2011年10月12日

南西を歩く!家庭運を上げる夫婦旅【海南編】

伊太祁曽駅から再び熊野古道に向かい,
一路南の海南へ向けて歩き始めました。

貴志駅ですっかりテンション上がったもんだから,
歩きながらも若干おねむモード眠い(睡眠)
しかししっかり歩かねば,夕方までに海南に着けません。
峠ももう一つ越えなければいけないし,頑張りました!

今回の道は,矢田峠以外は,
大阪府内と同じような舗装道が続きます。

もうちょっと,熊野古道っぽい,田舎道を期待してたんですが^^;

次の王子跡は県道沿いの奈久智王子なんですが,
マップの指示のある民家の横の細い道…というのが
とんでもなく蜘蛛の巣の張った道であせあせ(飛び散る汗)
蜘蛛の巣を払わないととても入れそうにないので,断念。

しばらく歩いて高速道路の下をくぐると,
田園風景が開けてきます。

田園


風景は田園なんだけど,道はきっちり舗装路で,
細い割に車の通りも多く,結構歩きにくい。

案内板はこの辺りも細かく出ているので,
迷う心配はほとんどありません。

一部には古い街道筋の趣きが残っていたり,
池の横を通ったりで,風景には変化があり,楽しめます。

松坂王子跡を越えると,蜘蛛池という大きな池の横を歩きます。
名前のとおり,入り組んだ複雑な形の池です。

蜘蛛池を越えさらに歩くと,道がだんだん下り坂に。
気づくとこんな看板が。

汐見峠


いつの間にか,汐見峠を越えていました。
まったくもって普通の車道でした^^;

昔は峠から海が見えたんですね〜
今とはずいぶん地形が変わっているみたいです。

峠を下ってしばらく歩くと,
古い街並みを残す,昔ながらの住宅街に入っていきます。

しばらく細い川沿いの道を歩くと,
左手に春日神社が。

結構な坂道の参道を上がると,道が土道に変わります。
その先に松代王子跡がありました。

松代王子跡


坂道を降りて先程の川沿いの道に戻り,
再び海南駅方面に歩きます。

ほんの10分ほど歩くと,本日最後の王子跡,
菩提房王子跡に到着です。

菩提房王子跡


次の突き当りを右折,真っ直ぐ歩くと
熊野一の鳥居跡に到着。

熊野一の鳥居跡


今ではこんな風に石碑しかありませんが,
昔は大鳥居が立って,参拝客を迎えていたそうです。
熊野三山への入り口だったのですね。

しかしこっから先がまた,長〜いわけですがあせあせ(飛び散る汗)

当時の感覚としては,熊野の山々そのものが,
神域だったのでしょうか。

ここからもう少し歩けば祓戸王子跡にも行けるのですが,
どうせ次のコースでもそのあたりを通るので,
今回はこのままJR海南駅へ。

しかし海南駅から電車には乗らず,バスに乗って向かった先は,
和歌山マリーナシティ

こちらはポルトヨーロッパというテーマパークや,
黒潮市場という海産物市場などもある
アミューズメントパークなのですが,
今回はこちらの紀州黒潮温泉が目的です。

1日たっぷり歩いた疲れを温泉で癒そうという計画ですわーい(嬉しい顔)

こちらの温泉は,源泉掛け流しなどではないので,
泉質にこだわる方にはいまいちかもしれませんが,
設備が整っていて海が見える露天風呂もあるし,
温度の異なる3つの浴槽なんかもあって,
なかなか気持ち良く過ごせるので私のお気に入りですいい気分(温泉)

バスでマリーナシティについた時には
ちょうど夕日が海に沈もうという頃で,
空がものすーく綺麗でした!
…でも急いでいたので写真は撮り損ねました(>_<)

男風呂からは夕日が落ちるのが見えたそうです。

あまりゆっくりはできませんでしたが,
二人とも温泉で体を伸ばして,疲れを流してきました。

帰りのバスに乗る頃には7時前,
そろそろお腹もすいていましたが,
夕食は地元に帰って落ち着いてから食べることにして,
しばしがまん。

バスでJR和歌山駅に向かい,帰路につきました。

久々に二人でのお出かけだったのですが,
早朝からたっぷり歩いて,地元の神様にもお参りできて,
たま駅長で盛り上がって,たっぷり笑って,温泉にも浸かって。
いっぱい楽しんだ旅でしたわーい(嬉しい顔)

南西らしい,お金をかけずにたっぷり歩く旅を実践できて,
二人の土の気もたっぷりアップしたかな?

末永く家庭運がアップすると嬉しいです。

 *終わり*



posted by 香歩 at 23:08| Comment(2) | 旅行風水:実践編【南西方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい(*^^*)
海南まで歩かれたなんて。たくさん歩きましたね!またまたびっくり!!  
黒潮温泉は私もちょくちょく行くので身近に感じて嬉しいです☆ 広くてリラックスできますよね
温泉にも入られて本当にたくさん土地の気を吸収されたと思います^^本当になにもない田舎ですが、またぜひ和歌山へいらしてくださいね


Posted by ゆり at 2011年10月17日 09:31
ゆりさん,こんにちは^^

おお,ゆりさんも行かれますか,黒潮温泉!
お風呂もですが,脱衣所も広いしパウダーコーナーも席がたくさんあって,ゆったりできますよね^^

「なにもない」なんてごけんそ〜ん^^
山があって海があって,温泉があって歴史があって,食べ物が美味しくて懐が深くて,とっても素敵なところです,和歌山^^

実は昨日も行きました。
明日も行きます^^;
(ちょうど今,時間がとれるので,熊野古道驀進中なのです笑)
Posted by 咲月 at 2011年10月17日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。