2011年09月23日

嵌められた夫

最近のうちの旦那さん。


気の毒なことに

もともと何の興味も,関心もなかった道に

引っ張り込まれる羽目に陥ってしまいました…もうやだ〜(悲しい顔)







 私に。



   (^▽^たらーっ(汗))


一昨年からずっと,熊野古道だ三輪山だ山の辺の道だと
峠越えや長距離ウォークに付き合わされているうちに
徐々に洗脳されたらしく^^;

また最近,私がだんだん
「山登りとかもしてみたいなー」と思い始めて,
せっせと山登り関連の本なんかを
買ったり借りたりして読んでいたのですが,
なぜか旦那さんも何気なく読み始めたところ,
「あ,結構登れるかも」と思ったらしく^^;


長距離ウォーキング用の靴とか

ウォーキングシューズ

アシックスのウォーキングシューズ(フィールドウォーカー)


アウトドア用の帽子とか

UVカット効果大の帽子

モデル:鳥羽水族館のジュゴン:セレナちゃん


ぼちぼち買い揃え始めました。

リュックはあるし,レインスーツも持っているので
低い山なら登山OKです。

今からちょっとずつ慣らしていって,
大胆にも「来年の夏には立山に行こう!」
などと盛り上がってしまいましたわーい(嬉しい顔)

まあ,二人とも全くの初心者だし,
周りに山男も山女もいないので,
慎重に情報を集めて山慣れしてから,と思っていますが。

ちゃんとしたトレッキングシューズとか,リュックとか,
揃えなきゃいけないものもたくさんあるし。

でも旦那さんが興味を持ってくれたおかげで,
行動範囲がうんと広がりそうるんるん

楽しみですかわいい
posted by 香歩 at 23:29| Comment(0) | パートナーと生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

一周年

昨日で我が家は無事,結婚一周年を迎えましたかわいい

振り返ってみると,大変なこともあった一年でしたが,
今も去年の今日と同じように,仲良く暮らしています。

我が家の平和はなんといっても,
穏やかで優しい旦那さまのおかげわーい(嬉しい顔)

本当に,怒ったり,感情的になったり,
嫌なことを言ったりしない人なんです。

こういう人がそばにいてくれると,
私の気持ちも優しく,穏やかになります。
私のそばにいてくれて,本当にありがとう,と思う。

実はとても結婚願望の薄かった私。

長〜くお付合いした人もいて,
相手も周りも当然結婚するだろうと思っていたのに,
散々引き延ばした挙句,お別れしたことも^^;
(でも破局の直接の原因は向こうにあったんですよ〜あせあせ(飛び散る汗)

でもなーぜーかー,旦那さまとは不思議と,
この人と一緒に生きていきたいなあと,
ほんとに自然にそう思いました。

人生ってわかりませんねわーい(嬉しい顔)

さて,また新しい一年を踏み出したわけですが。

これからの一年は,
楽しいことをたくさん,一緒に積み重ねていく年にしたいね〜
と話しております。

これまでの一年は,楽しくはあったけど,
いろいろと落ち着かなかったので,
一緒に出掛けたり,遊んだりはあまりできなかったので。

最近は旦那さんがちょっとアウトドアに興味をもってくれたので,
きっと何度も熊野古道に連れて行かれることでしょうわーい(嬉しい顔)
他に,低山ハイキングなんかにも行ってみたいです晴れ

これからの一緒の時間の中で,
また新しい気づきや,喜びをたくさん見つけていきたいです。


あ。ちなみに。

このブログの記事もこれで600本目となりました。
我ながらよく続いてるな〜

ほんと独り言のようなこのブログですが,
読んで下さる皆様,本当にありがとうございます。

あまり役に立つ記事はないかもしれないけどあせあせ(飛び散る汗)
これからものんびりマイペースで続けていくので,
どうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m
posted by 香歩 at 21:33| Comment(0) | パートナーと生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

参考になります

先日ぶらっと入ったブックオフで手に取った本が
とても面白かったので、ご紹介。

といってもベストセラーなので、
ご存知の方も多いかもですが^^;

サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)
サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

