2015年05月31日

六白金星の浄化デー

2015年版 李家幽竹の六白金星』によると,
今日は六白金星の大ラッキーデイ。
自然の中で浄化すると良い日だということ。

時間的に遠出は無理だったし,
最近まで天気も悪ような予想が出ていたので
諦めようかな〜と思っていたのですが,
予想外の好天だったし,近場でもいいから
とりあえず出かけてみようかな,ということで
近場で緑の多い神社に行ってみました。

本当はもっとがっつり森の中や山の中にいくのがいいんでしょうがあせあせ(飛び散る汗)

居心地の良い神社でゆっくり過ごして,
お水取りもして,お塩もいただいて,
気持ち良く過ごさせていただきました。

帰ってからは,いただいたお水で緑茶をいれて飲み,
中禅寺でいただいてきたお香を焚いて,室内を浄化。
さらに夜は塩を入れたお風呂に入りました。

お湯に浸かっていると,ふわ〜っとなんだか体が軽くなった感覚で。
最近ちょっと気分的にもちょっと停滞気味だったのが,
かなりすっきりしましたわーい(嬉しい顔)



posted by 香歩 at 23:29| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

うわわわわ 当たった…( ̄□ ̄;)

毎年夏に行われる,荒川静香さんプロデュースのアイスショー,
「フレンズ オン アイス」。

毎年チケット争奪戦が激しいのですが,
ダメもとで参戦したところ…

当選しましたーーー!!(T▽T)!!

しかも,2公演あせあせ(飛び散る汗) ^^;

このショーは,他のアイスショーとはちょっと違う,
個性的な演出とか特別なコラボが見られたりするので
フィギュアスケートファンの人気は高いのです。

会場も狭いので,チケット獲得難易度は最高レベルで高い,
スケオタ泣かせのショーなのです。

でも,今年は高橋大輔君が出なさそう,ということで,
多少取りやすくなるのではないか…と思っていましたが,
まさか2公演とも当選するとはあせあせ(飛び散る汗)
(嬉しいけどアイスショーはチケット高いので,ちょっとフクザツ…^^;)

うん,でも,こういうのも経験よね!
しかも1回は千秋楽だし!!!
行かなきゃもったいない!!!!!

シェイリーン・ボーンとかスルツカヤとか,
日本では他のショーではなかなか見られないキャストだし,
佐藤有香さんや本田武史さんを生で見るのも初めてだし,
もちろん安藤美姫さんは出るし!

うわ〜い,テンション上がってきた〜〜〜!!

その前に,今週末は幕張にて,
「ファンタジー オン アイス」を見てきます^^
こっちは旦那さんと一緒。
こちらはランビエルにバトルにジュベールに,
プル様にフェルナンデス君にと,
海外男子イケメンスケーター大集結ですよハートたち(複数ハート)

ゴールドメダリスト羽生君に,期待の星・宇野昌磨君,
個人的に今一番注目している女子・樋口新葉ちゃんにと,
若手もすごい充実度!

こちらも,気づいたらチケット完売してて諦めてたんだけど,
たまたまローチケを覗いた時に,
戻りチケットが出たのか少しチケットが出ていて,
S席だけどゲットできました。

今年はアイスショー運はついているようです(笑)

posted by 香歩 at 18:41| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

グレードアップ♪

先日,アパートの給湯器の交換がありました。

冬場に一度故障して,その後様子見していたようですが,
ようやく本体からの全とっかえになりまして。

「外付けの給湯器替えるだけでしょ?」と思っていたら,
室内のリモコンも取り換えになり…

なんと,全体的に設備がグレードアップしました♪

今までは,浴槽にお湯を溜めるときは,
普通に蛇口からお湯を出してたんだけど,
今回の工事で風呂釜のフィルターから
直接お湯が出てくるようになりました。

今まで設備の古いマンションンに住むことが多かったんで,
初めて見たんでビックリ(笑)

リモコンも使い勝手がよくなって,
予約や自動お湯張りの使い方もわかったし,
お風呂がワンランクアップ!って感じですわーい(嬉しい顔)

賃貸住宅は設備に不満があっても自分でいじれないけど,
たまにこういう予想外のグレードアップがあるので
(しかも自分の負担はまったくない)
嬉しいですね。

posted by 香歩 at 10:23| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

三合法が完成!

2013年秋に千葉に引越して以来,
初めての三合法が完成しました!

