2015年11月24日

今年も参加!羽生キャラさみっと

11月22日,いい夫婦の日。

去年に続き,世界キャラクターさみっとin羽生に行ってきました♪

羽生駅からはシャトルバス(往復200円)が出ていてラクチン♪

CIMG5158 (640x480).jpg


しかしこのバス,大型観光バスで,
しかもロータリーにはすでにもう1台待機。

CIMG5159 (640x480).jpg


さらに,ロータリーの外にも1台待機…と,
「本気すぎるだろ羽生市!」と突っ込みたくなる万全の送迎体制。
(いやすんごくありがたいんですけど)

会場までは約15分,バス停からさらに徒歩10分ほど。
羽生水郷公園のひっろーい敷地内に
いっぱいのテント・人・そしてキャラたち。

CIMG5160 (640x480).jpg


お天気は曇天。
厚い雲が出ていて気温も低めでしたが,
風がなかったのでそんなに寒くはなかったです。
キャラクターさんたちには楽だったでしょうね。

遠くからでも見える気球。

ムジナもん気球・表


気球に乗れるイベントやってます。いい目印。
ちなみにこのキャラはホストキャラの「ムジナもん」なんですが…

変身すると…

ムジナもん気球・裏


萌え系美少女になるらしいです(笑)
違いすぎるやろ。

今回は,今年たくさん行った新潟県のキャラに注目してみました。

CIMG5162 (640x480).jpg
長岡市のナッちゃん。花火モチーフのキャラ。

レルヒさんとでんえんまる
今回ぜひお会いしたかったレルヒさん(右)。
このスタイルでスキーもするらしい…
ちなみに左は群馬県のでんえんまる。

レルヒさんブースもがんばってます。
CIMG5163 (640x533).jpg


ごずっちょ
阿賀野市のごずっちょ。
かわいいのおるや〜ん💦
「阿賀の里」,ふなっしー置いてる場合じゃないぞ^^;

超ラブリーなもち-うさぎ(弥彦村)とは
ツーショットで写真撮ってもらいました
もち-うさぎ

類似キャラがいそうでいない「もち-うさぎ」。
なぜハイフンで繋ぐのかが謎ですが,
キャラとしての完成度は高いと思います!

ほかにも…

ゆるキャラーず1
(左から)
上:ムサ尾(東京都高尾山),いわおさん(茨城県桜川市),やぶさめくん(福島県古殿町)
下:いなッピー(愛知県稲沢市),いんザイ君(千葉県印西市),あさピー(千葉県旭市)


ゆるキャラーず2

上:おこみん(長野県志賀高原),やる気なし男(東京都ルクレ),キャラ丸くん(東京都エクラアニマル)
下:くまなく先生(東京都マンション大学),むすび丸(宮城県),しろまる姫(兵庫県姫路市)


ゆるキャラーず3

上:左)サイポン〈うみ・りく・そら〉(埼玉県自衛隊埼玉地方協力本部)
  右)長野県:アルクマ・木曽っ子・レタ助
下:左)栃木県:手前がゆずも,奥がとちはなちゃん
  右)青森県:十和田ねばっち・十和田ごんぼう


そして今年も,レジェンド「ひこにゃん」参戦。
ひこにゃん


ぐんまちゃんはサンタコス。凶悪な可愛さ。
ぐんまちゃん


派手なキャラ車も楽しいですね。
キャラ車

左上から
スワットン(北海道浜頓別町),イヌナキン(大阪府泉佐野市)
めい姫(三重県明和町),バリィさん(愛媛県今治市)

イヌナキンの「甘い言葉にご用心」がすごいですね。
お役目ご苦労様です。

でもやっぱり一番のインパクトはコレ。
メロン熊車


こちらは新潟県糸魚川市のブラック番長車なんですが,
ナンバーに注目。
ブラック番長車

イカしてますなー

超人気者はこんなエア遊具も。
エア遊具

…説明不要

キャラだけじゃなく,ご当地グルメも大集合。
屋台がずら〜っと並んでいて,目移りします!

CIMG5192 (640x525).jpg
CIMG5193 (640x480).jpg

上は津ぎょうざ。長さ15pもある巨大揚げ餃子。
下はブラック焼きそばとホタルイカの天ぷら。

このご当地グルメがすごく楽しみなんです。
水郷公園は本当に敷地が広いので,
お店がたくさん出ても,お客さんが多くても,
座る場所に困ることはありません。
(でもレジャーシートは必須)
この敷地があってのイベントですね。

そうそう,今回ふなっしーは21日のみの参加とのことで
22日にはいなかったんですが…

ステージにて


白猫のふにゃっしーが来てました!