「男を立てる」って言われると、なんだか古典的に
男性に言われるままに女性が諾々と従わなければならない、
男尊女卑のイメージがありますが…

ここに書かれているのはそういうことではなく、
あくまでパートナーシップを築く上で、
パートナーたる男性を信頼し、尊重する大切さが書かれています。

男性の自尊心、判断を尊重することで、
男性の本来持っている力を引出し、伸ばす…
そういう感じかな。

女性は結構、男性の気になるところを直したがる、
コントロールしたがるタイプの人が多いんですよね。

私もつい、言っちゃうタイプふらふら

特に旦那さんは年下で、社会人歴も私の方が長いので、
なるべく言わないように気を付けているけど、つい…たらーっ(汗)

でも、男性と女性は本当に感じ方も捉え方も違うし。
「こうしたらいいのに」っていう軽い一言が
思いがけずプライドを傷つけてしまうこともあるみたいで。

男性の場合、女性以上に、
「アドバイスされる」=「信頼されていない」って
思ってしまうみたいなのですよね。

以前に読んだ『ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)』とも、
とてもシンクロする内容です。


実は、最近この手の夫婦関係に関する本をよく読んでいます。

別に夫婦関係の危機!というわけではないのですが^^;
先月、ちょっと旦那さんとぶつかることがあって。
うちは旦那さんがとても優しく穏やかなので、
ケンカになることはないのですが、
しばらくの間自分の中で苛立ちがくすぶってました。

今思うと、去年の秋に集中していった南方位の毒出し
(イライラしやすくなるとか、カップルはケンカしやすくなるとか)
だったような気もするのですがあせあせ(飛び散る汗)

で、そのうちの1冊に金盛浦子さんの
ぜったい離婚!から素敵な夫婦三昧―妻と夫のカウンセリング』があったのですが
この本をうっかり旦那さんの目につくところに置いてしまってたらーっ(汗)

「絶対離婚!」の強烈な文字に衝撃を受けたかも…ふらふら

posted by 香歩 at 09:47| Comment(0) | パートナーと生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

『ベスト・パートナーになるために』

以前,『30日間で理想のパートナーを見つける法
というワークをご紹介しましたが,
そのワークを終えた頃にこんな本を読みました。




ジョン・グレイ著『ベスト・パートナーになるために』

「男は火星から,女は金星からやってきた」
なんて副題がついてます。

私はこれをたまたま図書館で見つけたのですが…

読んでみて,とても良かったのです。

男と女の思考回路の違い,価値観の違い,
相手の気持ちの読み取り方,会話術,操縦法(笑)など
様々なエッセンスが詰め込まれていますが,
要は「相手は異星人だから」と思うくらいに
割り切って,相手の思考パターンを知ると良い,
ということのようです。

女の思い込みで男を測ってはいけない。
男の思い込みで女をあしらってはいけない。

とにかく,「男と女ってこんなに違うんだー」
という意味で,目からウロコな本でした。

たとえば,家事の手伝い。
女は,男も積極的に手伝ってくれればいいのに,
と思うけど,大半の男は逆に
「頼まれてもいないのに手伝うなんて」
「言ってくるまで手を出さない方がいいだろう」
と思うらしいです。

「察して欲しい」にこだわらず,不満を表さずに,
素直に女の方から
「手伝って欲しい」
「○○をやってほしい」
とこまめに言う方が,男は気持ちよく動いてくれる。

「大変なの,見ててわからないの!?」
は,女の思考回路らしいです。

「言われるまで,手を出さない方がよい」
が男の思考回路だそうです。

女の「当たり前」と男の「当たり前」,
女の「思いやり」と男の「思いやり」,
こんなに違うんだ〜と思いました。

実際,今までの恋愛にも思い当たることが多かったし,
今の彼氏さんとのお付き合いにも役に立っています。

今,理想のパートナーを探している人も。
パートナーともっと上手くやりたいと思っている人も。
いつもパートナーとぶつかってばかり…という人も。

物は試し,で一読してみてはいかがでしょ?