辰(東東南),子(北),申(西南西)で三合水局です。

引っ越して,一からやり直しになったので,
三合法が完成したのは久々わーい(嬉しい顔)

しかも全方位で旅行月が絡んでいるので
結構強力な気がするんだけど,どうなんだろう?^^;




posted by 香歩 at 08:56| Comment(0) | 旅行風水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

新調しました♪

先日,キッチンマットを新調しました。

キッチンマット


おなじみベルメゾンの,幽竹さん監修アイテム。
綿100%のキッチンマットです。

これ,実は去年のデザインなんですが…
我が家のキッチンは東南だし,
今年のデザインのものよりもこちらのほうが
合うような気がしたので,選びました。
今はもう買えなくなっているから,
結構ぎりぎりだったみたいですが^^;

でもこれ,前のよりも裏の滑り止めがしっかりしている気がします。
進歩してるんですね〜

ちなみに。

風水では東南のキッチンは大吉といいますが…

そうかもしれない,と感じている今日この頃です。

東南のキッチンは初めてですが,
ここに住むようになってから,
派手に幸運が降ってくるわけではないにしても,
なんだか物事がうまくいっている気がします。

今後の部屋選びにも,結構大きなポイントになるかも。


posted by 香歩 at 17:44| Comment(0) | インテリア風水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

旅行月の締めは初物づくし

本日より月替わりで,旅行月,終わりましたね〜^^

地域によるとは思うんですが,
結構天候には恵まれた旅行月だったんじゃないかと思います。
関東は,最初の十倍日は大荒れでしたけどね^^;

結局,旅行月は4回,お出かけできました。

北方位に2回,東南方位に2回。
各方位,それぞれ1回は十倍日に合わせられました。
南はそれ以前にもちょこちょこ行っているので,今回は見送り。

旅話は日光しか書けていませんが,
今月はもう遠出をする予定がないので,
ぼちぼち,気まぐれに書いていきたいと思っています。
でも,とりあえず昨日のネタだけは新しいうちに。

 *  *  *
 
旅行月最終日の昨日は,
時間的にも体力的にも経済的にもあまりゆとりがなかったので,
近場のパワスポと温泉で過ごすことにしました。

行かなくてもいいかな,とも思ったけど,
やっぱりせっかくの十倍日ですしねわーい(嬉しい顔)

ひさびさに旦那さんを置いてけぼりの一人旅。
でも,午後出勤の旦那さんのために,
朝食とお弁当の準備をしてから出かけました。
その分ゆっくり目に,9時に出発。

3時間ほどかけて,上総一ノ宮駅に到着です。

こちらで,玉前神社に参拝しました。
以前から気になってはいたものの,
ずっと東南が凶方位だったので行けませんでしたが,
今年からようやく参拝できるようになりました。

駅に着くと,何となく私と似た雰囲気の女性が数人。
向かう方向がおんなじです(笑)
駅に向かってくる女性もなんとなく通じるものが(笑)

風水以外でも,有名なパワースポットなんですね。

玉前神社


こじんまりとした可愛い神社という印象でした。

やっぱり縁結びの神社だからなのか,
女性のグループや一人の方が多いですね。

御祭神は玉依姫命で,ウガヤフキアエズノミコトの妻,
というより神武天皇の御母堂という方がなじみが深いですね。
ということは,宮崎県の鵜戸神宮にある乳岩の乳は
この方のものとなります。
あ,なんかスッキリ。
母性の象徴のような方なのですね。
だから縁結び,子授けの神様なのかな。

「はだしの道」も歩いてみました。

はだしの道


道よりも,なんかこの塚のようなものは何なんだろうと
そちらの方が気になって(笑)

何だか穏やかな,優しい気持ちになれる場所でした。

ランチは,下調べしていたイタリアンのお店BARN'Sさんへ。

ランチセットで,サザエのトマトソースパスタをいただきました。
写真撮影NGだったので,お料理の写真は撮れませんでした。
でも,NGとはっきり書いてくださっているので,
「いいのかな?」と考えなくていいから,スッキリします。

セットにはサラダとコーヒーがつきます。
サラダは大きなプレートに何種類もの野菜が少しづつ乗っていて,
(茹でたもの素揚げしたもの和えたものマリネしたもの等々)
面白かったし美味しかったです。
パスタも,サザエのソースは初めて食べましたが,
こりこりと歯ごたえも良くて,酸味抑え目のソースで食べやすい。
パスタ+トマトソース+シーフードで
東南の開運フード,完璧ですぴかぴか(新しい)

とてもおしゃれな店内で,素敵なお店です。
玉前神社から歩くと15分くらいかかりますが,おススメです。

そしてまた,駅まで歩きます。

そこそこ距離がありますが,
あちこちで綺麗に花が咲いていて,お散歩気分。
良い季節ですわーい(嬉しい顔)

CIMG4221 (800x600).jpg

CIMG4223 (800x600).jpg

CIMG4225 (800x600).jpg


そして神社前の角八本店さんでお買い物。
名物「いちご大福」と,
フルーツの苦手な旦那さんのために「落花生クリーム大福」,
そして日持ちのしそうなお菓子をちょこっと買いました。

角八本店


本当は「みかん大福」が欲しかったんだけど,すでに完売もうやだ〜(悲しい顔)

