2014年01月15日

ちょっぴり贅沢☆ワインと温泉の旅【石和温泉編】

ワイナリーからはちょうどいい時間にバスがなく,
タクシーを利用しましたが,
メルシャンのワイナリー付近からで料金は1160円と,
それほど高くはありませんでした。
バスが1回乗車300円と高めなので,
3人以上ならタクシーの方が,時間も自由だしお得かも。

勝沼ぶどう郷駅には13:30頃到着。
13:39の電車で石和温泉に向かうことにしました。
勝沼ぶどう郷駅から石和温泉駅までは約20分です。

ワイナリーで結構ワインをいただいてしまったので
ほろ酔い気味の私たち。
寒いので醒めるのも早いのですが,
さらに駅で冷たいドリンクを飲んで酔いを追い出しますあせあせ(飛び散る汗)
なんといっても次は温泉いい気分(温泉)ですからねっ!

それでも電車の中はあたたかくて気持ち良くなり,
つい,二人してうとうと

停まっている駅ではっと目が覚め,駅名を確認したら
石和温泉
口を開けて眠っている旦那さんをどつき起こしてパンチ
慌てて電車を降りましたあせあせ(飛び散る汗)

そして石和温泉駅,降りてみると意外にも
都会ぴかぴか(新しい)(←写真撮れよと)

駅前に大きなロータリー,どどんとイオンも建っていて,
駅前のメインストリートは広くて交通量も結構あります。

正直,鄙びた温泉街を予想していたのでビックリ

駅から徒歩圏内にいくつもの温泉旅館やホテルがあります。
日帰り入浴施設もいくつかあるようなのですが,
今回は旅館の日帰り入浴を利用させていただきました。

駅からメインストリートを徒歩5分の「華やぎの章 慶山」さん。
電話で日帰り入浴の問合せをしたときの対応も良くて,
駅からの距離,源泉掛け流し,お手頃価格の
三拍子そろっているのが決め手でした。

時間に余裕があったので,ちょっとだけ街中散策。
街のあちこちに銅像などのアートが飾られていたり
石和温泉周辺で

ちょっとおしゃれなお菓子屋さんがあったり,
ぶらぶら歩いてもなかなか楽しいるんるん

散策しているうちにすっかり酔いも醒めたので,
いよいよ「慶山」さんの温泉へ。

施設は多少年季が入っている感じですが,
広々とした内湯の浴槽にお湯がざばざば流れて,
さすが湯量豊富な自慢の自家源泉です^^

露天風呂も景色は見えませんが,
岩風呂で広くて雰囲気は良好です。

お湯はアルカリ性単純温泉で無味無臭ですが,
肌がつるつるになる「美肌の湯」だそう。

平日のためか人も少なめ。
広〜い湯舟で存分に身体を伸ばせます。
設備はもちろん揃っているし(タオルは持参か購入),
旅館の温泉をしっかり堪能できました^^

日帰り入浴専門の施設の方が気楽だったりするのですが,
旅館の温泉の方が,やっぱり設備はいいし,人も少ないし,
騒がしくなくて落ち着いてのんびりできますもんね。

1時間ちょっと温泉で過ごして,16時頃に慶山さんを出ました。

寄り道してみたいお店やワイナリーもあったけど,
まだ本日の最終ミッションが残っています。

湯上りの身体が冷めないうちに駅に向かい,再びJRに乗車。
甲府駅へ向かいました。

 *つづく*
posted by 香歩 at 20:04| Comment(0) | 旅行風水:実践編【西方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。