ステージでかなり頑張って踊ってましたよ^^
ちなみにこれはアックマ(一番右の紫の熊@北海道)
のステージでした。
ふにゃっしーのお隣は鹿児島のイーサキング。

そしてこのイベントのもう一つのポイントは。

観光チラシ


各地の観光チラシがたくさん貰えること。
配ってることもあるし,
キャラさんのブースに置いてあることもあります。

個人的にはこれがすごく嬉しい。
普通はその町の観光案内所とか駅にしか置いてないものが貰えるので。

デザインも凝ってるから見て楽しいし,
次はどこ行こうかなー,
あ,こここんなのあるんだーと
発見が多くてわくわくします♪

今回気づいたんですが,
私って,ゆるキャラが好きというよりは
ご当地キャラが好きなんですね。

ご当地の名産品や自慢のものが
ギュッと凝縮されているキャラさんを見るのが楽しい。
地元をアピールしよう,元気にしようとして
生みだされたんだなーというのが良くわかる。

こういう子好き。
きーほくん


きーほくんです。
三重県の紀北町のキャラクター。

大好きな熊野古道がある紀北町。
頭はマンボウと熊野古道を表しています。
ボディカラーは海の青と空の青,かな?

わかりやすくて,こういう子はすぐ覚えちゃいます。

いつか行きたい土地のキャラにも出会えました。
おぶせくりちゃん・おぶせまろんちゃん
長野県小布施町のおぶせくりちゃん・おぶせまろんちゃん。

小布施の有名な栗菓子「朱雀」をいつか食べに行こう!と
つい先日旦那さんと話していたところでした。

4時間くらいいて,ほとんど歩いていたので疲れたけど,
やっぱり楽しかったです
あちこちの土地のキャラを見て,
その土地のことを考えて,
ちょっとの間その土地に心が飛んで行ったような。

来年は,その年に行った土地のキャラクターと
なるべくたくさんツーショ写真撮ろう!と思いました。
(すでに来年も行く気満々…^^;)

うちの旦那さんは記憶力が良いため,
キャラの名前とかどこのキャラかとかすぐ覚えるんですが,
なんかワタシ以上にハマってるっぽくて…

「来年は浜松のゆるキャラグランプリに行こう!」
と言い出した

…が,来年の10月(ゆるキャラグランプリは11/5・6予定)は
西は凶方位になるんだよね〜^^;

今年も大盛況に終わったゆるキャラさみっと。

このイベント,本当に体制がしっかりしていて,
送迎バスの充実もそうなんだけど,
仮設トイレもいっぱい並んでるし,
ごみ捨て場もたくさん設置してあって
常時スタッフさん(ボランティア?)がついて
きっちり管理しているし,
あんなにたくさん集客していても,
とても過ごしやすく運営されていてありがたいです。

また来年も楽しみにしていま〜す♪
posted by 香歩 at 18:27| Comment(2) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

弾丸ツアーで秋堪能【越後下関編】

15:54,新津駅に到着。
ここから羽越本線経由で米坂線に入る列車に乗り継ぐのですが,
40分ほど時間があったので,いったん新津駅で下車しました。

新津駅


特に目的もなく,駅前をぶらぶら。

あら珍しい横並びの信号発見。

横並び信号


アーケードの屋根に当たるからでしょうね。
新津はもともと独立した新津市でしたが,
2005年に新潟市に編入されたそうです。
(新潟市って広いんですねー)

だから新津独自のマンホールがあります。

新津のマンホール


余談ですが,マンホールを見ると
もともとは独立した町や村だったのが合併したんだなーと
分かるときがありますね。

16:37新津発の列車に乗り,越後下関へ向かいます。

18:16,越後下関到着。
旦那さんの目的のコロプラのお土産は
越後下関駅手前で無事ゲットできたそうなので,
18:17の新津行きに乗ろうとしましたが…

なんとなく勝手に,島式のホームで,
向かい側の電車に乗ればいいだろうと思っていたら,
意外にも跨線橋を渡って別のホームに走らねばなりませんでした。

1日に6往復しかない路線,
ホームも少ないだろうと侮っていました。

無念にも,跨線橋の階段を降りる前に,
坂町行きの列車は発車してしまいました…

越後下関駅の跨線橋の案内板

(越後下関駅跨線橋の案内板。何か懐かしい…)


こうなったら次は20:21の列車に乗るしかありません。

新潟駅での海鮮の食べられる居酒屋での夕食は諦めて
温泉に行くことになりました。

実は。

私は今回は海の幸よりも温泉に行きたかったので。
万々歳(笑)

越後下関駅近くには,
道の駅に併設されている温泉
桂の関温泉ゆ〜む」があるのです。

駅からは徒歩10分ほど。
しかし,この辺りはそれなりに田舎なので^^;
途中の道,かなり暗い(汗)
一人だとちょっと行けませんでしたね。

でも温泉自体はとても良かったです。
まだ新しくてきれいだったし,
シャンプーやボディソープ,ドライヤーも備え付けられています。
これで料金は500円と良心的。

泉質はナトリウム・カルシウム硫酸塩温泉。
掛け流し等ではないようですが,
ゆっくりできる温泉でした。

気持ちよ〜くさっぱりして,
メイクも潔くすっぱり落としてしまって,スッキリ。
(このあとバス車中泊ですから)