でもいちご大福も美味しかった〜黒ハート
「あまおう」は大きくて甘〜い,「完璧な苺」でした!
白あんとの相性ばっちり。

駅に戻り,外房線を少しだけ北に戻って茂原駅で下車。
こちらから,送迎バスに乗って,
スパ&リゾート太陽の里 九十九里浜」に行きました。

太陽の里 九十九里


こちらも初体験の温泉。
土日祝料金で1700円とのことで,ちょっと迷ったのですが^^;
他の温泉というとずっと南の方に行かなきゃならないし,
駅からまた路線バス…というのもしんどいし,
送迎バスがあって設備も良さそうなこちらにしました。

入館して,まず混み具合にビックリ。
靴箱の使用率9割を超えてるんじゃと思うくらい,
空きが少なかったですたらーっ(汗)
子供の日ということで,小学生以下無料だったので,
家族連れがとても多かったみたいです。

受付を済ませて温泉へ。

温泉は,露天の檜風呂と岩風呂だけだそうです。
せっかくの十倍日だから,しっかりと運気吸収したくて,
集中的に温泉のお湯に浸かってみました。

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉とのこと。
炭酸水素塩泉って,関西ではあまり見なかったと思うのですが,
関東には多いですよね。

千葉県の温泉に多い,黒いお湯です。
幽竹さんの『絶対、運が良くなる旅行風水』によれば,
性格美人になれるお湯,ですね。

千葉の温泉は,火山がないので温泉といいつつも冷泉で,
こちらも源泉は16度だそうです。
檜風呂に比べて,岩風呂の方がぬるめで,
のぼせやすい私もゆっくり入っていられました。

人が多くてドライヤーが争奪戦になりそうなので,
余裕を持って上がりましたが,やっぱり少しドライヤー待ちしました。

しかもドライヤーのパワーが弱いあせあせ(飛び散る汗)
冬場じゃないので多少生乾きでも耐えられますが,
冬場だとちゃんと乾かせないと辛いだろうな〜たらーっ(汗)

帰りも送迎バスをお願いしましたが,
まだ時間があったので,館内探検。
お食事処やリラクゼーション関係施設はもちろん,
モニター付きのリクライニングシートが大量に並ぶリラックスルームがあったり,
コミックやゲームのコーナーがあったり,
寝ころび処があったり,
かなり長時間過ごせるようにできてます。

3階の足湯ガーデンに行きそこねたのが残念だったな。
お天気が良かったから海が綺麗だっただろうな。

そしてまた送迎バスで茂原駅まで送っていただきました。

途中でちょこっとお買い物もして,
結局帰り着いたのは9時過ぎでした。
私にしては早めの帰宅。
でも,連休中に終わらせてしまいたい仕事もあるし,
体力的にもちょうど良いお出かけでした。

さて,これでしばらくお出かけはお預けの予定。
5月6月は遠出は自粛気味にして,
7月以降の18きっぷ月間に備えます。
今年は北西に行けるんですよね〜わくわくハートたち(複数ハート)

ありがたいことに,体調の問題もなく,
極端に仕事に追われることもなく,
旅行月の旅を終えることができました。

しっかり運気も吸収したし,リフレッシュもできた!
これからの暑くなる季節,そして2015年後半に向けて,
どんどん進んでいきたいと思いますわーい(嬉しい顔)












posted by 香歩 at 18:47| Comment(2) | 旅行風水:実践編【東南方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

身近だけど異空間・日光満喫【中禅寺湖畔・後編】

長々と書いてまいりました日光紀行ですが,
ようやくこれで最後になります。

中禅寺湖畔で食べたご飯は,湯波の食べ納めよねってことで,
湯波の煮物のついた麺をいただきました。
(若干…食べ飽きた気がしなくもなかったですが^^;)

湯波の煮物付ラーメンセット


そしてここから,腹ごなしも兼ねてちょっと散策。

中禅寺に向かいました。

こちらは立木観音で有名なお寺です。
とても気を惹かれたのでぜひ行きたかったのですが,
立木観音に行くバスは時期が非常に限られていて,
この時はまだ走っていませんでした。

徒歩で行くとなると,ガイド本やサイトによって違いますが,
大体20〜30分くらいかかるようでした。

普段なら余裕で歩ける距離ですが,
ちょっと疲れてもいたしどうしようかな〜,
タクシーでいくか,遊覧船という手もあるか?
と思っていたのですが…

結局,意外と元気が残っていたのと,
お天気が良かったので(ちょっと寒かったけど)
散歩気分で歩くことにしました。

湖畔の一本道なので,迷うこともないし,景色も良いし,
とっても気持ち良く歩けて,思ったほど大変でもなかったです。

中禅寺


そして中禅寺到着。
こちらは輪王寺に属するお寺なのですね。

なんだか,ほんわりとした境内です。
明るくて,優しい感じ。

時間には余裕があったので,ゆっくり歩いて
鐘つきをしたり,「身代わりの瘤」に手を合わせたり,
愛染堂では,旦那さんとのご縁がもっと強くなり,
絆がしっかり結ばれるようにお願いしたり。

なんだか,楽しかったですわーい(嬉しい顔)

