2016年04月20日

約3年ぶりに熊野へ

別館ブログの方にも書きましたが,
GWに熊野古道に行けることになりました!

登山家でイラストレーターの鈴木みきさんの同行ツアーです。

熊野古道の難所,大雲取越と小雲取越を2泊3日で歩き,
さらに初日には那智の滝の上の二の滝,三の滝を歩くという,
熊野古道ファンには垂涎のツアー内容です。

ツアー告知を見た瞬間に行きたい!!!と思いましたが,
それでも2週間くらい迷いました。

理由は2つ。

まずは金銭的なこと。
ツアーは名古屋発着で66000円なので,
さらに名古屋までの往復費用がかかります。
発着時間によっては前泊・後泊が必要なので,
なんだかんだで10万くらいかかる計算。
予定外のいきなりの出費が10万はすぐに決断できない価格でした。

そして,今の時期,熊野のあたりは凶方位。

日帰りでもなるべく行かないようにしているのに,
2泊3日まるまる凶方位って,考えてしまいます。

でも。

個人ではなかなか行きにくい大雲取・小雲取を
地元の語り部さんと一緒に歩ける。

ツアーだから,安全性も高いし,
宿や食事の手配を一切取らなくていいし,
とにかく自分が歩くことだけに集中すればいい。

前々から行ってみたかった那智の滝の上にも行ける。
ここは普通に行っても入れない神域です。

そして,鈴木みきさんのツアーなら,
年齢の近い一人参加の女性も多いはず。
(あ,旦那さんは仕事なのでお留守番です)

これだけ好条件が揃うなんて二度とあるかわからない。

方位のことは気にはなるけど。
行くのは基本的にパワスポだし
(那智・本宮・速玉のすべての大社を回ります)
この辺りに行くにもかかわらず,温泉には入らないし。
私的には,あのあたり一帯,神域の感覚なんですよね。

しばらく様子を見て,
行かない方がよければそういうサインが入るかな,と思ったけど
なんのサインも入らず,
むしろなんの抵抗も起こらなかったので
(旦那さんは「行っておいで」と言うし
仕事は比較的休みやすい日程だし
行きの昼行バスや名古屋での前泊ホテルも希望通りに取れてしまった…)
残席2,となったのを見て,
やっぱり行くしかない!と申し込んでしまいました。

そしたら私の申し込みをもってツアーは満席になってそうで^^;
すべり込みセーフでした。

やっぱり,行ってこいってことなんだと思いました。

まあ,どーんと構えて,
しっかり準備して,安全に楽しんで,
熊野の神様にしっかりご挨拶してこようと思います。

幸い,名古屋は西で月の吉方位。
前泊しなければならないので,
少し早目に入って,どこかで温泉に浸かって,
地元グルメのご飯を食べて,
ちょこっとでも良い運気をいただいておくようにします。


でも,ご縁ってやっぱり不思議です。

そもそも,私が山登りをしようと思ったのは,
熊野古道を歩きたいと思ったから。

大雲取・小雲取越もそうですが,
中辺路の滝尻王子〜熊野本宮大社のコースや,
伊勢路の八鬼山など(ここはまだ歩いてないけど)
ウォーキング気分では歩けないところが結構あるのです。

でも,山登りって厳しそうだし,
一人で山に行くのもコワイし,できるやろか…
って考えていた時に出会ったのが,鈴木みきさんでした。

みきさんのご本にたくさん勇気をもらって,
行けそうかも,面白いかもって気持ちももらって,
ちょっとずつ,山歩きを始めました。

そのみきさんが,今回,熊野古道に連れて行って下さるのですから…

もうねー…
嬉しくてわくわくして,たまらんのですよ。

出発まで,あと2週間。

この機会に,心許なかった装備も揃えて
体力づくりと歩き慣れと自信をつけるために山登りにも行って。

そんな準備もまるごと楽しみながら,
本番の熊野歩きを目指します。

posted by 香歩 at 23:34| Comment(0) | 旅行風水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。