再び暗い中を歩いて駅へ。

20:21発の新潟行の「快速べにはな」に乗り,
21:21,新潟駅到着です。

バスの時間は22:15発,
10分前集合なので,22時にはバス乗り場に着いておきたいところ。

問題は晩ごはん,食べないわけにもいかないし。

旦那さんがかなり海鮮にこだわっていたので
駅改札を出てすぐの回転ずしのお店ならいけるかも?
ということで,ダッシュしてみると,
既に閉店(笑)

お隣のラーメン屋さんで夕食となりました。

今回は海の幸には縁がなかったみたいです。

実は旦那さん,出発前にちょっとお腹壊し気味だったんですよね。
もともと調子悪い上に疲れているところに海鮮だと,
もしかしたら当たっていたかもしれないし。
(うちの旦那さんは当たりやすい)

食べられなくて良かったんだと思います。
(でも今でも海鮮食べたいと言ってます^^;)

さくさくっとラーメン食べて,
お土産に地ビールも買って,
バス乗り場行って,すんなりバスに乗りました。

バスはきっちり定刻運行で,
早朝5時前に新宿到着。
初体験の弾丸ツアーは無事終了しました。

うん,意外といけるもんだなーと思いましたね。

私より旦那さんが意外と平気だということがわかって
良い経験になりました。

今後は,往復バス,現地でお得きっぷ…
なパターンが増えるかもしれません。

旅のバリエーションが広がりました♪

 *おわり*




posted by 香歩 at 19:30| Comment(0) | 旅行風水:実践編【北方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

弾丸ツアーで秋堪能【阿賀の里編】

さて,張り切って東下条駅で下車。

東下条駅


ここから道の駅阿賀の里までは徒歩20分ほどです。

結構距離があるけど,
道は国道49号線沿いに行けばいいのでわかりやすいし,
お天気が良く気分いいから,るんるん歩けます。

道の駅手前の橋から。

阿賀野川


うーん,このあたりはだいぶ落葉していて
ちょっと残念だけど,
でも川は広くて気持ちよさそうです。

道の駅が見えてきました。

道の駅阿賀の里


ん…? 何か黄色と青の大きなものがあるけど,アレは…?

阿賀の里になにかいる


どーん!!

ふなっしー???

やっぱり,このひと 梨でした!!

え,でも,なんで?
千葉のキャラクターがなんで新潟にいるの?
(しかも大きな顔して)

なんか関係あるの?
ていうか,許可とってる…よね??
(なんか全体的に,バッタもん臭い…)

しかもこれ,可動式?

可動式?


不思議に思ってネットで調べてみても,
「なんでここに?」「著作権大丈夫?」
という書き込みはあっても,
経緯とか書いてあるページないんだけども…
ほんとに大丈夫かいな^^;

まあ,とりあえずこれが目的じゃないんで,
遊覧船の受付へ。

受付前でお兄さんに,
「次は12時に出るんで,10分くらい前に来て下さい」と言われ
売店をぶらぶら。

時間になったので,船の受付に行ってみると,今度は
「早く出ることになったので早く受付して下さい」とな(-_-;)

この時点でちょ〜っと嫌な感じがしてたんですが,
チケット売りのおじさんの態度がもう一つ酷かった💦

ものすご〜い無愛想で,
さらに,「クーポン券持ってます」と,
あらかじめスマホで取った100円引きクーポンを見せようとすると
見もしないで「使えません」と。

ちゃんと有効期限も書いてあるのに?
じゃあなんでそんなチケット,ネットにあげてんのよ?

別に100円くらい引いてもらえなくてもいいけどさ。
理由も言わないしあまりにも感じが悪かった。
この時点でかなりムカついてたんですが,
おじさんから出ている

さっさと行けボケ

というオーラに押され,
揉めるのが苦手な私は仕方なく船へ。

船はシニアの団体様でいっぱいでした。

テンションだだ下がりだったけど,
とにかく船からの景色を楽しもうと,窓の外に集中。

阿賀野川 船上より1

阿賀野川 船上より2


しかし…

この船は本来冬季に出る雪見舟の周遊コースなんです。
本来は,10キロ程を降りてくるライン下りの舟があるんですが
現在運航できなくなっているとのことで,
比較的狭い範囲内を周遊するこのコースに切り替えているんです。

冬場の,雪を被った水墨画のような風景…というのが売りなようで,
この時期だとコレといった見どころがないらしく…
しかも,乗船中のほぼ半分は
太陽光がモロ目に入ってほとんど外の景色が見えないという状態に(笑)

