2014年12月31日

私にとっての2014年

さて,いよいよ今日は2014年最後の日。

お節の準備も終わり,初詣の用意も終了,
あとは落ち着いて新年を迎えるのみとなりました。

本当に,ありがたいことです。

そして,自分的に恒例の,この1年の振り返り。

2014年は,私にとって,かなり穏やかだったように思います。
特に頑張って新しいことをした…とか
何かやり始めた,またはやりきった…とか
そういう記憶がありません。

仕事は春夏は忙しかったのでそこは頑張ったけど,
毎年のことなのでいってみれば平常運転だし(笑)

考えてみれば,新しい環境になじむための一年だったのかなあと思います。

あまりそうとは意識していなかったけど,
これだけ環境が変わると新しいことの連続ですもんね。
出かけるところはたいてい「初めて」のところだし。

でも,あちこち出かけたおかげで
ようやく関東の地理も飲み込めてきました。

仕事も,今までは,つまづいた時には,誰かに尋ねたり,
手当たり次第会社で資料を探したりしたけど,
そういうわけにはいかなくなって,
今までと同じやり方では上手くいかないことも出てきました。

いろいろ,やり方を変えたり,試したり。

そういう意味でも,新しいやり方になじむため,
また新しいペースをつかむための年だったように思います。

去年の末に突然新天地に越してきたので,
今年はじっくり耕す年だったのかもしれません。
来年からはまた,新しい何かを育てていくのかも。

三碧木星年は成長が大切な年ですしね!

来年から始めようと思っている勉強もあるし,
来年の目標も定まりつつあります。
2015年には何かをスタートして,
それがなにがしかの形に繋がるようにしたいと思っています。

2014年は,出だしは結構不調続きで,
実は救急車で搬送されたりなんてこともあったんですが^^;
良い先生と薬に出会えたお陰で後半から本当に調子が良くなりました。
痛みやだるさがなく日常生活が送れるって本当にありがたい。

ブログを通して交流して下さっている方,
リアルでお付合いさせていただいている方,
たまたまこのブログに行き当たった方,
皆様,2014年も本当にありがとうございました。

2015年もどうぞよろしくお願いいたします☆
posted by 香歩 at 22:35| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年大晦日

今日も青空です。

2014年大晦日


関東では今日の夜は雨が降るよう。
一時的みたいですが…

初日の出は見られるかな?
posted by 香歩 at 13:00| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

着々進行中

2014年も残すところあと3日。

大掃除も終わったし,年賀状も出したし,
気がかりだった旅レポの残りもアップできたし^^;

昨日の28日には正月飾りをしました。

2015年用しめ飾り


お正月用の下着も用意したし。

2015年のお正月下着


写真だと濃いピンクっぽい色に見えますが,
実際にはかなり深紅です。
いや,こんなに真っ赤なのは初めてなので,
ちょっとドキドキします

もちろん,旦那さんの分も準備万端。
赤を意識して用意しました。

あとは年始に実家に帰る準備を終わらせて,
少しだけおせち料理を用意するだけです。

正月も,いつもは大人し目に過ごすことが多い私ですが(人ごみが苦手),
来年のお正月はいろいろイベントがあり,
段取りがタイヘンですが,楽しいでするんるん

それにしても,昨日のまっちーこと町田樹選手(フィギュアスケート)の
突然の引退宣言はショックだったなあ…

でも,第九を今季のプロに選んだ時点で,
ある程度考えていたんだろうか。

以前,EXで演じていた「白夜行」を,
「この物語はクリスマスで終わりだから」と
クリスマスのMOIを最後に滑らなかったことがあったので,
その時のことを思い出してしまいました。

それにしても潔いし,
次の道をしっかり考えているのも頼もしい。
セカンドキャリアも充実したものになるんだろうなと思いました。

アイスショーに出る可能性もあるとのことですが,
学業に力を入れたいということですから,
きっと今後のショーの機会は,多くはないし,長くもない気がします。

チャンスがあれば,見ることができると嬉しいな。
posted by 香歩 at 18:59| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅行月には特別な旅を【仙台編】

今回の旅は1泊2日で,
松島と塩釜を絶対押さえておきたかったので,
杜の都仙台は半日程度の時間しかとれなくなっちゃってたらーっ(汗)

