2010年04月04日

出会いたくさん☆東南の旅【峠下り編】

始神峠からは来た道は戻らず,
反対側に下ります。

行きの上り坂がきつかったので,
下りも覚悟していたのですが,
下りは広くてなだらかな,歩きやすい道でした。

木漏れ日の道

お天気が良いので,木漏れ日が道に落ちて,
きらきら光ります。

道幅も広くて,お散歩気分で歩けます。

木が風をさえぎってくれるし,
陽射しは暖かいしで,
冷えた身体はまたすぐ温かくなりました。

あちこちからウグイスの声も聞こえ,
春の心地良さを満喫。

そういえば桜も見たし,
季節を感じる旅,という意味では,
今年の旅のスタイルとしてはぴったりだったかも?

しかし,なだらかでも山道は山道。

時々,林や山の斜面で何か動く音がしたり。
いきなり斜面を小石が転がってびびったり^^たらーっ(汗)

人がいないからやっぱりちょっと怖いんですよあせあせ(飛び散る汗)
ぼちぼち蛇なんかも出てくる頃?と思ったりしてたらーっ(汗)


でもほんと,歩きやすくて楽しかったです。
道も迷うようなポイントはほとんどなかったですし。

しばらく歩くと,木々の間から水面が見えて来ました。

宮谷池

宮谷池です。

宮谷池2

周囲1キロほどだそう。
決して大きくはありませんが,
静かに水を湛えて,穏やかだけど存在感があります。

池の水に周囲の緑が映えて,とても綺麗でした。

宮谷池2

しばらく池を眺めて休憩し,再び歩き始めます。
この辺りまでくるとかなり道も平坦で,
もう平地まで下りてきたんだな〜と実感します。

少し歩くと,急に視界が開け,山里が現れました。
山里と紅桜

きれいな濃いピンクの桜がお出迎え。

山桜?

山桜でしょうか?3部咲きといった感じです。

さらに少し歩くと,峠道の終わりを告げる看板が。

峠の終わり

熊野古道はずっと続きますが,
始神峠とはここでお別れ。

この先はすでに舗装された道を歩くことになります。

ぼちぼち旅の終わりの予感…
ですが,この後にもまだ,素敵な出会いが待っていました☆

 *つづく*

posted by 香歩 at 19:00| Comment(0) | 旅行風水:実践編【東南方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。