ガイドさんは頑張っておられ,トークも軽妙なんですが,
見どころの案内などはほとんどなく…

そして約40分のコースということでしたが,
30分足らずで終了。

降りたらすぐに,次の団体さんが乗ってこられました。
どうも,団体さんを早く回したかった感じです。

ちょっと,期待しすぎていたようです。

ものすごーく,がっかり…
ものすごーく,残念…

まあ,二度と来るかわからない単独の観光客よりも
大勢で来てまとまったお金を落としてくれる団体様を
優先したいという経営側の気持ちはわかります。

いろいろタイミング悪かったようですね。

で,こんなにテンション下がったら,即帰りたいところですが,
次の電車は15:19発しかないので(-_-;)

とりあえずお昼は食べましょう,ということで
評判良さげな「仙人坊」というお蕎麦屋さんへ。

ちょうどお昼時なので結構混んでいましたが,
片づけるのでお待ちくださいとのこと。

待っている間,祈るような気持ちでした。
どうか対応が悪くありませんように,
食事が不味くありませんように,と(笑)

これ以上気分悪くなりたくない^^;
せめてちょっといい思い出をもって帰りたい。
…と,写真を撮るのも忘れるほど気を揉んでいました(笑)

ホールは女性一人で回しておられたので
待ち時間は結構長かったですが,対応は普通でしたし,
注文した天ざるそばは美味しかったです!

天ぷらが冷めていたらどーしよーと思っていましたが,
ちゃんと温かかったし,お野菜が甘くて美味しかったです。
混んでいても,蕎麦湯を持ってきて下さるタイミングも良かったし。

ほんっとーにほっとしました

食事を終えて,売店の方をぶらぶらと。
そしたら,お酒コーナーで,
さっきまでなかった商品(多分)を並べているじゃないですか。

地元阿賀野市の酒蔵「白龍」の季節限定品だそうです。

お車でなければ試飲どうですか?と言われ,
吟醸しぼりたて生原酒をいただいたところ…

うまっっ!!

続けてにごり酒も試飲させていただきましたが,
こっちもうま〜〜い!
どちらも4合瓶で1350円と,お手頃です。

もともと今回は買い物は控えようと思っていたんですが…

周遊船で下がりすぎたテンションを持ち直したい!
これはもう,欲しいもの買って発散するしかない!

ということで,生原酒の方を購入しました。
「白龍」吟醸生原酒


それからお菓子と。コレと。
コスプレふなっしートキ
(入り口ででかいのと遭遇してしまったので…)


コシヒカリアイスも。
CIMG5130 (800x600).jpg
(お米味ではないですが,米粒らしきもの入ってました)


ご飯食べて,お買い物して,まだ時間はあったんだけど,
もうあらかた見てしまったし,
時間つぶすのもしんどいんで,
14:30発津川行きの電車でもう一度津川に行き,
14:57津川発の電車で折り返してきて
(これが15:19東下条発です)
ゆっくり座って車窓の景色をもう一度楽しもうということになり,
予定より早く駅に向かいました。

美味しいお蕎麦とお酒のおかげで,
随分気分も持ち直しました。

結局,得をしたのは「阿賀の里」ですね(笑)
船に乗って,ご飯食べて,お土産買って,
結構お金使ってきましたから。

はっ!!

まさかこれ,

ツンデレ商法!?

一度がーっとテンションを下げさせておいて,
後から良いものを出して,
気分を持ち直すために買わずにはいられなくさせる…


いやいや^^;

そもそも車で来てたら,船降りた時点で即行帰ってますからね。
そして多分二度と来ない。

なにはともあれ,この辺りの景色はよかったし

二本杉,じゃなくて銀杏
(杉が間違って紅葉した…ようにも見える銀杏の木)


帰り道は結構笑いながら帰れました。

ふたたび東下条駅へ。
このすーっと伸びる単線の線路,旅情ありますなー
東下条駅ホーム


14:30の津川行に乗車。
14:52,再びオコジロウのいる津川駅に到着。
この電車が折り返しで14:57発の新潟行になります。

この時間帯の方が,車窓の景色はクリアに見えました。

阿賀野川3


ここで川が2手に分かれます。
この分岐点辺りがとても良い眺めです。
阿賀野川 分岐点


山側の景色も綺麗でした。
山側の景色


川に山と空がはっきり映っています。
阿賀野川2

赤い橋もくっきり。
川に映る橋


再度車窓の景色を堪能して,新津駅に向かいました。

 *つづく*

posted by 香歩 at 17:21| Comment(0) | 旅行風水:実践編【北方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

弾丸ツアーで秋堪能【磐越西線編】

磐越西線は,新潟県の新津駅と福島県の郡山駅を結ぶ路線です。
(新潟〜新津間は信越本線となります)

磐越西線は,馬下駅から福島の山都駅までの間,
阿賀野川沿いを,時々離れつつもかなり長い間走ります。
今回は,列車の車窓から,阿賀野川沿いの紅葉を
楽しもうと考えました。

