2007年12月02日

『西の魔女が死んだ』

先日,全く違う目的で訪れた本屋で,
とある平積みの文庫本が目に留まりました。

西の魔女が死んだ (新潮文庫)
梨木 香歩
新潮社 (2001/07)
売り上げランキング: 836


以前,知人が自分のブログで紹介していて
印象的なタイトルなので覚えていたのですが,
なぜかどうしても読んでみたくなって。

購入してしまいました。

読んで,そして,その意味がわかりました。

本筋は,感受性の強い少女の成長物語です。

でも,それだけにとどまらない,深い物語でした。

精神世界に傾倒すると,陥りやすい落とし穴があります。
この本の中では,さりげなくそのことに触れられています。

シンクロニシティやスピリチュアルなどに興味のある人は
一度読んでみると良いかもしれません。



posted by 香歩 at 00:39| Comment(0) | *シンクロニシティ* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。