そして,本堂で立木観音様にお会いしました。

本堂入り口で,他の参拝の方が集まるまで少し待ちます。
そして,本堂の中へ案内していただきました。

立木観音は本当に穏やかなお顔でした。
暖かい空気がじんわり心の奥に沁みてくるような。

手を合わせていると,涙が出そうになりました。

でもここで泣いたら他の参拝の方に変に思われるあせあせ(飛び散る汗)と思い,
ぐぐっと我慢。

これ,不思議なことに旦那さんも同じだったそうで^^;
後から,「観音様を拝んでたら泣きそうになったわ〜」
と言っていて,びっくりしましたわーい(嬉しい顔)

なんだか,そういう気持ちにさせてくれる,
優しい空気が伝わってくるんでしょうか。

そのあとは五大堂にて,五大明王様にも手を合わせます。

そして,こちらで,「諸願成就守」をいただきました。

中禅寺の諸願成就御守


一年たってもお返ししなくてもよい御守で,
たくさんお願い事をしてください,とのことでした。
ぎゅっと握ってお願い事をすると,色が変わるんですよね。
黄色に変わると願いが叶う,なんて話もあるようですが…

また,この堂内はとても甘く優しい香りが漂っていたのですが,
そのお香「観音香」もいただきました。

五大堂からは眺めも素晴らしいです。

五大堂より望む2

五大堂より望む1


なんだか,体の中から幸せな気持ちでいっぱいになって,
お寺を出ました。

幽竹さんの『李家幽竹 最強龍穴パワースポット』には
「じわじわと体に入り込み,幸福感を与えてくれる」
とありますが,まさしくそんな感覚でした。

中禅寺湖


さあ,中禅寺湖畔での行きたかった所もぜんぶ回れたし,
あとはもう山を降りて日光駅に向かうだけです。

が。その前に。
大事な開運行動を達成できていないのが気になっていました。

それは,ソフトクリームを食べること。
日光に来て以来,ちょっと寒かったこともあって,
まだ食べていなかったんです。

しかもここには,湯波ソフトクリームがあるのです!!
北方位の開運フードの湯波×ソフトクリーム,ある意味最強!!

で。

ばっちりいただきましたが写真を撮り忘れました(^▽^;)あせあせ(飛び散る汗)

でも,美味しかったです^^
ほんと,しっかり湯波の味がして,
豆乳ソフトや豆腐ソフトとはまた違った,湯波味でした!

でも冷えたんで^^;

近くのカフェで暖かいコーヒーをいただきました(笑)
日光名物チーズケーキの「ニルバーナ」をセットに。

ニルバーナとコーヒーのセット


参拝したかったところ,見たかった名所,
食べたかったもの,すべてコンプリート。
さしあたって,思い残すことはありません!

素晴らしかった中禅寺湖畔に別れを告げ,
日光駅に向かうバスに乗りました。

帰りはさすがに疲れていたのか,
もったいないと思いつつ,爆睡たらーっ(汗)

気がついたら,日光山内に戻ってきていました。

帰りはまた東武鉄道ですが,
まだ時間があったので,終点のJR日光駅まで行きました。

日光に来る1か月前くらいに,
テレビでJR日光駅の建築者の話をやっていたんです。

JR日光駅


おしゃれな建物ですよね。
大正元年築らしいです。
最近まで設計者が不明だったらしいのですが,
明石虎雄さんという方が設計したらしいとわかったそうです。

この方,22歳という若さでこの駅を建築されたようです。
すごいですよねたらーっ(汗)
私が22歳のときなんて…(以下略)

駅ポーチの天井には龍の絵。

日光駅の龍の絵


そして,2階はかつて貴賓客用の待合室だったそうです。
その名も「ホワイトルーム」。
当時はきっと,豪華な調度品が置かれていたりしたのかな。

日光駅ホワイトルーム


駅を出て,駅周りをぶらぶら。

この3日間気温が高かったせいか,
来た時より桜が開いているようでした。

駅近くの桜


こちらは地元の方が教えて下さった,
県営だか市営だかの住宅前の桜。満開です。

公営住宅前の桜

桜満開


メインの観光通りの桜も,一昨日より咲いています。

大通りの桜


そして帰りの列車に乗るため,東武日光駅に入ります。
この金色の改札機も,東武日光駅オンリーのものだとか。

東武日光駅の金色改札


駅の桜も,到着時よりは絶対咲いてる!