阿賀野川で遊覧船に乗ることもできるのですが,
時間がどうもうまく合わなくて。

また,今は阿賀野川下りのできる船は休止していて
一部を周遊する船だけなので,
無理して時間をつくるほどでもないかなあと思ったので。

えちごワンデーパスが使える範囲内で快速の止まる鹿瀬駅までいき,
そこから折り返して越後下関まで行く予定にしていました。

「快速あがの」は,新潟駅始発で,会津若松駅まで走ります。

新潟から鹿瀬までは1時間10分ほどですが,
普通電車なら直通で1時間20分,
新津で乗り換えになると1時間30分ほどかかります。

「あがの」は片側が2人掛け,片側が1人掛けのボックスシートでした。
1日1本しかない快速なので,
混むかな?と思ったのですがそうでもなく,
余裕でボックスシートを2人で使えました。

磐越西線は何度か阿賀野川を渡るので,
どちら側に座ってもある程度景色は楽しめますが,
川に近く眺めのいい三川〜鹿瀬間は
会津若松に向かって右側のシートがおすすめです。

まだ朝もやがかかっていますね。
阿賀野川1


これなんでしょう?水門?
阿賀野川2


9:33,鹿瀬到着です。

CIMG5067 (800x600).jpg


快速は停車するも,無人駅です。

駅舎はなく,待合室には寝具屋さんが隣接しています。
というか,一体化しています。
多分,寝具屋さんが管理しているんだと思われます。

とりたてて何もなさそうな駅だったんですが…

ちょっと,川沿いに行ってみますと…

鹿瀬の吊橋


おお,なんか,いい感じ!!

山が色づいていて,赤い吊橋も印象的です。

この橋は渡れるのかな?
近づいてみました。

鹿瀬・赤い吊橋


赤い吊橋は歩行者専用のよう。

足元がこんな金網なんですが…
吊橋の足元1


下見ると,こわっ!!
吊橋の足元2


でも,橋からの眺めもいい感じです!
これはまったく予想外の嬉しい収穫でした。

鹿瀬の風景


お隣の白い橋は車専用でしょうか。
赤い吊橋から見た白い橋


あー,山が,赤く染まっています。

鹿瀬の風景2


つり橋の対岸には公共施設らしきものがありました。
街路樹も綺麗に染まっています。

施設と紅葉の木々


お隣の白い橋に行ってみると,
ここにもちゃんと歩道があったので,渡ってみることに。

白い橋から見た赤い橋。
白い橋から見た赤い吊橋


そして紅葉した里山。
綺麗だなー。嬉しいな〜^^

白い橋を渡って,元来た道に戻ります。
すると,目の前に気になる木,発見。

鹿瀬の気になる木


さらに奥に銀杏も見えたので,足元まで行ってみました。

鹿瀬の銀杏


鹿瀬滞在,わずか40分足らずでしたが,
とても綺麗なところでした。
この景色,もっとアピールしてもいいと思う!

鹿瀬駅に戻り,10:08の新津行きに乗車します。

鹿瀬から2つ戻った津川駅で,停車時間が長かったので,
駅に降りてみたところ…

かわいいの,発見!!👀

津川駅のオコジロウ君とお家


オコジロウ君だそうです。
待合室,超可愛い。

ちなみに気になるお家(待合室)の中は…

オコジロウ家の中


これもかーわーいー

オコジロウは磐越西線を走る,
「SLばんえつ物語」のキャラクターだそうで,
なんと彼女(オコミちゃん)がいるそうですよ。
ほほえましいですね〜^^

お見送りオコジロウ君


ちゃんとリュック背負って,旅仕様です。
(後姿はお見送りしてるみたいですね)

さて,列車の発車時間となり,
再び車窓を楽しみます。

この後は,11:33に新津に着いて,
信越本線に乗り換え,
越後下関を目指す予定だったのですが…

「これ,川から見たらすごいやろうな〜」

という旦那さんの一言で,予定が一変。

紅葉もいい感じ。お天気もいい。
こんな条件のいいときに,また来れるかわからない!

ということで。

やっぱり阿賀野川で船に乗ることに急遽予定変更。

10:56に東下条駅で降りて,
道の駅「阿賀の里」に行き遊覧船に乗船。
そして15:19の新潟行に乗り,
新津で降りて羽越本線・米坂線に乗り,
18:16越後下関下車。

もし乗れたら18:17の坂町行きで即行折り返し,
20:01新潟着。(温泉は省略)

無理ならやっぱり温泉に入って,
越後下関20:21の列車に乗って,
21:21新潟着。(夕食は簡単に)

というプランに切り替えました。

ワクワクしながら東下条駅で降りました。

 *つづく*





posted by 香歩 at 17:52| Comment(0) | 旅行風水:実践編【北方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

