2015年01月08日

神も降り立つ故郷へ【初日編】

前回の記事にも書きましたが,1月3日から6日まで,
実家の宮崎県へ帰省しておりました。

3日は午前中の飛行機で羽田から宮崎へ。

普段めったに使わない飛行機。
しかもどでかい羽田空港(夫婦ふたりして人生初)。
いや〜,行く前から緊張してました(笑)

飛行機の手続きって,結構面倒じゃないですか。
チェックインとか手荷物預けとか。
あの段取りがよくわかんなくて,
覚えるほど頻繁に使わないから,毎回悩む^^;
今回はスキップサービスが利用できたので簡単なはずなんですが,
「今までと違う」というのがまたプレッシャー(笑)

まあ,それでもなんとか問題なく手続きを済ませ,搭乗できました。

そして着席してから離陸するまでが長いことにもびっくり。
滑走路に行くまでにあんなに長く走るとはあせあせ(飛び散る汗)
さすが首都TOKYOの空港,スケールが違うわ〜

でもそれ以上にびっくりしたのは,
飛行機の窓から富士山を見下ろせたことマジカー

天気も良かったので見えるかも?とは思っていたけど,
あんなに近くを飛ぶなんて思いませんでしたたらーっ(汗)

窓際じゃなく真ん中のシートだったんですけど,
はっきりくっきり火口が見えたことに感動ぴかぴか(新しい)

慌てて写真を撮ろうとカメラを取り出したら

これでは撮れない


スマホ充電器でした…


こっちがカメラ

(正しくはこちら)


なもんでかなり出遅れて撮った写真ですが…

とりあえず,ないよりいいかと(自分的に)
記念のつもりで撮ってみましたわーい(嬉しい顔)

見下ろす富士山


このあたりは南アルプスかな?

飛行機から見る連山


日本って山国だな〜とつくづく思います。

さて,出発してから2時間弱で宮崎ブーゲンビリア空港(愛称だそうです。最近流行のようだけど,正式名称より長い愛称って…?)に到着!
宮崎着いたらやっぱり暖かい
家を出るときはダウンコート+マフラー・帽子・手袋3点セットの
完全装備でしたが,3点セットは即解除。
やっぱりこの過ごしやすさは宮崎の魅力です。

実家は県北の方なので,そこからまだひと移動ありますが,
なんだかんだで羽田を出てから4時間ちょっとで自宅に到着。
飛行機だと関西からとあんまり変わりませんね。

今回の帰省の目的は

・姉夫婦(家族)と旦那さんの初顔合わせ
・父の顔を見る
・こちらの顔を見せる

だったので,夜は父が姉家族との食事をセッティングしてくれました。

私たち夫婦は結婚式をしていないし,
なんといっても遠いのであせあせ(飛び散る汗)
結婚前後に両家に正式にご挨拶…みたいなの,してなかったんですふらふら

やっと顔合わせが実現できましたぴかぴか(新しい)

父は高齢だし,去年手術もしていたので心配だったんですが,
背中は多少丸くなったものの,食事もしっかり食べているし,
一安心しました。

お互いの顔を見て,近況も確かめ合えて良かったです。

この日はこれで終了。

翌日はパワースポットにお出かけですかわいい

 *つづく*

posted by 香歩 at 22:01| Comment(0) | 旅行風水:実践編【南西方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。