ここはもう,効率的に回っちゃいましょ,ってことで,
目的地を絞って観光してきました。

幸い,仙台市には「るーぷる」という循環観光バスがあるので,
有名どころは効率的に回ることができます。

るーぷる


塩釜で結構ゆっくりしたので,仙台到着は14時前でした。
いそいでるーぷるの乗り場を探し,1日乗車券を購入。
30分に1本くらいの運行ですが,
幸い乗車券購入後すぐに乗ることができました。

ちなみにるーぷるの1日乗車券は620円でした。
1回260円なので,3回乗るならお得になります。

そしてまずは第一の目的地,瑞鳳殿へ。

こちらはかの伊達政宗公の霊廟です。
敷地全体がかなり広くて,アップダウンもあるので
意外と歩きごたえがあります。
見所も多いので,時間にゆとりがあった方が良いところだと思いました。

瑞鳳殿内


公園のように広い園内は,あじさいが見ごろでした。

瑞鳳殿前の門

こちら,瑞鳳殿前の門。
門構えからしてすでに豪華絢爛。

瑞宝殿


霊廟はこの奥に見えているのですが,
人が多くて写真が撮りにくかったので,断念。

こちらは感仙殿。

感仙殿


二代藩主伊達忠宗公の霊廟だそうです。

細かい装飾が本当に繊細で美しい。

そのお隣の善応殿は三代藩主伊達綱宗公のもの。

善応殿


こちらも精緻な装飾が施されています。

いずれも第二次世界大戦で一度消失し,
1970〜80年代に建て直されたものだそうです。
年代を感じさせる古さはないですが,
創建当初の豪華さはこんな感じだったのかなあと思わせてくれます。

これも日光東照宮や久能山東照宮と同じ,
いわゆる桃山建築なんですよね。
印象としては,こちらの方が新しくて色彩鮮やかなせいもあってか,
重厚な黒ベースに多彩で繊細な装飾というのがとても華やか。
往時の伊達家の剛健さと華麗さの二面性を同時に表しているように思えます。

1時間ほどで瑞鳳殿を回り,またるーぷるに乗ります。

次なる目的地は,仙台城址。
いわゆる「青葉城」跡ですね。
こちらも戦火でほとんどが焼失してしまい,
遺構はなく,現在は広い公園となっています。

青葉山の上にあるから通称青葉城ということで,
結構ぐんぐん山の上に登って行きます。
バス停から歩くとすぐ見晴らしの良い広場に出ます。

青葉山公園から


さすが陸奥を広く収めた伊達家のお城。
仙台市内を一望できます。

伊達政宗公の騎乗姿の立派な像が,仙台城下を見下ろしています。

青葉山の伊達政宗公


続いて向かったのは,大崎八幡宮。
幽竹さんもパワースポットとして紹介されています。

大崎八幡宮 鳥居


この大崎八幡宮,坂上田村麻呂が創祀し,
伊達政宗が現在地に遷したそうですが,
松島の五大堂もこの二人が関わっていましたよね。
この地域ではこの二人の存在が大きいんでしょうか。

社殿はやっぱり桃山建築。
瑞鳳殿とコンセプトが同じ…という感じで,
黒ベースに金色を始め多彩な色を配した豪華な造りです。

なんだかおおらかな,優しいスポットのように感じました。

地元の中学生らしき子たちが,
トレーニングに石段を駆け上がっていました。
子供達の元気な声が響く境内で,
賑やかで,明るくて,なんだか楽しげでした。

ちなみに,大崎八幡宮の八の字って,鳩なんですね〜

三の鳥居


こちらの御使いが鳩なんだそうです。
向かい合った親子の鳩,かわいいるんるん

そして本日の観光は終了。
るーぷるの最終便に乗って,仙台駅方向へ戻ります。

でもわれわれのミッションはもう一つ残っていますパンチ

それは,牛タンを食べること。

仙台まで来て牛タンを食べずに帰るなんて,あり得ません。

事前リサーチした人気店は結構遠かったので,
とりあえず目についたお店に飛び込んでみました。

牛タン定食


さすが本場の牛タン。厚い!
普通に焼肉屋で食べる牛タンとは別物ですね〜
個人的にはもうちょっと付け合せに工夫があると嬉しかったけどあせあせ(飛び散る汗)
大体牛タンを味わうためのものだから,こんなもんなのかな?