弾丸ツアーで秋堪能【弥彦公園編】

先週半ば,旦那さんがたまたま三連休になりました。
お休みが続いて,お天気も悪くないとなると
3日間も家に籠ってはいられない私たち…

そうはいっても,先月旅行に行っているので
そう何回も宿泊旅行に行くのはキビシイ…

そんなことを考えている折,
ネットで格安高速バスの広告を見つけました。

そうか,往復夜行バスを使えば,
早朝から深夜まで丸一日遊べるやん?
出発日と帰宅日にゆっくりできれば,
そんなに体力も消耗しないし…

そのうえ。
今度のお正月は旦那さん実家に帰省する予定なのですが,
復路は夜行バスを使おうかと考えているのです。
夜行バスに乗ったことがない旦那さんに,
夜行バスの旅はどういうものか,
体験してもらうこともできます。
(ちょっとバス酔いすることもあるらしいので)

広告で見た格安チケットはとれなかったけど,
方位や時間,費用,紅葉具合などを勘案して,
行先は新潟に決定しました。

東京→新潟って,片道2000円とかで行けるんですね。
びっくりです。

で,肝心の旅プランです。

時期的に,まだ紅葉がなんとか見られそうなので
紅葉の綺麗なところを回ろうかと。

電車で回りやすそうなところをと考えて,
弥彦公園,加茂公園,阿賀野川などをピックアップ。
さらに旦那さんの希望で,
コロプラのお土産がとれる越後下関へも。
最後は新潟駅近くの居酒屋で海の幸を食べて終了。
と大雑把に行先を絞りました。

夜行バスは大体どの便も朝6時前後に新潟駅に到着します。
でも,6時に新潟駅についても,その後の移動は
8時過ぎ出発などになることが多く,どうも時間が無駄になります。

そこで,燕三条で下車して,そこからまず弥彦公園へ。
そして電車を乗り継いで磐越西線で阿賀野川沿岸をみて。
最後に越後下関に行き,駅近くの温泉に入り,
20時頃新潟駅に戻って夕食を食べ,22:15の夜行バスに乗車。

という計画を立てました。

 *   *   *

出発日は深夜23:45東京発の新潟行に乗りました。
(東京→燕三条で2000円でした)

夜行バス,私はやっぱりほとんど眠れなかったけど,
旦那さんは意外と寝てました。
トイレのついていない車両でしたが,
休憩中もトイレにも行かなかったし。

深夜バス,意外と大丈夫みたいです^^;
(私のほうが弱いかも…)

早朝5:20,燕三条駅に到着しました。

ここからは,えちごワンデーパス(1540円)を使います。

えちごワンデーパス


「えちごワンデーパス」は,
指定エリアが乗り放題のほか,
特急券を購入すれば新幹線にも特急にも乗れるのが嬉しい。

電車の時間まで待ち時間が約1時間あったので,
コンビニで朝ご飯を買い,
駅のベンチで朝食を食べ,トイレでお化粧をして,
ワンデーパスと,後で利用する新幹線の自由席特急券を買って,
準備を整えました。

そして6:15,燕三条駅出発。

夜明け前の燕三条駅


空はぼちぼち薄っすら明けてきたところ。

早朝から登校する学生が結構います。
遠距離通学か部活動か,補習でしょうか。
頑張るなー

この便は弥彦駅行きだったので乗り換えなし。
(吉田で乗り換える場合がほとんどです)
6:35,弥彦駅に到着しました。

弥彦公園は駅を出てすぐ左手。
徒歩1分とありますが,本当にすぐです。
入場無料,24時間開園しています。
今年は11/24日までライトアップもしているそうです。

入り口には紅葉と菊が。

弥彦公園入口


ちょっとピークが過ぎていますが,
まだまだ綺麗です。

弥彦公園1

弥彦公園2

弥彦公園3


園内はお散歩の人がちらほらといるだけで,静かです。
ゆっくりのんびり,紅葉観賞。

弥彦公園4

弥彦公園5


まだ7時前ですから,朝日が眩しい。

弥彦公園6


真っ赤を通り越して茶色くなりつつあるものも多い中
弥彦公園7


場所によってはまだ真緑の木も…
弥彦公園8


公園内,ぶらぶら歩いて30〜40分くらいで回れる感じです。
7:26発の電車で戻るので,ちょうどいい感じでした。

ちなみに,弥彦神社では11/1〜24の間,
菊まつりが行われています。
参拝を兼ねて行こうかとも考えたのですが,
弥彦線も本数が少なく,
ここであまり時間をとると他が回れなくなるので,
弥彦公園だけに絞りました。

…が,まだちょっと時間があったので。
地図に書かれていた大銀杏を見に行きました。

大銀杏


朝日に照らされて金色ー!
なんだか金運上がりそうですね^^

そして弥彦駅へ戻ります。

7:26発の電車に乗り,吉田駅で乗り換えて,
7:53燕三条に到着。

ここから,なんと(珍しく)新幹線に乗ります!(1駅だけ)

7:59発で新潟まで(特急料金:自由席で860円)。
8:12新潟着。
8:24発の信越・磐越西線を走る「快速あがの」に乗車しました。

 *つづく*






posted by 香歩 at 11:35| Comment(0) | 旅行風水:実践編【北方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

