイルですが,
こういう旅もいいですね^^

美味しいものと,素敵な景色と,おもてなしとで
ほんっっっとうに贅沢で,幸せな時間でした。

また違う季節にもぜひ乗ってみたいと思いました。

それにしても新潟はほんとに頑張ってますね〜
現美新幹線も走ってるし…

大好きなもち-うさぎもいるし,
まだまだ魅力的なところがたくさん。
我が家の新潟ブームはまだまだ続きそうだと再確認した旅でした。

 *おわり*

posted by 香歩 at 23:44| Comment(0) | 旅行風水:実践編【北西方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

越乃shu*kuraを心ゆくまで【前編】

もう先月の話になっちゃいましたが…
念願だった越乃shu*kuraに乗車して来ました!

越乃shu*kuraは,新潟を走る
「新潟を走る,お酒を楽しむリゾート列車」。
上越妙高―十日町(または越後湯沢・新潟)を走ります。

今回は,いつものように青春18きっぷで普通を乗り継いで…
ではなく,
「びゅう」商品のツアーでの乗車。

(珍しく)往復新幹線の日帰りツアーです。

越乃shu*kuraは十日町⇒上越妙高の復路コースを選んだので,
少し早目の上越新幹線で越後湯沢入り。

大宮駅から新幹線に乗車します。

CIMG5670 (800x600).jpg


ちなみにお隣のホームには,
話題の北海道新幹線も停まります。

CIMG5671 (800x600).jpg


ウキウキでおやつも買って。

CIMG5673 (800x600).jpg

(冨士屋ホテル総料理長はきっといい人に違いない)


CIMG5674 (800x600).jpg

旦那さんはビールで私はコーヒー。

越後湯沢には1時間足らずで着きますが,
もうちょっとゆっくりしたい気分^^;

さて,越後湯沢で途中下車して,少し駅周りを散策します。
とりあえず,cocolo湯沢のある西口の方へ。
cocoloにはお土産屋さんがたくさんあるので
あとでまた覗くことにして,駅の外へ出ました。

CIMG5675 (800x600).jpg

CIMG5676 (800x600).jpg


山の上の方は結構雪が残っています。

寒いかな?と思ったけど,
日中はお天気も良く,そうでもなかったです。

温泉町だし,足湯があったり,
日帰り入浴できるところもあります。

越後湯沢はまたゆっくり訪ねてみたいですね。

駅の反対側の東口にも行ってみると…

CIMG5679 (800x600).jpg


うおー!!山がー!!!
景色は断然こっちの方がいいです!

でも駅前にはそんなに見るところもなかったので,
再び駅ビルに戻りまして。

軽く食事もいただきました。
越乃shu*kuraでもお料理は出るんだけど,
しっかりした食事というよりおつまみ程度です。
私はお酒に弱くて飲み始めが空腹だと酔うので,
少しお腹に入れておこうという作戦です。

回転寿司の「本陣DINING」に入りました。
越後湯沢は内陸だしお寿司どうよ?と思ったけど,
これが大正解!むっちゃ美味しかった!!
やはり新潟,食はあなどれません!!

量を食べないつもりでいたので,
お値段を気にせず,食べたいネタを注文しました。
ボタンエビや炙りトロ,のどぐろ,うになどなど。
中でもびっくりだったのが,「ズワイガニ豪快盛」。

2016-04-01 12.03.13 (800x450).jpg


たっぷり盛られたほぐしカニ身。
下のほうにちゃんと酢飯が入っています。

合計7皿いただいて,4000円ちょっとでした。

ちなみに,越乃shu*kuraに十日町から乗る場合,
お土産は越後湯沢で買っておいた方がいいですよ〜

2016-04-01 12.36.11 (800x450).jpg
(新潟限定ばかうけ。さすが)


上越妙高はあまり大きなお土産屋さんはないし,
閉店も早いです(駅のお土産屋さんは7時に閉まる)。
駅周辺にお店は見あたりませんでした。

そして越後湯沢駅から飯田線に乗り,六日町へ向かいます。

CIMG5680 (800x600).jpg


この路線がまた,素晴らしいー!!