何しろ文庫本で560円とお手頃。

すべての人にあてはまるとは思いませんが,
こういう考え方もあると知っていると,
自分の気持ちに変化が出てくるかもわーい(嬉しい顔)
posted by 香歩 at 18:24| Comment(2) | パートナーと生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

ワークを終えて

年末の31日をもって

30日間で理想のパートナーを見つける法

のワークを一通り終えました。

ワークを終えてみて感じたのは

やはり,私は理想のパートナーと巡り会いたい
と思っているということ。

このワークを始めるまでは,
パートナーを得ることに
どこか抵抗のある自分がいました。

今の自分の自由,一人のきままさが
失われてしまうのが寂しかった。

以前の私にとって,パートナーとは
束縛されるもので,自分の自由を奪われ,
献身を強制されるものでした。

でも,ワークを終えた今,
それは真のパートナーではないのだと理解しました。

素直に,共に分け合えるパートナーと出会いたいと
思うようになりました。

ただ甘えたり,頼ったり,楽しんだりして
自分を癒したり支えてもらったりするだけでなく,
また,相手から,母親のような母性や,
昔の時代の妻のような無条件の奉仕を求められるのでもない。

共に相手を思いやり,一緒に歩き,
一人だけではたどり着けないところを目指せる
そんなパートナーが欲しいです。

一人での楽しみや趣味や興味はそれとして尊重しあい,
一緒に分け合えることは共に分かちあい。
二人で伸ばしていくことは,思いを重ね合い積み上げていく。

理想といえば理想ですが
出会っていきなりそうはならなくても
時間をかけてそういうパートナーになれればいいんですよね。

そのためにはまず自分自身が,
そういうパートナーシップを築ける土台をもっていること。

なによりもそのためのワークなんです。

そして私自身がちゃんとそれを願い,信じていれば
そういうパートナーに巡り会えると
信じられるようになってきました。

正直,まだ少し不安はあります。

でも,私自身は基本的に,
人は自分の思うもの,信じるものを
選択しているのだと信じているので,
自然にハイアーマインドに任せていれば
理想の人とのご縁に流れ着いていくのでしょう。

不安に思ったり,心配したりするくらいなら
その時間とエネルギーを
自分磨きに当てる方がずっと人生充実しますね。

今はまだ,以前のワークを読み返したりしています。
1つ1つのワークの内容が深く,
けっして恋愛に留まらないものなので,
時間をおいて読み返すとまた
違った発見があります。

少しづつ自分を解放して
新しい幸せにたどり着きたいと思います。
posted by 香歩 at 20:56| Comment(0) | パートナーと生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

29日目のワーク

29日目のワークは28日目のワークと
連動しているような気がします。

28日目のワークで心をオープンにして
29日目のワークで最後に引き締める,というような。

29日目のテーマは

代用品は受けつけない

でした。

喜びに満ちて心をオープンにしたとき,
完璧な伴侶に見えて実は85%の模造品が
やってくる,というもの。

完璧な伴侶を迎える前の,
最後のお試しが85%の模造品だそうです。

これって結構見分けるのが難しい気がたらーっ(汗)
相手に彼女や奥さんがいれば明白ですが,
なんといってもこちらは「完璧な伴侶」なんて
見たことがないわけですからたらーっ(汗)

きっと,無理に自分で考えて結論をだそうとせずに
ハイアーマインドに任せてしまうのが
一番いいのでしょうね。

答えはおのずと降って来る。

その人が85%なのか。
それとも100%なのか。


さて,次のワークでいよいよ30日目なのですが,
並行して最初の方を読み返しています。

ワークを進めていくにつれ,
最初は理解し切れなかったことが
すとんと心に落ちてくることがあります。

なかなか1つ1つのワークを
「完璧に」こなすのは難しいので,
完全消化にこだわるよりも,
その時の自分の出来る範囲で
こなしていくほうが良いような気がします。
でなければ途中で投げてしまいそうあせあせ(飛び散る汗)

あくまで,私の場合ですが。

それから,「理想のパートナー」に関わる部分だけでなく
普段の人間関係や,人や物事への向き合い方のヒントも
たくさん詰まっているので
(というよりむしろその方面で助けられました)
いろいろと考えを深めるのに役立ちました。

なかなか深いワークだと思います。
posted by 香歩 at 01:54| Comment(0) | パートナーと生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

26日目のワーク

このあたりになると,ワークはかなり核心に触れてきます。

正直,1日1ワークペースでこなすのは
難しいのではないかと思います。

26日目のワークのテーマは

いい関係が欲しいですか,
それともいいストーリーが欲しいですか?


