2014年01月14日

ちょっぴり贅沢☆ワインと温泉の旅【勝沼ワイナリー編】

さてさて。
「青春18きっぷマスター」の異名を(ごく一部で)
とっているワタクシですが,
もちろん関東でもマスターっぷりは健在です!!

この冬の18きっぷも,箱根と鎌倉行に利用。
残り2回分を使い,先週,旦那さんと日帰り旅をしてまいりましたわーい(嬉しい顔)

行先は山梨県の北部側。
現住所からは西方位,旧住所からは東方位になり,
どっちをとっても吉方位です。
(とりあえず西だと思っておきます)

実は山梨県は今まで一度も立ち寄ったことのない県。
初めての土地に足を踏み入れる「地盤を広げる」という,
残り少ない五黄土星年の開運行動も実践してきましたわーい(嬉しい顔)

そして。
西」で「山梨」とくれば,絶対はずせないのが

ワイナリー

ですよね

ワイナリーに行く,ワインをお土産にするのは
西方位の開運行動
(李家幽竹『絶対、運が良くなる旅行風水』より)

もちろん今回の旅のメインに組み込みます!

さらに山に囲まれた山梨県,
石和温泉,湯村温泉をはじめとする温泉にも恵まれています。
そんでもって,名物「ほうとう」も欠かせません!!

というわけで,ワイン・温泉・地元グルメと,
日帰りにしてはめいっぱいの欲張り旅行となりましたわーい(嬉しい顔)

だってね。六白金星は,今年1月を終えたら,
当分西は凶方位になっちゃうんですよふらふら

山梨の中でも,南側の富士五湖方面は南西になるので,
まだ2014年は使えるのですが…。

だから,多少無理があるってわかっていても^^;
あれこれ盛り込まずにはいられないのです!!!

さてさて,前置きが長くなりました。

こんな欲張りプランだから,当然早くに家をでなければなりません。
当日は朝4時起きの5時前出発。
さすがに起きれるか不安でしたが,
4時直前に震度3の地震で起こされました^^;

まだ真っ暗なうちに家を出て,最寄駅から始発で出発。

私鉄・JRを数回乗り継ぐこと約3時間,
朝8時過ぎに最初の目的地・勝沼ぶどう郷駅に到着しました。
勝沼ぶどう郷駅


駅は山の中腹の高台にあり,
道路の向こうには勝沼の街が霧に沈んでいるのが見えます。
そのさらに向こうには山々と,
白い雪をかぶった南アルプスの峰!!
「旅に来た〜!!」って雰囲気にテンションが上がりますグッド(上向き矢印)
勝沼ぶどう郷駅より南アルプスを望む


ここからは,少し駅で時間をつぶして,
8:44発の市民バスに乗り,ワイナリーに向かいます。
タクシーで行くことも考えたんですが,
早く着いても結局ワイナリーが開いていないのです^^;

ちなみに,こちらの市民バスは,
平日と土日祝日で著しくダイヤが違うので,要注意です。

駅前で早朝の風景を堪能して,バスに乗り目的のワイナリーへ。

ワイナリーは迷うほど本当にたくさんあるのですが,
小さなワイナリーには詳しくないので,
とりあえず大きくて有名どころなら色々見れるでしょ,
と考えて,メルシャンのワイナリーに向かいました。
有名どころというのに加えて,朝9:30からオープンしていること,
近隣にその他にもワイナリーがあることもポイントです。

最寄バス停に着いたのが9時少し過ぎで,
まだ開館時間まで余裕があるので,周辺を散策。

ワイン資料館の方にぶらぶら歩いてくと,
なんとすでにオープンしているワイナリーが!
蒼龍葡萄酒

蒼龍葡萄酒さんです。すっごくかわいい建物ですね

ショップにはずらりとオリジナルワインが並んでいて,
冷蔵庫には自由に試飲できるワインが置かれています。
いくつか気になるワインを試飲させていただきました。

私はワインが好きですし,
販売のバイトをしたこともあるので多少知識もありますが
旦那さんはワイン初心者なので,いろいろ説明しつつ。

気に入ったワインがあったのですが,
今買うと持ち歩きが大変なので,
とりあえずいったんお店を辞して,
メルシャンのワイナリーのビジターセンターへ。
そして見学ツアーの申し込みをしてきました。

有料(500円)のツアーで本来予約が必要なのですが,
当日の人数によっては,当日申込みでもOKみたいです。

ツアー開始の10時半まで少し時間があったので,
再び資料館近くにいってみました。

ワイン資料館&ギャラリー

上がワイン資料館。下がワインギャラリーです。
和風の資料館と洋風のギャラリーが向かい合わせで建っていて,
それだけでも素敵です。

お庭も広々。景色も雄大。
ワインミュージアムエリアのお庭


ワインギャラリー(ショップ兼カフェ)では,
ワインの販売の他,試飲もしています。
こちらのテイスティングは有料ですが,
ちゃんとしたテイスティンググラスに注がれたワインをいただけます。