秋だな〜

今年は秋の到来は早かったですが,
そのまま過ごしやすい期間が続いている感じがします。

もう11月半ばということで,
そろそろ来年の準備が気になるところです。

今週末は幽竹さんの旅行風水セミナーですが…

今年は行かないことにしました^^;

去年の感じからすると,
情報はほぼ旅行風水サイトで解禁されるみたいだし…

なにより最近は,
旅行では方位だけはきっちり押さえますが,
それ以外は風水よりも旅そのものが優先になってきて。
あまり旅先での開運行動を意識しなくなってきたので。

A・Bの2つの宿でまったく条件が同じだったら
最終的に風水的ポイントの高い方を選ぶかな…
という程度にしか参考にしなくなってきました。

基本的なことなら,
旅行風水本とサイトで大体わかるし。

また,しっかり突き詰めたいと思ったら
来年以降,行くことがあるかもしれませんが,
今年は見送ることに決めました。

開運風水セミナーの方も,
気づけばバイトが入っていました💦
(すっかり忘れていて入れちゃってた…)

今年は風水セミナーにはご縁がなかったみたいです。

来年以降また,「行きたい!」という気持ちが
わくわくと盛り上がったら,
参加したいとと思います。

posted by 香歩 at 21:33| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

朝はやっぱり気持ちいい

いつも午後出勤の旦那さんが,
今日は珍しく朝から出勤だったので
今日は久々に朝から掃除機をかけました^^

午後出勤だと帰宅も夜遅くだから,
どうしてもいつも昼前まで寝てるし,
なかなか朝から掃除機はかけられなかったんです。

そのまま勢いで,重曹と塩を入れた水で雑巾がけして,
寝室とリビングのお香での浄化もしてしまいました。

やっぱり朝から掃除ができると気持ちいいですね〜
今日は朝からお天気も良かったし。
最高のお掃除お洗濯日和でした

気分すっきり
posted by 香歩 at 16:35| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

秋の東北・日本海沿岸南下の旅【新潟編】

なんか,タイトルから逸脱して信越入りしてますが^^;

ご容赦くださいませ。


さて,ずっと日本海沿岸を下ってきてこの旅も,
いよいよ新潟で締めくくり。
ここからは内陸に入り,日本列島を横断して,
大宮まで戻ります。

…が,その前に。
せっかくだから,最後に新潟にて
日本海の海の幸を堪能して帰る計画です。

新潟に到着しまして。
とりあえずホテルにチェックイン。

新潟でのホテルは,駅直結のホテルメッツ新潟
最終日は新潟入りがもっと遅くなる可能性もあったので
温泉地はあきらめて,駅近ホテルにしました。

でも駅から近いってやっぱり楽〜^^

このホテルは,まだ新しいし設備もよくって,
スタイリッシュな感じです。

しかも。

ちょっと豪華に,
スーペリアツインをとってしまいました

スーペリアツイン


それもこれも,鶴岡の「ふるさと割」のお陰です(><。)
浮いた予算を別の日の宿泊に回せました。

もともとはリーズナブルに済ませようかと思っていたんですが,

最終日だしー
疲れてるしー
最後の宿がいまいちだとしょんぼりだよねー

といろいろ自分に言い訳して(笑)
ちょっとランクアップしてしまいました^^

お風呂とトイレも別だし。
お風呂はバスタブの外にシャワーがあるし。
洗面台も広いし。
ベッドは広々だしテレビは大きいし。
やっぱり,良い部屋だと気分が違います

ここは,3階に「ぽんしゅ館」という,
利き酒ができて新潟の美味しい物を売っているお店もあり,
かなり楽しめましたよ♪

ビジホなんで夕食はなし(朝食のみのプラン)なので
晩ごはんは近くの居酒屋で。

食べログで評判が良くて,
駅からも至近だった「葱ぼうず」さんで夕食。

カメラ忘れて行って,写真がとれなかったです💦

でも,さすが人気店だけあって,美味しかったです。
お造り盛合せやハタの食べ比べなんかの海の幸はもちろん,
きのこの天ぷら盛り合わせやおぼろ豆腐などの山の幸,
「嵩村桂」なる純米吟醸酒,
新潟の美味しいものを,お腹いっぱいいただきました。

ただちょっと賑やかで落ち着かない💦
店員さんも若い人多くて,活気はあるんだけどね。
あと,ボリュームが結構すごかった。
3〜4人で行ってちょうどいいよね,みたいな。

ここで,年末までの割引券もらったんやけど…
使えるやろか^^;
(新潟が超お気に入りの旦那さんは使いたそうだが…)


翌朝

今日は急ぐ用事がないのでゆっくり起きて,
8時頃から朝ご飯に行きました。

朝ご飯は1階の居酒屋「魚沼釜蔵」でバイキング。

ごはんは新潟のコシヒカリってことで,
ごはんに合う和食のおかずがいっぱい。
洋食もあったけど,ここではやっぱりご飯でしょ。

さすがにご飯,美味しかった〜
またしても朝からお腹いっぱい。

部屋に戻って一部の荷物を送る手配をして,
のんびり,10時すぎにチェックアウトしました。

荷物を預かってもらって,市内観光に出かけます!