2016-04-01 13.35.09 (800x450).jpg


雪のない土地に育った&暮らしているものとしては,
絵葉書の中の風景を走っているよう。

越後湯沢から六日町まではJR,
六日町から十日町までは北越急行の路線ですが,
この時の列車は六日町での乗り換えなしに十日町まで行ける,
北越急行の犀潟行きでした。

ちなみに車内のお供はヤスダヨーグルト。

2016-04-01 13.19.23 (800x450).jpg


30分ほどで十日町駅に到着です。

越乃shu*kuraの発車時間は14:45なので,
まだ1時間近くあります。
またしても駅の外に出て駅前散歩。
(北越急行からJRに乗り換えるので問題なし)

十日町はオブジェの町らしく。

CIMG5689 (800x600).jpg


駅前にも,駅からの通りにも,
いろんなオブジェがありました。

CIMG5690 (800x600).jpg

CIMG5692 (800x600).jpg


お店はあまりなかったので,
とりあえず通りをぶらぶらして,戻りました。

そしていよいよ,越乃shu*kuraに乗車です!

 *つづく*



posted by 香歩 at 23:32| Comment(0) | 旅行風水:実践編【北西方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

あ,そっちですか

GWの熊野古道行に備えて,
いろいろ気になっていたウェアや小物類を買い足しています。

そのうちの一つがコレ↓

[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード アナログ表示 10気圧防水 ホワイト X ホワイト 国内メーカー保証付き LRW-200H-7E2JF

ちゃんとしたカシオの時計が,
amazonならなんと2000円以下で買えてしまう,
チプカシ(チープカシオ)と呼ばれるプチプラ時計。

時計は金属ベルトのものしか持っていなかったので,
それはまずいだろうと買ってみましたが,
10気圧防水なので雨に降られても大丈夫だろうし,
軽くて文字盤も見やすい。

このお値段でこれなら十分満足です^^

あんまり気に入ったので,
同じく金属ベルトの時計しか持っていない旦那さんにも
「いる?」と聞いてみたら,
「いらない」とのお返事…(-_-)

でも,ゆる山歩きにはちょうどいいし,
あればあったで使うだろうし,
買っちゃおうかな,と思っていたのですが…

旦那さんが,数時間後に熱心にタブレットを見ているので,
「何見てんの〜ん?」と覗き込んでみると…

[カシオ]Casio 腕時計 PROTREK プロトレック トリプルセンサーVer.3搭載 世界6局電波対応ソーラーアウトドアウォッチ PRW30001JF

↑コレ,見てました…💦

カシオはカシオでも,
3つのセンサーで方位,気圧・温度,高度を測れる高機能時計。
お値段は(amazonで買っても)3万円代。
(機能次第ではもっと上下するけど,
だいたいこのくらいの性能のがいいらしい)

あー…そっちですか^^;

なるほど,旦那さんは気象データを見たりするのが大好き。
(気象予報士資格を持っているくらいだから)
そりゃ,山とかで気象データを観測・予測できたら
さぞかし楽しいでしょう…

こういうの欲しい人に,チプカシはいらんよね^^;

ま,ちょっと出費が続く我が家,
すぐには無理だけど,
いずれこれを買っちゃうと思います。

やっぱり一番欲しいもの,手に入れないとね!

ちなみに,今旦那さんが使っているのが
やっぱりカシオのウェーブセプタ―なんですが…


(こんな感じのやつ)


これって,旦那さんが京都のブラック企業から脱出すべく転職活動を始めたときに,
100均時計しか持っていないのを見るに見かねて
私がプレゼントしたものでした。

5年前は100均の時計をつけていた人が
今は3万円代の時計を欲しがる…
なんという進歩でしょうか(笑)
(3万円って時計としては高くないとは思うけど^^;)

風水的に,時計はステイタスを表すというので
ここらでもう一段階,ステイタスを上げておくといいかもですね。
posted by 香歩 at 09:51| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

