2015年12月01日

小江戸川越ぶらり歩き

先週の金曜日,突然思いついて
埼玉県の川越市に行ってきました。

関東の旅番組で,結構ちょいちょい取り上げられていて
意外と近場だったので前々から気になってはいたんだけど,
なんとなく後回しになっていました。

JR川越駅まで行き,西武に乗り換えて川越市駅へ。

駅から歩いて,まずは蔵の町(一番街)を目指します。

途中で見つけた「櫻井商店」さんのウィンドウが面白い。

CIMG5238 (640x480).jpg


ご当地目玉親父ってあるんですね(しかも各種)。
CIMG5239 (640x480).jpg


あと,芋サイダー。いや,サイモー。
CIMG5240 (640x480).jpg

「ビミョーな芋風味」って,自分で言うのかよ^^;

このすぐ近くに熊野神社があって,お参りしてきました。
熊野神社はご縁が深いと(勝手に)思っているのです。

そしてさらに蔵の町の方へ。

ほんと,古い建物がいい感じでたくさん残ってますね〜
こういう町並みが残っているっていうのは,
空襲にあわず,なおかつ近代化の波もゆっくりだった,
っていうことでしょうか。
CIMG5249 (640x480).jpg

CIMG5251 (640x489).jpg


和風の建物だけでなく,洋風建築も結構ありました。

レトロな建物の1階のレストラン「オハナ」の前で,
旦那さんがここでお昼を食べたいと言い出しました。

CIMG5247 (640x480).jpg


駅近くの郵便局に立ち寄った時,
川越のガイドブックのようなものを見て,
気になっていたそうです。

メニューは…

CIMG5248 (481x640).jpg


そう,なんだか卵自慢のお店のようなんです。

川越は鰻が名物らしいですが,
こういう個性的なお店もいいですね。

旦那さんは極上親子丼を。

CIMG5246 (640x480).jpg


極上親子丼は,フタを取った瞬間,
色の濃い卵がたっぷりで
思わず「すごい!」と声が。
卵たっぷりでとろっとろなので,スプーンで食します。

私は玉子焼御膳を。

CIMG5245.JPG


玉子焼,佃煮の乗ったご飯,お吸い物,水菓子。
パッと見には割と地味なので,
これで1400円はなかなか強気な価格設定にも思えますが,
玉子焼だけでも900円するんですよね。

玉子焼はほんとにふわふわ,柔らか。
上品な甘さです。
わさびが添えてあるのですが,
このわさびが合うんです!びっくり。

家ではちょっと作れない玉子焼。
美味しゅうございました。

お腹いっぱいで散策再開。
メインストリートの一番街は
お土産物屋さんや,食べ物屋さんがいっぱい。
観光協会でもらえる地図がわかりやすいです♪

2015-11-27 12.33.11 (640x385).jpg


買い食い(テイクアウトと言えと)できるお店もたくさんですが,
お昼ごはんで満腹になっていたので控えめに。

でも名物「いも恋」は食べました。

CIMG5254 (640x480).jpg


お饅頭の中に芋,その上に餡が。
蒸かして温かいのを店頭で買えます。

川越のシンボル・時の鐘。

CIMG5252 (480x640).jpg


ちょっと距離があったけど,
「とおりゃんせ」の歌の発祥の地と言われる
三芳野神社まで歩きました。

CIMG5258 (640x480).jpg


境内には石碑が立っていました。

こんな大きな銀杏の木も。

CIMG5259 (480x640).jpg


再び蔵の町の方に戻りました。

さっき時の鐘のある「かねつき通り」で見つけた
お醤油ソフトが気になっておりまして。
ちょっとお腹もこなれたので,食べてみました。


CIMG5263 (480x640).jpg


なかなか濃い味,クリーミーです。
…が,ちょっと後口が残る感じかも。
今のところ,マイベストお醤油ソフトは
わたらせ渓谷鉄道の大間々駅近くの日本一醤油さんです。

この後,大学芋が刺さった芋ソフトのパフェも食べ…
歩いて消費したカロリーをあっという間に取り返しました💦

菓子屋横丁もぶらぶらと。
お芋のお菓子,かりんとう,飴など,
懐かしいようなお菓子がたくさんでした。

あちこちで,甘い誘惑がいっぱいです。
川越は,短時間しかいないのであれば,
ご飯はあまりしっかり食べない方がよいかも…
地ビール(COEDOビール)を飲める店も多く,
大人も子供も楽しめる感じですね。

帰りはJRの川越駅まで歩きましたが,
途中で見つけた公衆トイレ。

CIMG5266 (640x480).jpg


新しくて広いし綺麗です。
中も白で統一されていて,おしゃれでしたよ。
公衆トイレなのに暖房便座だったし。

関西ではそれほど知名度が無いと思うのですが
こんなに観光地だったんだと驚きました。

この日は平日だったのに観光客がたくさんで,
大型バスも何台も走っていました。

観光エリアも広いし,古い町並みは見所も多く,
名産の芋を使ったものを中心に,食べ物もいろいろ。
お土産屋さんもたくさんです。

何となく倉敷を思い出しました。
運河はないし,交通量は川越の方がはるかに多いけど。

滞在は3時間ほどだったけど,面白かったです。
「小江戸」と言われる川越,
落ち着いた雰囲気を予想していたら意外にも賑やかでした。

川越市の中心地には,JR,西武鉄道,東武鉄道の3つが乗り入れていて,
交通の便もいいですもんね。

また気軽に歩いてみたい街でした。

今度はお腹を空かせて来よう^^;
posted by 香歩 at 20:53| Comment(2) | 関東さんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

川越・・・友達が住んでいるので、一度だけ行ったことがあります。
そんなに広くなくて、のんびり回れるのがいいですね。

不思議なオブジェがいくつかあって、びっくりした記憶が。見ませんでしたか?
川越出身の作家ヤジマミキオさんの作品みたいですが・・・。
Posted by 空☆ at 2015年12月06日 10:19
空☆さん,こんにちは〜^^

おお,見ましたよ,オブジェ!
パンダとカエルとウサギ,見ました!
あれ,同じ作家さんのものだったんですか!

食べ物ばかりに目を奪われていました^^;
ほんと,面白い街ですね〜
Posted by 香歩 at 2015年12月06日 19:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。