さてこれで今回の旅のミッションはすべて終了。
残り時間は仙台駅でお買い物をして,
新幹線でびゅんっ!と帰り着きました。

行きたかった所には全部行けたし,
思いがけない出会いもあったし,大満足でした。

でも,まだまだもっとじっくり滞在してみたい街ですね^^

さてこれで,今年の旅レポは最後です。
なんとか年内に駆け込みで終わらせることができました。

さすがに半年もたつと細かいことは結構忘れてるあせあせ(飛び散る汗)
細かいことを書き込みたい私としてはなかなかジレンマでした^^;
でも,書くことと同時に思い出すこともたくさんあったりして。

やっぱり旅レポは思い入れがあるからと後回しにせず,
熱いうちにさっくり書いてしまうのが正解だなあ…

というのを今年最後の教訓にして。
旅レポを終了したいと思います。

半年も前の旅の話にお付き合い下さった方,
本当にありがとうございました。

 *おわり*



posted by 香歩 at 10:09| Comment(0) | 旅行風水:実践編【北東方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

旅行月には特別な旅を【塩釜編】

さて2日目。

私は吉方位温泉旅行のお約束,早めに起きて温泉へ。
ちなみに旦那さんは爆睡中でした。

方角的に朝日は見られないし,お天気もいまいちでしたが,
人も少なかったのでゆっくりリラックスできましたメール

すっきり目も覚めて,あったまってお腹もすいたら朝ご飯です。

朝ご飯はバイキング。

お料理の種類が多くて,たとえ一口ずつでも全部は食べきれない!
おまけにどれもレベル高くて,たっぷり食べたくなりますあせあせ(飛び散る汗)

トマトジュース

こちらは宿自慢のフレッシュトマトジュース

フレンチトースト


手前のお皿が人気のフレンチトースト。
旦那さんは,「アイスクリームを乗せて食べると美味しい」
と教えてもらったそうで,アイス乗せてました。
ずるい〜〜〜!と叫んでお裾分けもらいましたわーい(嬉しい顔)
確かに食べないのはもったいないくらい美味しい!!!

レストランからの帰りに,売店でお土産も買って,
お土産やその他の荷物を自宅に送ってもらう手配もして,
チェックアウト。
帰りは送迎バスを使わずに,
最寄りの高城町駅まで歩きました(10分足らずです)。

高城町からは仙石線で本塩釜へ。
目的地はもちろん,パワスポの塩竈神社ですexclamation

本塩釜駅前


前から幽竹さんの書籍や風水ブロガーさんの記事を読んで,
行ってみたいなと思っていた塩竈神社。
ようやく参拝することができました。

駅からぶらぶらお散歩気分で15分ほど。
道端にはさまざまなモニュメントもあります。

道沿いに


大きな通りなので迷うこともなく,石段前に到着。

塩竈神社


この石段が表参道(表坂)で,
幽竹さんはこちらから参拝することをおすすめされています。
長い石段ですが,これまで数々の石段を登ってきた身ですから,
まったく苦になりません。
オフシーズンでもあるので人も少ないし,気持ち良く登れます。

石段を登りきると,広い境内でした。

塩竈神社唐門


随神門,唐門とくぐり,左右宮拝殿で手を合わせました。

念願の塩竈神社にお参りできて,ちょっと感動でした。
坂の上にあるだけあって,見晴らしも良いです。

塩竈神社から


社務所ではおみくじを引き,お守りもいただきました。
また,ちょうど夏越の祓の季節だったので,
御祓いさせていただきました。

塩竈神社 お守り


右下が「うまくいくお守り」だそうです。
金色の馬と,馬蹄のデザインが躍動感がありますね。

お塩もいただきました。

境内内をぶらっと歩いて,なで牛もなでたりして,
帰りは東参道(裏坂)の方から帰りました。

時間にはまだ余裕があったので,
途中で旧亀井邸(海商の館)を見学しました。

亀井邸


なんと大正13年に建築されたそうで,
大きなお屋敷は和洋建築の両方を取り入れた独特の建造物だそうです。

玄関の土間からして綺麗なタイル張りがあったり,
とても贅沢に作り込まれているのがわかります。
畳敷き衾張りの和室があれば,完全に洋館造りの部屋があったり。
なるほど,「和洋併置式住宅」です。
当時は相当に豪華で,最先端の建築だったのではないでしょうか。

