2016年05月25日

神様の膝元へ【小雲取越え編】

いよいよ熊野の旅も3日目,最終日です。

小雲取を越えて,熊野本宮大社へ向かいます。

この日は朝食5時半,出発6時半。
なので起床は5時前です。

山女子のみなさんは山小屋で慣れていらっしゃる感じですが,
私にとってはあまりない時間帯での行動です^^;

でもなんとか無事に起き,朝食をいただいて。
荷物をまとめ,また荷物をバスに詰め込んで,出発です。

前2日間の好天に比べ,この日は曇り空。
予報では午後から雨となっているので,
少々先行きの心配な空模様です。

小口自然の家を出て数十分で,小和瀬の渡し場跡に到着。

CIMG5918 (800x600).jpg

CIMG5915 (800x600).jpg


橋のたもとに東屋とお手洗いがあります。
ほとんどの人は宿でお手洗いを済ましていると思いますが,
そこはやっぱり女子なので,
みんなここでもお手洗いを利用します。

CIMG5917 (800x600).jpg


そして橋を渡り,小雲取越えの登山口に入りました。

CIMG5919 (800x600).jpg


小雲取は大雲取に比べればずっと緩やかな道です。
標高も,最高で500mに満たないくらい。
出だしの小口が標高60mくらいなので
400mくらいは登りますが,
道幅も広くて歩きやすいです。
(昨日の大雲取と比べてしまうから余計に,ですが)

CIMG5922 (600x800).jpg


こんな感じの石畳の道。

杉と,群生したシダの緑が美しい。

CIMG5925 (800x600).jpg


山に入ってしばらくして,雨が落ちてきました。
予報では午後からでしたが,早まったようです。

時折止んではまた落ちてくる,雨。
それでも,歩くにはほとんど支障はなかったです。

シダに囲まれた歌碑。

CIMG5932 (600x800).jpg


書き忘れていましたが,
大雲取の地蔵茶屋から小口寄りの道,
そして小雲取越えの道中には
こんな歌碑が点々と建てられています。

小和瀬の渡し場跡から1時間ちょっとで桜茶屋跡に到着。
ここにも東屋があり,休憩できます。

CIMG5937 (640x480).jpg


そこから少し登って桜峠を越え,
幾度かの下って,登ってを繰り返します。

道はおおむね歩きやすいです。

雨もぎりぎり,合羽なしでも歩ける感じ。

昨日の晴天のもとの輝くような緑ではなく,
水を含んだ艶やかな緑です。
本来は雨の多い熊野。
小雲取越えでこんな姿をみられてよかったのかも。

CIMG5946 (800x600).jpg

CIMG5952 (600x800).jpg


大雲取越えでも小雲取越えでも,
歌碑だけではなく,
石碑やお地蔵様や庚申さんなどが,道々にたくさんあります。
江戸時代のものと思しきものもあるそうで,
信仰の道の重みが感じられます。

そして石堂茶屋跡の東屋で休憩。
休憩ポイントも程よくあります。

CIMG5947 (800x600).jpg


少し下ると林道交差があり,
林道を150mほど下ったところにトイレがあります。

CIMG5954 (800x600).jpg


ここからまた古道に戻り,少し登ると
小雲取越えのハイライト,百閨iひゃっけん)ぐらです。

CIMG5958 (800x600).jpg

CIMG5955 (800x600).jpg


眺望が広がります。
果無(はてなし)山脈が見渡せます。

CIMG5956 (800x600).jpg


この日の昼食はお大斎原で…なんて話もあったのですが,
思いのほかペースが遅かったことと,
この先雨が本降りになりそうだったこともあり,
松畑茶屋跡でお昼休憩となりました。

CIMG5960 (800x600).jpg


松畑茶屋跡には東屋はありませんが,
道に沿って丸太を組んだベンチがいくつか置かれていました。

ここでちょっと雨が強くなってきたこともあり,
みんな合羽や傘を出しました。

20分ほどの休憩の後,歩き始めました。
ここまできたら,小雲取越ももうすぐ終わりです。

CIMG5959 (800x600).jpg


なんかねー
ここらあたりまで来たら,寂しくなってきました。

熊野古道がもうじき終わっちゃう…

まだまだ歩いてない道もあるから
私の古道歩きはまだまだ続くんだけどね。
3日間,たっぷり浸っていた熊野古道の空気から
いよいよ抜け出てしまうのだと思うと,寂しかったです。

