2014年08月06日

大人の夏遊び〔おでかけ〕【久留里編】

久留里(くるり)線。

なんだか可愛い名前ですよね

くるりせんのくるりえき。

童話に出てきそう^^

主人公のルリちゃんが,くるり線のくるり駅で降りてくるりの街をくるくる歩いているのに,なかなか元の駅にたどり着けない…みたいな。

どことなくメルヘンチックな響きです。

今回は久留里線終点の上総亀山駅まで行く予定ですが,
木更津から上総亀山まで行く電車は本数が少ないです。

12:03木更津発は久留里駅どまり。
ここでいったん降りて,13:45発の上総亀山行に乗ります。

さて,実際の久留里線は。

いたって普通のローカル線です。

久留里線の木更津駅で


今回の車両はごく一般的なJR東日本の車両。
今回は2両編成でしたが,1両のときもあるみたい。

12時過ぎの電車に乗って,出発進行です!

で。

毎度まいど愚痴って申し訳ないんですが。
やっぱりロングシートなんですよね…
いえ,さすがにもう慣れましたし,
期待もしていないですけどね。

関西在住のみなさん,JR西日本の車両は快適ですよ〜
ぜひ普通電車の旅も楽しんでみてくださいね!

木更津から久留里駅までは45分ほど。
田園風景の中を気持ち良く走ります。

食後なので途中でちょっとうとうとしたりしながら,
久留里駅到着。

久留里駅
(緑が濃い!)


こちらで1時間ほどあるので,街中を散策してみます。

駅の待合室には,あら,ここにもたぬきが!
久留里駅のたぬきーず


ここは木更津市ではなく君津市なんですけどね^^;
でも「くるり線」の響きに可愛い動物は似合います。
(個人的にはリスが似合うと思うけど)

久留里は,実は名水の町なんです。
平成の名水百選に,千葉県で唯一選ばれたとか。

駅からすぐの観光交流センターの前には,
大きな水くみ広場があり,
たくさんの人が一度に水をくめるようになっています。
水くみ広場


また,観光センターでは,500mlペットボトルが
2本150円で販売されています。
久留里の水


飲んだ感じ…
ちょっぴり,硬水っぽい?と思いました。
なんとなく温泉を飲んだ時のような…
冷たくて,美味しいですよるんるん

街中には,無料の水くみ場がたくさんあって,
あちこちでお水をいただくことができます。
場所によっては,一般利用はされていないところもあって,
地元の方の生活に密着した水なのだとわかります。

ちなみに久留里の井戸についてはこちらのサイトがわかりやすいです。
(君津市の観光情報のサイトです)

美味しい水があれば当然,美味しいお酒もあるわけで。

酒蔵もありますぴかぴか(新しい)

駅から徒歩圏内に,藤平酒造,吉崎酒造,森酒造店の3つ。

全部回ってみたかったけど,時間も足りないので,
藤平酒造さんで「福祝」の生酒を買いました。
福祝


高澤の水まで行って引き返し,今度は商店街へ。

久留里商店街入り口


このゲートからもわかるように,
久留里は城下町なのです。
城下町らしく,古い建築物も残っていたり…

木村屋金物店さん


この建物,1階は普通のお店なのに,
2階はすごくものものしいですね〜

商店街といってもそんなに長くはなく,
ぶらぶら歩いているうちにすぐに住宅街に。
そして,また井戸の案内板が出てきたので従ってみると,
「新町の井戸」に出ました。

新町の井戸


ざばざばと涼やかに流れています。

自分で栓を開けて汲むタイプの井戸もあるんですが,
やっぱり常時流れているところの方が,
水が冷たくて気持ちがいいですね^^
暑い時には本当にありがたい。

美味しいお水と,タイムスリップしたような
ちょっとレトロな街並みを楽しんで,
13:45,再び久留里線に乗り込み,上総亀山に向かいました。

 *つづく*

posted by 香歩 at 17:16| Comment(0) | 旅行風水:実践編【南方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。