そしてそこで,近くの御釜神社について教えていただきました。

駅前からたびたび案内標示を見ていたので,
そういう名前の神社があることには気づいていたものの
とりあえず塩竈神社しか頭になかったのですが
大変由緒ある神社だというお話を聞いて,お参りしたくなりました。

教えていただいた道筋にそって10分ほど,
塩竈神社より街中,住宅街の中の小さな神社でした。

こちらには,「塩竈」という地名の由来となった「神竈」があり,
今でも毎年「藻焼塩神事」が行われているそうです。
そして,その「神竈」は,社務所でお願いすれば拝観させていただけるとのこと(拝観料100円でした)。

社務所でお願いをして,拝観させていただきました。

神竈は外からは見えないように扉が占められているのですが,
社務所の方が柏手を打ち,開いてくださいました。

中には,丸い,直径1m以上ありそうな平たい竈が,
後に2つ,手前に2つ,計4つ,並んでいました。

…なぜか。
扉が開いて神竈を見た瞬間,
足元からざざ〜っと鳥肌がたらーっ(汗)

怖いわけじゃないんですが…
なんて言うんでしょう,何か,力強いというか,
何か,「違うもの」というか。
上手く言えないんですが,何となく,異界から風が吹きこんだような。

参拝後は,「凄かった…」という感想しか出てきませんでした。
でもなんだかとても良い体験をさせていただけました。

そしてここからてくてくと駅に向かって歩く途中,
「浦霞」というお酒の酒蔵を見つけました。
実はうちの近くに地酒を多く置いている酒屋さんがあり,
そこにでかでかと「浦霞」と書かれているので,
前々から気になっていたんです。
えっ,塩釜の酒蔵だったんだ,とビックリ。
これもご縁とお酒を1本いただいて帰りました。

素敵な出会いをいろいろいただいて,駅に到着。
そこからまたまた仙石線に乗って一駅北に戻り,
東塩釜で下車。

次の目的地はこちら。

塩釜水産物仲卸市場


塩釜水産物仲卸市場です!

そしてここでの目的は…

海鮮丼


ぴっちぴちの海鮮をいただくことです!!!

海鮮丼,時間がたちすぎて名前は忘れてしまいましたがあせあせ(飛び散る汗)
種類も多くて新鮮で,お腹いっぱい大満足だったことは覚えています!

市場もぐるりと回ってみましたが,
新鮮な海の幸と,元気な呼び込みの声でいっぱい。
美味しそうな魚介類はほんとに欲しかったんだけどもうやだ〜(悲しい顔)

パワスポ散策と贅沢ランチで,心も体もお腹いっぱいるんるん

そしてこの旅の最終目的地,仙台市へと向かいます!

 *つづく*
posted by 香歩 at 16:12| Comment(0) | 旅行風水:実践編【北東方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

旅行月には特別な旅を【松島編】

クリスマスも終わったし,あとは年越しと年始の準備に集中するだけ!ですねわーい(嬉しい顔)
やり残しを出さないようにして,
清々しく年明けを迎えたいところです。

そんな忙しいさなかになんですが,
これから今年6月の旅行月の旅の話をしようと思います(わはは)

ちゃんと書き留めておきたいと思いながら,
自分的に密度が濃い旅だったもので,
なかなか時間をかけて書くことができなかったので,
ついつい後回しにあせあせ(飛び散る汗)

まさかここまで引っ張るとは思いませんでしたが^^;

年末のどさくさまぎれにアップしてしまおうと。

では,初夏のじんわりした暑さを思い出しつつ(無理か)
お読みくださいませるんるん

 ☆ ★ ☆ ★ ☆

6月の旅行月最大のイベントは,
夫婦で一泊の松島・仙台の旅でした。

今年の旅行月は絶対東北へ!というのは
前から決めていたことなので,
3か月ほど前からリサーチして,
JTBの宿とJRがセットになったプランをチョイスしました。

初日は松島観光して,松島温泉に泊まり,
次の日は塩竈神社に参拝して仙台をめぐる計画です!