ツアーの前にやや酔っぱらい気味になりながら(笑)
どうにか再度ビジターセンターへ。
いよいよツアーの始まりでするんるん

こちらのツアーは,工場内は見学できません。
地下のワインセラーの前で,ビデオや画像での説明を受け,
ワインのテイスティングをします。

今回は,山梨産甲州ブドウから作られた白ワイン,
メルローとベリーAのロゼを合わせたロゼワイン,
山梨産マスカットベリーAの赤ワインをいただきました。

それから資料館へ。
こちらの資料館は県の文化財だそう。
重厚で,でもとてもきれいな建物です。
中も広く,かつて使われていた醸造機材などが展示されています。

山梨のワイン製造創成記の話,昔のワイン造りの話などを聞き,
たくさんの資料を見学。

さらにその後はブドウ畑へ。
先程のお庭にあります。
ぶどう畑

本当に材料に使うブドウの畑ではなく,見学用です。
当然ながらこの時期は裸んぼの木ですが,
実のなる時期にはいろんな種類のブドウを見ることができます。

ツアーは1時間ほどで終了。

その後は再びワインギャラリーへ。
私たちはここで昼食をとり,ワインをいただきました。
普通に食事にワインを付けると,それ以上飲めなくなるのでたらーっ(汗)
お料理+テイスティングワインを。
ワインギャラリーにてランチ

右はランチプレート(旦那さん),左はトマトソースのパスタ(私)。


グランドテイスティング

こちらはワイナリーにあるメルシャンのワインのなかでも
最高クラスを3種セットにした「グランドテイスティング」。
テイスティンググラス3杯で1500円はなかなかよいお値段ですが,
これらのワインはどれも1本1万円を超える品。
なかなか,こんな機会でもなければ口にできませんたらーっ(汗)
ちょっと贅沢ですが,せっかくの西方位ですからね

う〜ん,でも美味しかった!!
ワインはすっきりした辛口白かフルボディの赤が好きなので,
どても好みにはまっていて嬉しかったです!
特にカベルネソーヴィニヨンがお気に入りでした(買いませんがたらーっ(汗)
普通の酒屋さんではなかなか試飲なんてさせてくれないクラスのワインですし,このテイスティングセットはおススメです!

さて,たっぷり飲んで,お料理も食べて,
さらに追加でテイスティングをいただいたりもして。
じっくり悩んで,赤白2本のワインを購入しました。

それから,最初に入った蒼龍葡萄酒に再び。
こちらではフリージングワインの白を購入。
とろりとした甘さのデザートワイン,美味しかった〜

たっぷりワイナリーを楽しんで。
西の金気も,贅沢な富貴の気もたっぷりいただいて。
これ以上飲むと酔っぱらってどこにも行けなくなるので,
まだまだたくさんあるワイナリーに未練を残しつつ,
次なる目的地に行くために,タクシーで駅に向かいました。

 *つづく*

ちなみに,今回購入したワインはこの3本。
勝沼でゲットしたワインたち

真ん中の細長いのが蒼龍葡萄酒のワイン。
両サイドがメルシャンのワインです。
結局メルシャンのワインは試飲していないものを買ったので,
(これ以上飲むと旅の続行が危ぶまれるので自粛
どんなお味か開けるのがほんとに楽しみでするんるん
posted by 香歩 at 15:53| Comment(2) | 旅行風水:実践編【西方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
咲月さま

はじめまして。帆布と申します。
突然、ごめんなさい。
実は私も六白金星なのと、旅好きなもので、数年前から時々お邪魔させていただいておりました。
熊野古道のお話や、いろんな神社巡りのお話等、とても興味深く読ませていただいておりました。
そして関東へお引っ越しとのこと、
その時に思わず、コメントしようと思いましたが、勇気が出ず、日々が過ぎてゆきました。
でも今年は興味のある方には連絡してみようと思っていましたので、思い切ってコメントさせていただきました。
素敵な旅の記録と、どんどんご自身の手で楽しさや幸せを紡いでゆく咲月さんのブログをこれからも楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 帆布 at 2014年01月15日 12:00
帆布さん,はじめまして^^
コメントありがとうございます♪
以前から読んで下さっていたとのこと,嬉しいです^^
コメントって,勇気いりますよね^^;
私もなかなかコメント入れられないヒトなので,お気持ちわかります。
そんな中,ありがとうございますm(_ _)m
またどうぞ,気楽にコメント入れてくださいね。

気の向くままに書いてるブログで,
更新ペースもまちまちですが^^;
よろしければまたご覧いただけると嬉しいです。

ちょこっとブログ拝見させていただきました。
帆布さんは東京にお住まいなのですね♪
またブログにも遊びに行かせて下さい^^
こちらこそよろしくお願いいたします☆
Posted by 咲月 at 2014年01月15日 17:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。