熊本支援情報【追記あり】

いつも拝見しているHappyさんのブログに,
拡散希望の熊本支援情報が掲載されていました。

Happyさんの記事はこちらです。
【拡散希望】熊本への支援のお知らせ

※昨夜(4月21日未明)にHappyさんのブログに掲載された情報です。
「本日」や「明日」が何日を示すのかは確認できていません。
拡散の際,その旨書き添えていただきますと
混乱が少なくなるかもしれません。(by 香歩)


※※4/21日12:00現在,情報訂正あり。
下に追記情報入れています。(by 香歩)


↓↓↓↓↓以下,Happyさんブログから転載します。

【ここからそのまま本文】
情報拡散の協力、お願いします!

熊本にいる親戚、友達等に下記の情報をLINE、Facebook等で連絡してもらえたらと思います。
一部の人にしか情報が行き渡っていない状態で、来る人が少ないのが現状です。
一人でも多くの人に伝わればと思います。
皆さん忙しいでしょうが宜しくお願いします(please!)

熊本の熊本港、八代港、三角港に巡視船が停泊し、給水、お風呂、おにぎり、携帯充電の用意をしております。
時間は朝8時から夜8時までです。

どこからかは伝わる可能性があると思いますので、ご協力お願い致します。

営業してるお風呂だそうです
拡散願いますm(_ _)m

営業する銭湯一覧】
銭湯名 住所 電話番号 営業時間 定休日
菊の湯 熊本市中央区新町4-7-46 096-354-5976 15時〜21時 土曜日
世安湯 熊本市中央区世安町448 096-325-8348 15時〜21時 火・金曜日
龍の湯 熊本市中央区琴平本町5-54 096-366-9231 15時〜22時 1・5・11・15・21・25日
大福湯 熊本市中央区坪井2-5-28 096-343-7868 13時〜23時 火曜日
たかの湯 熊本市東区栄町1-46 096-369-9512 14時〜23時 月曜日
冨乃湯 熊本市南区川尻4丁目10−20 096-357-9221 16時〜18時 月曜日
あしはらの湯 熊本市北区植木町田底2031-1 096-274-7212 9時〜22時 第3水曜日
松の湯 熊本市北区植木町田底311 096-274-6115 8時〜21時30分 なし

仙望湯 宇土市赤瀬町777-6 0964-27-1880 10時〜21時 なし
城乃井温泉 菊池市隈府1375 0968-25-1188 6時〜23時 なし
サンパレス松坂 山鹿市山鹿1104 0968-43-3083 11時〜22時30分 第2・4水曜日
玉名ファミリー温泉 玉名市立願寺428 0968-74-3888 16時〜21時 不定休*事前にお電話を
潮湯センター海老屋 玉名郡長洲町長洲3308 0968-78-0666 9時〜20時 第2・4火曜日

田崎市場で本日11時より500食分の炊き出しがあるとのことです。明日も予定しているそうです。

皆さま拡散よろしくお願いいたします。
m(_ _)m

【ここまで】

↑↑↑↑↑転載ここまで


アメブロの方はHappyさんのブログを読んでいる方が多いと思うので,
こちらでシェアしました。

必要な方のところに情報が届きますように。

【4/21 12:00 追記】

↓↓↓↓↓以下,Happyさんのブログより転載

巡視船の情報は、古い情報&一部誤りがあります。
おにぎりの支給はありません。
【海上保安庁からのお知らせ】
4月21日 給水・入浴・電源供給の支援を実施

本日21日も引き続き、三角港、八代港、熊本港において、
被災地の皆さんに向けた給水・電源供給・入浴支援が実施されます。

三角港:午前8時〜午後6時まで
熊本港:午前8時〜午後4時まで
八代港:午前10時〜午後6時まで

なお、混雑のため希望通り入浴できない事、
悪天候により支援活動ができない事がありますので、
ご了承ください。

↑↑↑↑↑転載ここまで。

なお,海上保安庁の支援情報については,
公式アカウントで最新情報が確認できるそうです。

https://twitter.com/jcg_koho?lang=ja
posted by 香歩 at 08:34| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

約3年ぶりに熊野へ

別館ブログの方にも書きましたが,
GWに熊野古道に行けることになりました!