当日は,大宮駅朝8時過ぎ発の東北新幹線で出発。

東北新幹線大宮駅


実は私,東北新幹線に乗るのは初めてでした。
さすがに関西から東北に行こうと思うと飛行機ですしね。

平日だというのに,乗客が多いことにビックリ。

そうか,新幹線ってやっぱり儲かるんだ…
あちこちで新幹線を作りたがる理由がよくわかりました。

新幹線は「やまびこ」だったため
(東海道新幹線でいうところの「こだま」ですね)
全駅停車するので仙台までは2時間ほどかかりました。

東北新幹線は,東海道や山陽新幹線に比べると
車窓の風景はあまり変化しませんが,トンネルは少なめな印象。

そして,無事に仙台到着。

今回は仙台で寄道はせず,まっすぐ松島に向かうので,
駅を出ることなく仙石線に乗り換えて,松島海岸駅を目指しました。

仙石線に乗って約40分。
東塩釜あたりからぼちぼち海も見えてきて,
沿岸に来たな〜と実感し始めた11時頃,
松島海岸駅に到着しました。

ちなみに,仙石線ホームの駅標には…

駅にいたむすび丸


宮城のゆるキャラ,むすび丸。
割とかっちりした甲冑姿にほどよいユルい顔がいいですね^^

ちなみにこれがサンタコスむすび丸@羽生キャラさみっと。

むすび丸


駅からも港が見え,潮風が届いてきます^^
6月の梅雨真っ只中だから,天気は心配でしたが,
快晴とはいえないまでも,晴れ間も見える好天でした。

駅から出ると,駅前には遊覧船を案内するおじさんが。

もともとまずは遊覧船に,と思っていたので,
窓口で確認したところ,12時出航分を案内しているとのこと。

とりあえずチケットを買って,港に向かいました。

ちなみにチケットは特に時間の指定はなく,
何時の遊覧船に乗っても良いそうです。

先にお昼を食べるか迷ったのですが,
旦那さんの「食べたら船で眠くなる」の意見に深く同意し,
とりあえず遊覧船の時間までぶらぶらすることにしました。

ところで,松島は言うまでもなく日本三景の1つ。

日本三景碑
日本三景碑


私はこれで三景すべて見たことになりますが,
旦那さんは天橋立を見たことがないそうです(大阪育ちなのに?)。
いつか一緒に見に行けるといいな。
ちょっと遠くなっちゃったけど。

松島の海


遊覧船の時間まで一時間足らずしかないので,
まずはすぐ近くの五大堂へ。

五大堂


敷地も狭く建物も大きくはありませんが,
そもそもは坂上田村麻呂が建立し(なんと西暦800年代),
伊達政宗が再建した(その800年後,1600年代)という,
コンパクトながら長大な歴史がギュッと詰まった国の重要文化財。
桃山建築らしく,さまざまな装飾が施されています。

そのあとはお土産物屋さんを見たりして,
そろそろ遊覧船乗り場に移動します。

観光船仁王丸


今回乗った遊覧船は,多分一番定番の「仁王丸」。
松島湾を50分かけてクルージングします。

船内は広くて,平日だったので乗客はほどほどだったので,
無事に窓際をゲットすることができました。

でも,私たちは進行方向に向かって右側に座りましたが,
左側の方が見所が多い感じです^^;
千貫島,鐘島,仁王島などの松島湾のハイライトは左側に見えるので,
選べるならば左側に座るのがおススメです。

松島クルージング1


でも,松島湾のたくさんの島を眺めながら,
どんどん沖に走って行くのはかなり気持ちが良いです^^

松島クルージング2


いろんな表情の島が見られるし,
人が結構住んでいる大きな島もいくつもあるのですね。

松島クルージング3


50分って結構長いなと思っていたけど,あっという間でした。

港に戻り,まずはお昼ご飯をいただきます。
早めに食べておかないと,旅館のご飯が入らないあせあせ(飛び散る汗)

ここはやっぱり地元の美味しい物が食べたい。
宮城の海産物といえば本来は「牡蠣」ですが,
さすがに時期ではないので,「アナゴ」に絞ってお店探し。
『るるぶ』にも載っていた,松吟庵さんで
松島の海の幸がたっぷり乗った天ぷら丼をいただきました。

天ぷら丼


美味しかったです!
あなごは肉厚でふわふわ♪

しかも。
こちら,『るるぶ 仙台・松島・宮城2015』を持参すると
コーヒーかずんだもちをサービスして下さるのです!
(P.57に広告があります)
地元のものをいただきたい私たちは「ずんだもち」を頂きました。

ずんだ餅


てっきりサービス用のミニサイズでくるかとおもったら,
どうやら通常サイズのものをいただけるよう。
ボリュームにびっくりです(500円もしますよ^^;)
荒目につぶしたずんだがいかにも手作りという感じで,
香りも食感も良くて,とても美味しかったです
塩気の強いビスケットがぴったり!