東武日光駅の桜


そして,帰りの列車はこちら…

スカイツリートレイン

スカイツリートレイン


スカイツリートレインです!
東武日光発,浅草行。
日にち限定,1日1本しか走っていない電車ですが,
偶然乗ることができました。

最後の最後まで,幸運づくしの旅でした。

日光って,何度も来ているし,
観光客が多くていつも混雑している超メジャー観光地,
東照宮,いろは坂,華厳の滝…
そんなイメージしかなかったのに,
今回の旅で,今まで気づかなかった素晴らしさに
たくさん触れることができました。

そして,なんというか,
日光山も,奥日光も含めて,やっぱり,異界。
神の国というか,浄土というか。
やっぱりどこか,私が普段暮らしている世界と違うような。
そんな感じがして仕方ありませんでした。

3日間,異世界に入り込んでしまっていたかのようでした。

この時に感じた幸福感は,驚いたことに今も残っていて,
身体の奥からじんわりと湧き上がってきます。

行って良かったなあ…

そして早くもまた行きたくなっていますあせあせ(飛び散る汗)
来年からはしばらく北が凶方位になってしまうので
年内に1回は行っておきたいところ。

そうだひらめき中禅寺のお守りにお願いすればいいんだ!わーい(嬉しい顔)

そんな感じですっかりはまってしまって,
もう,栃木サイコー!!な余韻を未だに噛みしめている,
本当に良い旅を体験することができました。

本当に本当に長〜い旅レポ,
最初から最後までお付合い下さった方がおられたら,
本当に本当に,ありがとうございましたm(_ _)m

スポット的にちらちらっとお読みになられた方も,
お疲れにならない程度にご覧くださったら嬉しいです。

いろんな場所に,いろんなものに,いろんな人に,
心から,感謝を込めて…☆

 *おわり*


posted by 香歩 at 01:13| Comment(0) | 旅行風水:実践編【北方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

身近だけど異空間・日光満喫【中禅寺湖畔・前編】

湯元温泉発のバスは,中禅寺湖には約40分で到着します。

途中の湯滝入口や赤沼で乗り降りする人も結構いて,
ハイキングスタイルの方がたくさん。
お天気が良かったので絶好のハイキング日和でした。

私も次はハイキング行きたいハートたち(複数ハート)

さて,私たちも,途中の「竜頭の滝」バス停で下車。

もちろん,この竜頭の滝を見るのが目的です。
バス停から滝まで,なんと徒歩2分。

日光で嬉しいのは,こういう見所に,
バスを降りてすぐ行ける所が結構あるとこなんですよね。
日光駅⇔湯元間のバスは1時間に1,2本と,多くはありませんが,
日光駅発が朝6時台〜夜18時台,
湯元温泉発が朝7時台〜夜19時台まであるし,
このくらい山の中なら相当利便性の高い部類だと思います。

竜頭の滝は,茶店「龍頭之茶屋」さんのテラスが観瀑台になっています。

CIMG4060 (800x600).jpg


どうどうと流れる水がすごい。
2つに分かれた水が合わさって落ちていくのが大迫力。

竜頭の滝という名称は,滝の流れを分ける大岩が竜の頭に見えるとか
流れ落ちる水が竜に見えるとか,いろいろ説はあるようですが,
いずれにせよこの名前には,納得。

滝の流れに沿って遊歩道が整備されていて,
上流に向かって歩くことができます。

竜の鱗のような


何段もの岩のコブを駆け下りていく水の流れ。
竜の鱗のようにも見えます。

ずっと上がっていくと,車道に突き当たります。
バスの通っている車道です。

「滝上」バス停近く


実は,「竜頭の滝」バス停の前は「滝上」というバス停で,
ここで降りると遊歩道を滝沿いに下って来れます。
普通はそちらを通ると思うんですが^^;
「滝上」のバス停に気づかなかった私たちは
逆行することになりました。

車道には橋がかかっており,そこから見ると…

竜の行先は


竜が駆け下りる先には,中禅寺湖。

整備された遊歩道はこの道路までですが,
まだ上に上がっていく道自体はあります。
ここから先もハイキングコースになっているのです。

ハイキングスタイルではなかったのですが,
少しだけ先に進んでみました。

滝へと奔る


水の流れが細くなり,深くなり,勢いも強く。

さらに上に登ると,川幅が広く開けているところがありました。

竜頭の滝・上流


なんだか日本じゃないみたいな景色でした。
妖精や小人がいそうな雰囲気です。

近づくと,広い流れが一気に狭まって流れ落ちています。

水の落ちる場所


日光というと華厳の滝のイメージしかなかったので,
こんなに見応えのある滝だとは思いませんでした。
すぐ間近かでみられるし,いろんな姿を見せてくれます。
思いがけない素晴らしいものを見て,ひたすら感動。