新潟はなんだかんだで今年3回目。

1回目は3月に村上の町家雛めぐりを見に。
2回目は8月の長岡の花火大会。
そんで今回3回目は,脚を伸ばす時間はないので
新潟市内をちょろっと見てみることにしました。

朱鷺メッセ方面行のバスに乗り…

朱鷺メッセ


向かったのは朱鷺メッセの

Befcoばかうけ展望台です!!!

この思い切った名前がすごくいいですよね^^

もともと「朱鷺メッセ展望台」だったそうですが,
ネーミングライツでこの名前になったそうです。

名前のとおり,「ばかうけ」の限定商品なども売ってます。

すっごいおしゃれな展望ルームです。

高さ125m,市内で一番高い建物だそうで,
ぐる〜り市内が見渡せます!

展望台より4

展望台より1


海の向こうに薄っすら見える島は佐渡島。
展望台より2


4日間,毎日見ていた日本海も,
これでしばし見納めです。
展望台より3


こちらはスカイラウンジパノラマ。

スカイラウンジパノラマ


ここでは,「ばかうけソフト」なるものが食べられます。

安田ピュアソフトクリームにばかうけが刺さっている💦

ばかうけソフト


ちなみにかかっているソースはチョコレートではなく,
甘辛い醤油味。みたらしだんごのタレみたいな。
ばかうけはチーズ味です。

ソフトが濃厚で,タレとも合いますよ。美味しい。
しかも,ばかうけは刺さっているだけでなく,
底にも敷いてあるんです!
ひんやり,ちょっとしっとりしてます。

うーん,遊び心がいいわ〜

地上に降りて,近辺をお散歩。

遊歩道

整列するボート


ここでも街路樹が水分色づいています。

オブジェがありました。

朱鷺メッセとオブジェ


どうみても米だろうと思ったのですが,
「天秘」というタイトルがついていました。

川を渡って,新潟市歴史博物館みなとぴあまで歩きました。
(外から見ただけ)

新潟市歴史博物館


この辺りは絶好のお散歩コースですね。

川沿いに,なにやらオブジェ発見。

What's NIIGATA


What's NIIGATA

新潟出身の漫画化・小林まことさんの
「What's michael?」にかけてるんですね。

マイケルが…


巨大マイケルと握手できます。

対岸から見た朱鷺メッセ


対岸に見える朱鷺メッセ,かっこいい。

ぶらぶら散歩しているうちに,お昼の時間になったので。
ピアBandaiまで歩いて,こちらでご飯。

回転寿司 佐渡弁慶


回転寿司「佐渡弁慶」さん。有名店です。

実は3月にも,村上の帰りに立ち寄ったんですが,
待っている人が多くて入れなかった…
今回,リベンジしようと,時間に余裕をもってきました。

3組ほど待っていたけど,
さすが回転寿司だけあって回転が早く,
すぐ席に着けました。

ここでも,混んでいたのと写真とる雰囲気じゃなくて…💦

お値段130円から,高くても518円で,
思ったよりリーズナブルでした。

大トロやノドグロの炙りなどの518円ものはもちろん,
130円の天然ブリやサーモンなども,美味しい♪

赤エビ,うに,とびっこ,大トロたたきなど,
あんまりお腹は空いていなかったのに,
次々食べてしまいました。

は〜,満足満腹です。

あとはもう,そんなに時間も残っていなかったので。

ピアbandaiのお店を少し覗いて,
またバスで新潟駅に戻り。
最後のお土産を買いこんで,
ホテルで荷物を受け取って,
15:22の信越本線に乗り,帰途に着きました。

新潟のお米,海の幸,お酒,(とばかうけ)
しっっっかり,楽しめました!

帰りも普通電車利用なので乗継は多いんですが,
意外と接続がいいいので,
6時間弱で大宮まで着いちゃうんですよね。

長岡からの(正確には宮内からの)上越線は
ちょうど学生の帰宅時間に重なったのでちょっと混みましたが,
30分もすると空いてきて,余裕で座れました。

お気に入りの上越線の景色を見ながらうとうとして。
すでに真っ暗な水上駅で乗り換え。
高崎駅での乗り換えもスムーズで。

トラブルなく大宮駅まで戻ってくることができました。

一度やってみたかった,毎日列車を乗り継ぐ旅。
一箇所一箇所での滞在時間は短くなってしまったけど,
いろいろ,面白い物が見られたし,
だいたいの地理的な感覚はつかめたし,
また今度行きたいところ,というのがたくさんできました。

そして,延々続いてきた今回の旅話も
これで終了です。

長々とお付合い,ありがとうございました!

(それにしてもここまで着いてきてくれた人…
いるんだろうか💦)

 *おわり*

posted by 香歩 at 21:50| Comment(2) | 旅行風水:実践編【北方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。