自分が今まで築いてきた人間関係について
見つめなおし整理するワークでした。

自分の人間関係のストーリーを書くワークでは,
自分がいかに人を恐れているか,
人を信じられないでいるか,
また,その原因となる出来事が
いかに自分にとって深い傷になっていたのか
再認識しました。

その傷はまだ癒えていません。

だからこそ私は,自分はその傷を癒して欲しい,
こんなに傷ついているのだから
私はその傷を癒してもらう権利があるのだと
主張したいがためのストーリーを構築しているのだと
理解できました。

私は人に深く関わらない。
だから私は人を傷つけない。
だから私は悪い人間じゃない。
嫌な人間でもない。

そして嫌な人間でない私は,
周りの人からもっと癒してもらう権利があるんだ。

私が描いていたのはそういうストーリーでした,

いやですね。

そんなストーリーは,
卑屈で,小さくて,そして寂しいです。

そしてそのストーリーは,
むりやり自分でどうにかしようとせず,
ハイアーマインドに委ねてしまいます。

そして,考えてみました。

どんなストーリーを私は望むのか。

調和する自分。

人が人であることを受け入れ,
自分が自分であることを許す自分。

一度の過ちや失敗で
苛烈に自分を責めてしまわない自分。

他人とは違う自分を認め
自分とは違う他人との触れあいを幸せだと感じられる自分。

なんか漠然としていますが,
そういうのが理想です。
posted by 香歩 at 03:42| Comment(2) | パートナーと生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

21日目のワーク

19・20日目のワークは18日目のワークの発展形というか,
18日目のワークをさらに推し進めるものだったように思います。

そして21日目は

ほんとうに望んでいれば,困難なものはない

というテーマでした。

このテーマには時間をかけたいと思ったので,
仕事が落ち着いて,時間を割けるようになるまで
おいておきました。

「望みは叶う」

というのは,特に風水をやっているひとには
理解しやすいテーマだと思うのですが,
今回のワークは単に望むことの大切さを説くだけでなく,
自分の中の望みを妨げる物を明確にし,
昇華していく内容でした。

望んでも叶わないとき,本当は自分自身のなかに
ブレーキをかけている何かがある,
それを認め,明確にし,外していく。
そういうワークだと思いました。

私は,今のきままな自由を失ってしまうこと,
そして相手と向き合うことで自分を否定してしまうことを
恐れてしまっているのだとわかりました。

自由を失う恐怖は,以前束縛の強い彼とつきあっており,
自由を得るために相当戦わなければならなかったこと,
DVなどもあったので,その自由をいつ奪われてしまうかを
常に恐れていたことからくるのだとわかりました。
また,相手にあわせなければならないという
強迫観念をもっていることにも気づきました。

自分を否定してしまうのは,
別に異性のパートナーに関わらず,
友人関係でもそうです。
相手を鏡にして自分を見,否定してしまう。
常にそれに晒されるのが怖くて

でも。

いずれにしても,それを恐れていたら,
理想のパートナーどころか,他人と関わること一切が
できなくなってしまいますよね。

他人と関わることでブレない自分。
自分を愛せる自分。

まずそれが大事だな,ってつくづく思いました。

posted by 香歩 at 02:16| Comment(0) | パートナーと生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

18日目のワーク

18日目のワークのキーワードは「家族」です。

そしてテーマは「罪悪感からの解放」です。

最初はこの2つがなかなか繋がらなくて
クリアするのに時間がかかったのですが,

私なりの解釈としては,

人間関係における罪悪感とは,
人生の最も最初の段階に接する人間関係である
「家族」との関係・体験から発生するものだ,
ということなのだと思いました。

確かに原初の人間関係である家族は,
後の人間関係の「ひな形」になると思います。

周りの人々を見ても,
家族の関係が良好である人は,
他者との関わり方が上手い,というかスムーズなような気がします。

家族間の関係がギクシャクしていると
その他の人々とのかかわりも不器用な人が多い気がします。

だから,自分の存在に対する「罪悪感」の元型をみると
家族関係に還元される,ということではないかと。

家族という人間関係において,
自分と言う人間を,
ありのまま,ただ存在していればいいと許せずに
そこで何かの役割を果たさなければならないと
脅迫的な観念を抱いてしまった人は
それを上手に果たせない自分に対して罪悪感を抱いてしまう。
それが,その他の人間関係にも波及していく。

その罪悪感を手放し,自分を解放することで,
家族において何の役割も担わない,
ありのままの自分の存在を許す。
自分を中心に据えた(あくまで自分にとってですが)
家族関係を再構築する。