そしてまたゆっくり歩いて,「龍頭之茶屋」まで戻りました。
バスまで時間があったので,ここでお団子をいただいて,休憩。

龍頭之茶屋名物団子


山の上にある湖や渓流・滝などの流れている水をみるのは
今年の北方位の開運行動でもあるので,
そういう意味でもとても北方位向きのスポットでした。

そして,11:36だったかな?のバスに乗り,
中禅寺湖方面に向かいました。

次なる目的地は,二荒山神社中宮祠。
15分ほどで到着です。

二荒山神社 中宮祠


男体山山頂にある奥宮と,二荒山神社本社の間に位置するという中宮祠。
男体山に登るには,こちら登拝門を通らねばなりません。

お天気が良く,明るくて,とても清々しい空気。

男体山を望む


背後にそびえる男体山の存在感がすごい。

まずは拝殿にてお参り。
そして境内を散策させていただきました。

こちらの境内も,金色の大蛇御神像や,
立派な大黒殿があったり,銭洗いができたりと,
広くはありませんがいろいろと見どころがあります。

奥宮登拝門にも,手を合わせてきました。

ペットボトルのお水も販売されていたので,
1本いただいてきました。

社務所でお守り等を見ていてみつけた金色の大黒様のお守りが,
すご〜くパワーがあるような気がして,
いただいてきました。
神社のお守りはお財布とは相性が良くないのですよね,たしか。
でもこちらの御守は「財布などに入れて…」とあったし,
大丈夫な気がしたので,お財布に入れています。
ていうか,何となくお金の近くに入れておいた方が良い気がしたので。

人も少なかったので,のんびり参拝できました。
人の多い本社より落ち着いて過ごせた気がします。
それになにより,男体山のパワーがビシビシ来るような。

そしてまたバスに乗り,今度は中禅寺温泉で下車。

お昼を食べるか華厳の滝を見るかで迷ったのですが,
まずは華厳の滝を見ることに。

私は一応3回目。
旦那さんは初体験。

観瀑台へのエレベーターに乗り,
ずず〜んと下降していきます。
3回目のはずなんだけど,あまり覚えていなくて,新鮮(笑)

下に降りるともう「ドドド…」という水の音。
通路を通り,陽の下に出ると…

華厳の滝


あ〜,やっぱり滝はすごいなあ…

那智の滝もそうですが,水の流れと一緒に,
悩みとか,鬱屈した気分とかも持って行ってくれるみたい。
すごくすっきりした気持ちにさせてくれます。

それと,こういうのは男の人は好きなんですかね?
旦那さん,かなり見入ってました(笑)
(たしか那智の滝のときもそんな感じでした)

そしてここでも

華厳の滝ふなっしー
…(^▽^;)
しかし…ここで滝行すると,修行の前に人生が終わるよね…


観瀑で気分もさっぱりして,
お腹もすいてきたのでここらでご飯をいただきます。

 *つづく*

一応次で最後になるはず…多分あせあせ(飛び散る汗)



posted by 香歩 at 23:52| Comment(0) | 旅行風水:実践編【北方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身近だけど異空間・日光満喫【湯元温泉編】

湯元温泉でのホテルは休暇村日光湯元さん。

最近リニューアルしたそうで,
綺麗でおしゃれな建物でした。
そしてびっくりしたのが,館内に漂う硫黄の臭い!

日本で4番目に濃い硫黄泉なのだそうです。
こんなに存在感があると,期待してしまいます^^

お部屋は洋室でお願いしましたが,
ベッドも寝心地良いし,落ち着くお部屋でした。

さて,ひとまずお部屋に荷物を置いたら,
寒いけどちょっとお散歩してみたくなりました。

だって,この時期に雪景色がみられるなんてわーい(嬉しい顔)

CIMG4044 (800x600).jpg


ホテルは湯の湖という小さな湖の湖畔にあります。
窓からもこの湖が見えて,とてもいい感じ。

CIMG4042 (800x600).jpg


こじんまりとしていて,静かで,とても繊細な美しさ。

湯の湖


それに,「山の上の水辺,見える宿」という北方位の吉要件も
ばっちり満たしていて,◎わーい(嬉しい顔)

湖の周りには木道があって,散策もできるのですが,
途中で雪に埋もれていて,あまり先までは行けませんでした^^;
まあ,寒くて遠くまで歩くのは無理だったんですけど。

部屋に戻ったら,ご飯の前に,温泉であったまります。

期待通りの濃い温泉でした。
お湯の色は陽によって違うことがあるようですが,
この日は緑色でした(緑色であることが多いみたいですが)。
露天風呂は塀に囲まれているので眺望はありませんが,
ひんやりした空気が心地良いです。

建物全体の印象からすると,お風呂は設備が古く感じますが,
硫黄が濃いので管理が大変みたいです。
温泉のロッカーの鍵なんか,真っ黒だったし^^;

温泉を出たらいよいよご飯♪

本日も湯波としゃぶしゃぶですが,
所変わればやっぱりお味が違います。

引上げ湯波


引上げ湯波が嬉しい。美味しくて運気も上がる,サイコ―♪
オレンジの小さな器にはにがりが入っていて,
後で豆乳に投入して豆腐にします^^

お酒は栃木の地酒の天鷹の純米大吟醸をいただきました。
さすがにまろやか,うまっ!!

