2010年04月03日

出会いたくさん☆東南の旅【始神峠編】

いよいよ山頂到着です。

木々の切れ目から下を眺めると…

始神峠より
絶景です。
真ん中あたりのピンクの塊,わかりますか?
PCの方はぜひ拡大して見てみてください。
鉄塔の先端のあたりです。
これが先ほどの放水路の桜です。

そして遠くに見えるのが「紀伊の松島」。
遠景はこちらの方がみやすいかも?
始神峠より・2

150mほどしか上がっていないのに,
こんなに見事な景色が眺められるんですね…

風が通って寒かったけど,来た甲斐がありました。
そして,晴れていて晴れ本当によかったもうやだ〜(悲しい顔)

さて,この山頂にはテーブルとベンチがあります。
他に人もいないので,貸切でお弁当タイム。

…と思いきや。

私たちが登ってきたのと反対側から,
団体さんがご到着されました。

みなさんもここでお昼を食べるご様子。

人がいないのをいいことに,
広いテーブルに思い切りお弁当を広げていたので
慌てて隅っこに寄りました。
(でもみなさん,テーブルは使わずに
木の根っこに座ったり… すみませんあせあせ(飛び散る汗)

お祭りでも熊野古道ウォーキングのイベントがあったので
その方々だったのかも。
ガイドさんも一緒についておられました。

そのガイドのおじいさん,私たちにも声をかけて下さって
「あんたたちも始神峠を歩きにきてくれたから」と
このストラップを下さいました。
記念のストラップ
最初は駅で貰った物と同じだと思ったのですが,
見比べてみると違いました^^;

今日の日でなかったら,いただくことのなかったであろう
ストラップ(が2つも^^)
やっぱり嬉しかったでするんるん

お弁当を食べながら,ガイドさんの説明を盗み聞き(笑)

ベンチとテーブルは地元の方が設置なさったもので,
もともとは一番眺めの良いところに置かれていたそうですが,
熊野古道の一部が世界遺産になり,
ちょうどベンチの置いてあったところも
世界遺産に指定されてしまったため,
位置を変えるように指示されたんだそうですたらーっ(汗)

せっかくの地元の方の気遣いが気の毒ですが…
「世界遺産」はいろいろと基準も厳しいし,
仕方ないのでしょうね。

で,今ベンチが置かれている場所は
眺望の良いところからほんの数メートル離れているのですが,
つまりこのほんの数メートルに
世界遺産かそうでないかの境目があるんですよね。
面白いです。

山頂は寒くて,汗をかいたからだも
あっという間に冷えてしまいました。

お弁当をきれいに片付けたら,早々に出発しました。

 *つづく*


posted by 香歩 at 20:00| Comment(0) | 旅行風水:実践編【東南方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。