最も原初的な人間関係を自分中心に再構築することにより
更に外部の人間関係にまで再構築を広げていく。

そういうことなのではないか,と思いました。

で。

自分についてみると。

確かに私は家族に対して強い罪悪感を抱いています。

家族と一緒に暮らせないこと。
家族の役に立てていないこと。
家族の望むような人間になれなかったこと。

私は家族に心を開けません。
父と母,姉と私の4人家族でしたが,
父は厳しく,短気で怖い人で(暴力的ではありませんでしたが)
姉は私のことを嫌っていたので,
たくさん傷つく言葉や態度を,
かなり大人になるまでぶつけてきました。

唯一安心できる存在であった母は,
私が19の時に亡くなりました。

それ以来,安心して甘えられ,
本音を語れる家族はいなくなりました。

今となっては,たまに帰省し,
適度に気を遣い合う関係で,悪くはありませんが,
そうなれるまでは帰るのが辛かったです。

だけどそうやって,上手くやっていけないのは
自分が悪いからだと,ずっとどこかで自分を責めていました。
家族が自慢できるような自分でないことも
ずっとどこかで引け目を感じていました。

「役に立つ」「家族の支えになる」「自慢になる」
そういう人間でないことに,
ずっと罪悪感を抱いていたのです。

そんな自分だから,家族以外の他人となんて
なおさら上手くいくはずがない,
そんな思いも持っていました。


そして。

そういう罪悪感を抱く源になったであろう出来事や,
誰かの言葉や態度,目線や表情―
そういったものを少しずつ紐解いてみました。
(これは,無理に何もかもを引きずり出そうとしなくてもいいだろうと思います)

姉が私に与えた悪意や嫌悪感を。
父から植えつけられた劣等感を。
母から受け継いだ心の弱さを。

もういい。

もう許していい。手放していい。

私は誰かが形作った私ではなく。
確固たる核をもった存在なのだから。

だから,もう,姉とも手を取り合って笑い会える。
父に甘えることができる。
母を抱きしめることができる。

暖かいイメージを心に描いていく。

分散し,統合していく感覚。

心の奥底で再構築のスイッチが入ったように思います。
posted by 香歩 at 03:17| Comment(0) | パートナーと生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

17日目のワーク

30日間で理想のパートナーを見つける法』の
17日目のワークを終えました。

自分がどんな人生を送ってきて。
どんな弱点があって。
これからどうなっていきたのか。

改めて紐解いてみるチャンスを頂きました。

人に心を開くことを恐れる自分。
親しくなりたいのに踏み込めない,
踏み込ませない自分。

でも本当は。

人と無邪気に関わりたい。

笑顔がいっぱいの関係を作りたい。

自分のことを受け入れてほしい。

相手のことを受け入れたい。

そういう自分の願望が,クリアになりました。

どうやったらそれが出来るのかは
まだ見えてきませんが,
「方法」を焦らなくても,
心の持ち方をクリアにしていれば,
少しづつその方向に近づけると思います。

そして。

「理想のパートナー」とはどんな関係を築きたいか,
考えました。

趣味や価値観が全く一緒,ということは
ありえないと思うし,
また,そうだとしたら面白くないと思うのです。

どうしてもこの部分の価値観がズレていると辛い,
というのはもちろんありますけど。

だから。

私は,理想のパートナーとは,
互いの趣味や価値観の相容れない部分も
認め合える関係でいたいです。

今までのパートナーとは,どちらかというと
「何でそんなのが好きなの?」
「その考え方,全然わからない」
と,切り捨てあってしまう関係だったと思います。
自分とは違う部分を,理解不能と裁いてしまう関係。

だけど,これから出会うパートナーとは
「へえ,そういうのが好きなんだ」
「なるほど,そういう考え方なんだね」
と受け入れあえる関係でいたいです。

例えば,相手の趣味が自分の全く興味のないことであっても
一応話を聞いてみる,できれば一度やってみる。
でも,無理にあわせようとしない。

私の趣味も,こういう趣味もあるんだね,
って認めて欲しい。
できればたまには付き合って欲しい。

でも,無理にあわせるのは禁物。
趣味は結局,それが本当に好きな人と一緒にやるのが楽しいから。

だから例えば。
パートナーが釣りが趣味で,
私があまり釣りを好きになれなくても。
「今日は釣りに行ってくる」って言われれば
「行ってらっしゃい,楽しんでおいでね〜」
って言える関係。
無理に付き合わされることもなく。
「私はおいてけぼり」って不貞腐れることもなく。