登山家でイラストレーターの鈴木みきさんの同行ツアーです。

熊野古道の難所,大雲取越と小雲取越を2泊3日で歩き,
さらに初日には那智の滝の上の二の滝,三の滝を歩くという,
熊野古道ファンには垂涎のツアー内容です。

ツアー告知を見た瞬間に行きたい!!!と思いましたが,
それでも2週間くらい迷いました。

理由は2つ。

まずは金銭的なこと。
ツアーは名古屋発着で66000円なので,
さらに名古屋までの往復費用がかかります。
発着時間によっては前泊・後泊が必要なので,
なんだかんだで10万くらいかかる計算。
予定外のいきなりの出費が10万はすぐに決断できない価格でした。

そして,今の時期,熊野のあたりは凶方位。

日帰りでもなるべく行かないようにしているのに,
2泊3日まるまる凶方位って,考えてしまいます。

でも。

個人ではなかなか行きにくい大雲取・小雲取を
地元の語り部さんと一緒に歩ける。

ツアーだから,安全性も高いし,
宿や食事の手配を一切取らなくていいし,
とにかく自分が歩くことだけに集中すればいい。

前々から行ってみたかった那智の滝の上にも行ける。
ここは普通に行っても入れない神域です。

そして,鈴木みきさんのツアーなら,
年齢の近い一人参加の女性も多いはず。
(あ,旦那さんは仕事なのでお留守番です)

これだけ好条件が揃うなんて二度とあるかわからない。

方位のことは気にはなるけど。
行くのは基本的にパワスポだし
(那智・本宮・速玉のすべての大社を回ります)
この辺りに行くにもかかわらず,温泉には入らないし。
私的には,あのあたり一帯,神域の感覚なんですよね。

しばらく様子を見て,
行かない方がよければそういうサインが入るかな,と思ったけど
なんのサインも入らず,
むしろなんの抵抗も起こらなかったので
(旦那さんは「行っておいで」と言うし
仕事は比較的休みやすい日程だし
行きの昼行バスや名古屋での前泊ホテルも希望通りに取れてしまった…)
残席2,となったのを見て,
やっぱり行くしかない!と申し込んでしまいました。

そしたら私の申し込みをもってツアーは満席になってそうで^^;
すべり込みセーフでした。

やっぱり,行ってこいってことなんだと思いました。

まあ,どーんと構えて,
しっかり準備して,安全に楽しんで,
熊野の神様にしっかりご挨拶してこようと思います。

幸い,名古屋は西で月の吉方位。
前泊しなければならないので,
少し早目に入って,どこかで温泉に浸かって,
地元グルメのご飯を食べて,
ちょこっとでも良い運気をいただいておくようにします。


でも,ご縁ってやっぱり不思議です。

そもそも,私が山登りをしようと思ったのは,
熊野古道を歩きたいと思ったから。

大雲取・小雲取越もそうですが,
中辺路の滝尻王子〜熊野本宮大社のコースや,
伊勢路の八鬼山など(ここはまだ歩いてないけど)
ウォーキング気分では歩けないところが結構あるのです。

でも,山登りって厳しそうだし,
一人で山に行くのもコワイし,できるやろか…
って考えていた時に出会ったのが,鈴木みきさんでした。

みきさんのご本にたくさん勇気をもらって,
行けそうかも,面白いかもって気持ちももらって,
ちょっとずつ,山歩きを始めました。

そのみきさんが,今回,熊野古道に連れて行って下さるのですから…

もうねー…
嬉しくてわくわくして,たまらんのですよ。

出発まで,あと2週間。

この機会に,心許なかった装備も揃えて
体力づくりと歩き慣れと自信をつけるために山登りにも行って。

そんな準備もまるごと楽しみながら,
本番の熊野歩きを目指します。

posted by 香歩 at 23:34| Comment(0) | 旅行風水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。