2010年04月02日

出会いたくさん☆東南の旅【出発編】

その日の朝は5時半起床。

早起きして,せっせとお弁当を作ります。

なぜそんなに朝早くからお弁当?というと。
まず,やっぱり手作り弁当はリーズナブル。
そして,夜勤明けに付き合ってくれる彼氏さん,
好物をたくさん入れてご機嫌を取ろうという魂胆も^^;

しかし何よりも,前回の経験から,
目的地周辺には買える店がない!がく〜(落胆した顔)

なので,荷物になりますが,手作りお弁当持参で向かいました。
…実はこれ,誤算だったのですけど^^;

6時半頃に彼氏さんと合流。
朝7時過ぎの近鉄特急に乗り,
まずは松阪駅を目指します。
そして松阪駅からはJR紀勢線に乗換えです。
さらに2駅先の多気で2両編成の小さなローカル線に乗換え。
その電車に約2時間,揺られました。
紀勢線・新宮行
この電車は,熊野速玉大社のある新宮市まで行きます。

夜勤明けの彼氏さんはもちろんですが,
睡眠時間3時間で早起きしてお弁当を作った私も,
電車に揺られるとさすがに爆睡。

ま。体力回復も必要ですからあせあせ(飛び散る汗)

でもこの日は,前回の記憶を塗り替えるほどの快晴晴れ
朝はちょっと寒かったけど,日が昇るにつれ,
だんだん暖かくなってきましたわーい(嬉しい顔)

前回のこともありますが,東紀州はもともと雨の多いところ。
なんでも屋久島と同じくらいだそうですたらーっ(汗)
天候がかなりの不安要素だったのですが,
今回はどうにか好天に恵まれそうでした。

電車に揺られること合計約4時間,
ようやく目的地(そして恐怖の記憶の地),
三野瀬駅へ到着しました。

「あー,ここでどんどん暗くなって,怖かったなあ〜…」
なんて,車窓から感慨深く駅を見ていると…

…あれ?

……駅員さんがいる?????

三野瀬は無人駅だったはず…
なのに,駅の出入り口前に駅員さんがなんと二人もがく〜(落胆した顔)

(私の恐怖体験は何だったの!?)
とひっそり思ったことは,ナイショ…


電車を降り,出口に近づくと,
駅員さん,何だかにこにこと近づいて来ます。
手には何かビラを持っています。

「どうぞ,今日は桜祭りをやっております!」

と差し出されたのはこちら。
三野瀬駅でもらったもの
熊野古道ウォーキングについてのチラシ数枚。
熊野古道伊勢路の小冊子。
そして,木でできたストラップ。
(このストラップ,実は前回の記事とは別物です(笑)
前回の物の出所はまた後日)

まったく知らなかったのですが,
この日は「始神峠さくらまつり」の日だったのです。
しかも,この日1日だけ。

ちなみに桜まつりの会場は,
熊野古道の入口手前の広場です。
わざわざ回り道するのは大変ですが,
出店なども結構出ているみたいなので,
通り道にちらっと覗いてみるのも楽しそうです。

会場までは徒歩約10分。
前回の旅では,雨と雷に怯えながら走った道を,
庭の花なんか眺めながらノンビリ歩きます。

海沿いの国道42号線に出るところに,
大きな桜の木がありました。
三野瀬で最初に出会った桜
予想していたよりずっと開いていました。
桜・あっぷ
白い桜の花,緑と一緒に花が開くのは何桜なんでしょう?
きれいでした。
海辺
右奥のほう,桜がたくさん咲いているのがわかりますか?
(クリックして拡大すると見やすいです)
ここが桜まつりの会場でした。
海と桜と
今日は海も穏やかです。

お祭り会場は色んな出店が出て,にぎやかでした。
(写真撮るの忘れてましたふらふら
しかも,地元の人やお店が出店してるみたいで,
普通のお祭りだと,たこ焼き,綿あめ,クレープ…
みたいな感じですが,
こちらでは,さんま寿司,焼き伊勢海老,鯛めし…
そんな感じで,こでしか食べられないようなものがたくさん!

お弁当持ってきたことを本気で後悔しました…もうやだ〜(悲しい顔)

結局,おやつを少しだけ買って,あとは我慢ふらふら

でもぶらぶらお店見てるのも楽しかったです。
試食させてくれたり,地元の方はみな親切でした^^かわいい

桜も8分くらい咲いていて。
かなり見ごたえがありました。
朝から天気が良かったので,今日一日で結構開いたのかも。
もし来週来ていたら,もう散っていただろうなあ…
よかった,今日来てるんるん(←現金)
古道入口の桜
放水路沿いにはずーっと桜が植わっています。
こちらもかなり咲いていて,きれい。
放水路の桜

さて,あまりノンビリしていると,
あとの予定が押してしまうので。

お祭りと桜鑑賞はほどほどに,古道入口に向かいました。

posted by 香歩 at 00:27| Comment(0) | 旅行風水:実践編【東南方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。