それに,風水とかスピリチュアルとかも。
特に男の人は嫌う人も多いと思うんですが。
一緒にやってくれなくてもいいので,
頭から否定したりはしない人がいいですね。
「へえ〜そういうのが好きなんだ」
くらいに大らかに受け止めてくれる人がいいです。
「運が上がるならちょっとやってみようかな」
くらい柔軟だとなお嬉しわーい(嬉しい顔)

どうしても考え方が合わない部分も。
「でも」「それは違う,そんなのダメ」
などと切り捨ててしまうのではなく。

「なるほど,そういう考え方なんだ。
…私はね,」

と,否定語を使わず,納得させようとせず,
自分の考え方を伝えられればいいな,と思います。
相手も何十年か生きてきた上で培った考え方だから,
たとえどんなに偏った考え方に見えても
頭から否定されたら受け入れるのが辛いはずだから。

伝え合えて,分かち合える。
そういう関係が理想です。

ワークを進めると,
だんだん理想の形が具体化していきます。

少しづつ,心の整理をしていってる感じかな?

なかなかオススメですよ,このワーク。

posted by 香歩 at 13:42| Comment(4) | パートナーと生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

16日目のワーク

さて,連続投稿です^^たらーっ(汗)

30日間で理想のパートナーを見つける法』も
実はもう16日目です。

本に記入していく形式なのですが
ここに書くほうが心に残るので
もっとはやくからこうすればよかったかもふらふら

この本は1日1ワーク形式ですが,
上手くいかないワークには数日かけたりしています。

30日で終わらせるより,
1つ1つ丁寧に身に付けていくほうが
大事だと思うから。

結果を焦ってはいないので,
ゆっくり進めていければいいと思っています。


さて,16日目のワークは

「人生を実現する」 

自分の人生は自分の選択が形作ったもの。

それは以前から重々わかっていましたが。
なかなか自分の望んだ形になりません。

でもそれは,どこかで自分で望みを
叶えることを尻込みしているから。

今の,「望まない」と思っている形を,
結局選択してしまっているのです。

自分自身が,もっと良い結果を,
幸福を受取る資格があると
心から認めることが私にとっては
なかなか難しいです。

でも,過去を振り返ればいつも
不思議なタイミングで私は良い結果を
受取っていました。

これをもっとランクアップさせれば良いだけなのです。

「良い」 に留まらず,
「もっと良い」,「最良」「最高」のものを。

それにとって必要なのは
多分,「努力」ではなく
「意識の変化」なのだと思います。

自尊心の低さを変えること。

自分はもっと幸せになっていい存在なのだと
理解すること。

これって結構難しいです。

でも,ひとつ気づいたのは。

最良のものを受取れる自分は,
最良のものを人にも与えられるということ。

人はきっと,自分が得られる程度のものしか
人にも与えられないのだと思います。

自分がランクアップすることは
決して自分だけが得をすることではない。

自分の周りの大切な人たち,愛おしい人たちをも,
幸せにすることができる。

だから,私はもっともっと,
幸せになっても良いのです。

「最高のものを受取る」ことを自分に許すことは
幸せの波紋を広げることなのですね。

だから私は,もっともっと幸せになっていい。

幸せな人生を実現していい。

遠慮なく,幸せを選択していけばいい。

そういうことなのだと気づきました。

posted by 香歩 at 23:58| Comment(2) | パートナーと生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『30日間で理想のパートナーをみつける法』

今,チャック。・スペザーノさんの
30日間で理想のパートナーを見つける法
のワークをやっています。

30日で見つかるかどうかはともかくとして。

自分の気持ちや恋愛感を整理するのに
絶好の機会だと思ったので。

実は,気になる人がいるのです(*^^*)

だけど,これまでのトラウマからか,
どうも恋愛モードに入れないというか。
気づけば,彼の悪いところとか,
自分と合わないところを探して,
遠ざけてしまおうとしてるんですよね。

こういう状態だと,どんな人が現れても
きっと良い関係なんか築けないなあ…と思うと
虚しくなってきて。

だから,このワークをやりながら,
自分の恋愛や人間関係の有り方や生き方を
見つめなおしていきたいな,と思ったんです。

でも,ただワークをやるだけでは足りない気がするので。
ここでも書いてみようと思います。

どうなるかわからないけど。
ハイアーセルフに委ねつつ,
自分と対話していこうと思います。

posted by 香歩 at 23:46| Comment(2) | パートナーと生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。