夕食.jpg


豆乳グラタンにあんかけ湯波。
グラタン,味が濃厚,美味〜〜♪

霧降高原牛のしゃぶしゃぶは,とろけるような柔らかさ。
豆乳とだし汁の2種類でしゃぶしゃぶ。
タレもごまだれとポン酢と。

他にも,天ぷら,ご飯もの,汁物,香の物,デザートがバイキングで用意されています。
天ぷらは山菜メイン,チーズの天ぷらもありました。

ほんのちょっとだけご飯をいただいて,
香の物やご飯の友(佃煮とか)と一緒にいただきました。
このご飯の友が美味しくて,もっとご飯を食べたかった〜
(容量的に無理あせあせ(飛び散る汗)

でもデザートは何とか入る不思議ぴかぴか(新しい)

あ〜幸せハートたち(複数ハート)

御飯を終えて,しばらく部屋で休憩。
翌日の予定をもう一回詰めてから,再びお風呂へGO!

夜のお風呂は人も少ないし,
湯煙がぼんやり灯りに照らされて,雰囲気が違います。

なによりこの湯煙がたらーっ(汗)
気温が下がっているせいなのか,
昼間より随分湯煙がたっている感じです。

露天に入っていると,山おろしのゴォオオオオ…という音とあいまって,
真っ白な湯煙の向こうから何かが出てきてもおかしくない雰囲気。
いろんなものを妄想してしまいましたが
(「く●」とか「さだ▲」とか「きょ■ん」とか)
あえて伏字で(言霊注意)。

それでも気合でたっぷり温泉成分を吸収し,
お部屋に戻ってのんびりくつろいでいたら
一気に睡魔に襲われました。

ばたんきゅー。

で,翌朝晴れ

早くに目が覚めたので,爆睡中の旦那さんを横目に,
またまた温泉へ向かいました。

朝の明るい温泉も爽やかで気持ちが良いわーい(嬉しい顔)

もうすっかり,体中に硫黄の臭いが染み付いちゃいましたが,
キニシナイ(^◇^)

朝ご飯もバイキングです。
朝食バイキングは洋風のものを選ぶことが多いのですが,
今回は焼き魚や卵焼きの和食おかずに惹かれたので,和食中心に。
でもフルーツのヨーグルトはしっかりいただきましたわーい(嬉しい顔)
北で乳製品は今年は外せませんからね♪

さて,本日の目的地は中禅寺湖周辺。
湯元からまたバスに乗るのですが,
10:20発の便に乗ることにしたので,
ゆっくり10時前にチェックアウト。

大きな荷物は宅急便で送ってしまったので身軽です。

ホテルからバス停までは徒歩7分ほどだそうなので,
この日はお天気も良かったし,ぶらぶら歩きました。

うちの近辺では真冬でもめったに見れないレベルの雪景色ですから(笑)

CIMG4056 (800x600).jpg

CIMG4057 (800x600).jpg

CIMG4059 (800x592).jpg


う〜ん,別世界だなー…

湯元温泉がどういうところなのかもよくわかってなくて^^;
「日程に余裕があるから奥日光に行くのもいいんじゃない?」
くらいの気持ちで決めたんですが,
本当に,すご〜く,綺麗なところでした。

温泉も含め,ホテルもとっても良かったし,
ほんと,来て良かった〜!

季節的にはちょっと中途半端だったと思うので,
また違う時期に訪れてみたいです。

さて,到着したバスに乗り込み,
10:20,予定通りに中禅寺湖に向けて出発しました。

 *つづく*












posted by 香歩 at 21:43| Comment(0) | 旅行風水:実践編【北方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

身近だけど異空間・日光満喫【奥日光へ向かうぞ!編】

さて,この日の予定はといいますと。
夜は湯元温泉のホテルを予約していたので,
3時過ぎのバスに乗る予定にしていました。

お昼ごはんを食べて,
神社で祭事をやっていたらもう少し見学して,
お土産も買って,バスに乗ろうという算段です。

お昼ごはんは,北で日光だから,基本は湯波!が王道なんでしょうが,
夕べも朝も食べたし,この日の夜も湯波の予定なので,
そんなに湯波づけにならなくてもいいだろうと。

お昼は湯波以外のものを食べることにしました。

向かった先は,日光金谷ホテル。

日光金谷ホテル


こちらで,超有名な「百年カレー」をいただきましたハートたち(複数ハート)

カレーには,ビーフ・チキン・鴨があり,
旦那さんはビーフを,私は鴨をチョイス。
だって,鴨のカレーなんて,他で食べる機会なさそうじゃないですか。

やってきたカレーの器(あの魔法のランプみたいな)
には,薄くスライスされた鴨肉が綺麗に整列!

きゃー,すごーい,初めて見た〜!!
と興奮してすぐ食べ始めてしまい…
はっ!写真!と思った時にはもう綺麗な盛り付けが崩れていて…
さすがにこれは失礼だよなあと,写真はとりませんでした。

あまり辛くなくて,最初はむしろ甘いかな?と思うんだけど,
コクがあってまろやかな辛さです。
スパイシーなカレーが好みの方は物足りないかもしれないけど,
こっくり煮込んだカレーが好きな私には美味しかったです♪
鴨も柔らかでした。
ちなみに鴨とナスのカレーでした。
(ビーフは普通にビーフのみ)

ちなみになぜ「百年カレー」かというと,
大正時代のレシピを再現したものなんだとか。
だから,あんまり辛くないのかな?