熊野本宮大社や熊野速玉大社へも参拝するけど,
やっぱりこの山の空気とは違うから…

それでも,足を前に動かしていたら,先に進むので。

やがて,熊野川が見えてきました。

CIMG5962 (600x800).jpg


道はさらに歩きやすい,広く緩やかな下り坂。

CIMG5965 (600x800).jpg

CIMG5966 (480x640).jpg


最後の下りを下りて,請川バスに到着。
今回の古道歩きはここが終着点でした。

CIMG5967 (800x600).jpg


無事,大雲取・小雲取越えを歩ききりました。

6時半の出発で,到着はほぼ1時。
6時間強の道のりでした。

ちなみに,請川バス停から本宮大社までは約4キロ,
徒歩だと1時間ちょっとかかるようです。
国道168号線をずっと歩くことになります。

今回のツアーでは,ここに専用バスが迎えに来て下さり,
バスに乗ってまずは大斎原へ行きました。

かつての熊野本宮大社の跡地,大斎原。

CIMG5973 (800x689).jpg


個人的にとても好きな場所です。

そしてここから,またバスに乗って,祓戸王子跡へ行き,
そこから熊野本宮大社に入りました。

今回,語り部さんに教えていただいて初めて知ったのですが
熊野本宮大社の鳥居の注連縄の上,
猿の絵馬の表隣りの注連縄も,八咫烏の形なんですね。

CIMG5975 (800x600).jpg


これで熊野本宮大社も三度目の参拝。

熊野本宮大社から,またバスに乗って,
新宮市の熊野速玉大社にも参拝しました。

CIMG5977 (800x600).jpg


宮司さんのお話も聞くことができて,
今までとは違った参拝をすることができました。

速玉大社は4回目の参拝になります。
残念だったのは,過去3回とも引いていた,
勾玉のお守りの入ったおみくじがなくなっていたこと…
このお守り,個人的にはその時の課題を示すようなものが引けて,
好きだったんだけどな〜

そして,お参りをし終えて,再度バスに乗車。
いよいよ帰途に着きました。

帰りも気がかりだった渋滞はほとんどなく,とてもスムーズ。
予定では21時名古屋駅着でしたが,
予定よりも1時間早く到着しました。

お陰さまで20時台の新幹線に乗ることができたので
千葉の端っこに住む私も
なんとかその日中に自宅に帰ることができました。


ずっと歩いてみたかった大雲取・小雲取越え。

自家用車なしではなかなか行き辛いところですが,
ツアーだと効率的に回れるんですね。

基本的には自分でプランを考えるのが好きだし,
集団行動はあまり楽しめないタイプですが,
こういう選択肢もあるんだと知ることができました。

歩けて良かった。
歩いて良かった。

やっぱり熊野古道が大好きなんだと改めて思いました。
しっかり熊野に浸った3日間,幸せでした。

CIMG5979 (800x600).jpg


幸せのあまり,買い込んでしまったお守りの数々^^;

残念なのは,中辺路のスタンプ帳を忘れて行ってしまったこと…
3年前,中辺路を歩いた時に,滝尻王子〜本宮大社間は
ほとんど押印することができていたんです。
途中,2ヵ所押し忘れはあるんですが…

CIMG5982 (640x479).jpg


2冊になってしまったスタンプ帳。
またいつか,押しに行かなきゃいけないみたいです^^

もし,熊野古道に興味を持った方がおられたら,
これまでの歩行記録を,
にっぽん散歩帳」のなかの「熊野古道を歩いてみると…」にまとめているので
ご覧になってみてください。
歩行記録が書けてないところも多いんですが^^;
鋭意(?)記事追加中でございます

それでは,ペースの遅い更新でしたが,
おつきあいくださり,ありがとうございました!

 *終わり*
posted by 香歩 at 00:44| Comment(0) | 熊野古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。