ホテル内もレトロで綺麗でした。
以前,関西支部の風水女子の皆さんと行った,
奈良ホテルを思い出しました。
雰囲気はとっても似ています。

御飯を食べたら,また神社の方に戻りますが,その前に…

神橋を渡る


神橋を渡ってみることにしました。

拝観料300円をお納めすれば,神橋を渡ることができます。
といっても,対岸側は封鎖されていて降りられないので,
正確には渡るというか,乗る?という感じ。
行って戻ってこなきゃなりません。

自然の中に本当に映える,美しい橋です。

神橋の上で


神橋の上から撮ってみました。
対岸側はこうなっています。

神橋 道路側


降りられません。
降りたらすぐ道路ですしね^^;
昔はこのまま,二荒山神社への階段に続いていたのでしょうね。

他に誰も来なかったので,ゆっくり歩いてみました。

神橋を降りて,二荒山神社に戻るも,
祭事自体は一段落したようで,
家体の中でお囃子を鳴らしていた子供たちも降りていたり,
ステージで余興をやっていたりして,
特に見ていきたいものもなかったので,
これで二荒山神社を降りることにしました。

荷物を引き取りに,ホテルに戻ります。

…が,その時,野良鹿発見!!
民家の石塀に生えた植物をせっせと食べていましたわーい(嬉しい顔)

日光の野良鹿


野良ですよねえ…?多分。
山が近いからいても不思議はないけど,ちょっとびっくり。

西参道を下って,お土産屋さんなどを覗きます。
こちらで日光カステラや地ビール,
もちろん湯波もいただきます!

そしてまたまた買ってしまった…

眠り猫ふなっしー
眠り猫ふなっしー…(よだれたらしてます…)


買い物もゆっくりできて,おやつも仕込めて,
バスの中で飲むドリンクも用意して,
準備万端でバスを待ちました。

さあこれで,日光山の社寺とはお別れです。
(次の日二荒山神社中宮祠にもいくけど,それはまた別)

なんというか,ものすごい盛りだくさんなところでしたね。
輪王寺も二荒山神社も東照宮も,見どころ多すぎで,
展示物の多い美術館を見たときのように疲れました^^;

一回りした感想として,やっぱり山自体が,異界。

人がたくさんいて,賑やかで,
俗っぽく感じられるところもあるんだけど,
やはり俗界とは一線を画すような気高さも存在して。

聖と俗が絶妙に入り混じった,不思議な空間。

かなり好きになりました,日光。
早くもまた行きたくなっています(笑)
この時にはまだ始まっていなかったのですが,
4月22日から,家康公の御位牌や,風神雷神の限定公開も始まっているので,
期間終了までにもう一度,多分日帰りで行く予定です。

さて,やってきた東武バスは観光バス仕様の大きなバスだったので,
乗り心地快適♪

西参道から乗ったのですが,
ここから終点・湯元温泉までは約1時間半あるので
ちょっとうとうとしようかな〜と思っていたら。

とんでもない(笑)

景色が素敵で,眠いけど眠れない!

奥日光への道


どんどん山の方に入っていって,
「いろは坂」を登り始めると,
眠気もふっとぶ眺めの良さ。
見下ろす景色もすごいんだけど,
眼前に迫る男体山はじめ奥日光の山々も神々しい。

奥日光の山々


ひ〜,九十九折りのカーブ怖い〜と思いつつ,
右も左もみごたえたっぷり。

やがて見えてくるのが中禅寺湖。

中禅寺湖


ようやく晴れ間が出てきたな,と思ったら,
光を反射して輝いています。

予想していなかった数々の眺めのすばらしさに,
魂を抜かれてました。

男体山


やがて中禅寺湖を離れ,さらに山中へ。

ここまで来ると,なんと雪!!

雪の残る湿原


平地より寒いだろうとはまさかここまでとは(゜゜)

途中で,光徳温泉のホテル前までずーっとバスが入って行くんですが,
ホテル周りの雪だまりがすごくて

光徳温泉前で


「うわ〜すごーい,まだ冬やん〜〜(笑)」
と盛り上がっていたのが,
終着駅の湯元温泉まで着くと

こんなんでした…

雪残る湯元


春はまだこの辺りまで辿りついていなかったようです…

いや〜,「雪景色を見る」という今年の北の開運行動を
ここでできるとは思いませんでした。

防寒用にもこもこカーディガンを持っていたので大丈夫でしたが,
リサーチが甘かったです^^;

しかし,凍える前にホテルのバスが迎えに来て下さったので,
無事に,ホテルに到着することができました。

 *つづく*
posted by 香歩 at 07:22| Comment(0) | 旅行風水:実践編【北方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。