しかし,丼に白玉たっぷりのデザートで満腹になりました。

旅館のご飯も楽しみにしているので,
少し腹ごなしをしなければ,ということで,
再び松島散策を開始。

この辺りも当然,東日本大震災では大きな被害を受けており,
お店の店の壁に,津波の高さを示しているところもありました。
高さは1m以上ありました。

それでも松島あたりは,たくさんの島々が自然の防波堤になり,
津波の大きさを5分の1程度に抑えたとか…

いろいろ胸にくるものはありますが,
ここは再び観光モードにスイッチを入れ,
歩いて散策できる島,福浦島に向かいました。

福浦島は,長い赤い橋で港と結ばれた小さな島です。
この赤い橋が,海の青と島の緑に映えます。

この橋も,震災で損壊したそうですが,
地元の方の尽力や,台湾からの寄付金などにより,復旧したそうです。

福浦島の橋


うーん,綺麗だなあ。
少し晴れ間が見えてきたので,海が眩しいくらい輝いていました。

橋を渡って,島をぐる〜りと回ります。
小さな島とはいえ,一周すると結構歩きました。
ところどころ絶景ポイントがあり,
先程遊覧船から見た島々が遠くに見えたりして。

福浦島から1


犬と一緒に走り回れそうな大きさの広場もあったりして,
時間があれば,お弁当やおやつを広げて,
のんびり海を眺めたいところです。

福浦島から2


島をぐるり回った後は,また街中へ。

この日は松島温泉に宿泊予定で,
駅からの送迎をお願いしていたので,
駅の方向に向かいながら,散策を楽しみます。

伊達政宗の菩提寺という瑞巌寺にも参拝。
参道の長い杉木立が,厳粛だけどどこか穏やかな雰囲気を醸し出しています。
岩を掘った修行場や,岩を切り出したような仏像があり,
往時は厳しい修行をしていたお寺だったのだろうなと思いました。

大きなお寺で見所もたくさんあり,
順路も整備されており,見学しやすくなっています。
あまり時間がなく,さくっと見学するつもりだった我々は
ちょっと慌てて見て回る羽目になったので,
少し時間に余裕をもって見学されたほうがよいかも?

瑞巌寺の拝観後は,松島海岸駅に向かい,
本日宿泊の宿へのお迎えのバスに乗せていただきました。

東北への旅,ということで,温泉はものすごく楽しみにしていましたわーい(嬉しい顔)

今回選んだのは「松島一ノ坊」さん。
松島の温泉では貴重な源泉掛け流しのお宿です。

加えて,ネットでの評判もとても良くて,
さらに夕食がバイキングでないことが魅力で選びました。
今回は落ち着いて過ごしたかったので,
個別のお食事がいただける宿にしたかったんです。

でも,こちらを選んで大正解でした!わーい(嬉しい顔)

お部屋からは松島湾が一望。
またまたお天気が下り坂だったのが残念だったけど,
お部屋に入った瞬間「うわ〜!」と声の出る開放感でした。
北東でおススメの「景色の良い宿」にもピッタリです。

早めにチェックインしたため時間があったので,
併設の「藤田喬平ガラス美術館」も見学できました。

藤田喬平ガラス美術館1


こちらは旅館が経営している美術館らしく,
建物も室内も展示品も,とてもゴージャスで,雰囲気は幻想的。

藤田喬平ガラス美術館


でも人は少なめでとても静かなので,
贅沢な空間を味わうことができます。

正直,宿併設ということであまり期待してはいなかったんですが,
とても見応えがありました。

そして,美術館からお庭にでることもできます。

季節柄,お花はちょっとさびしかったですが,
松島湾を見渡せる気持ちの良いお庭です。

ホテルの庭


こんなチャペルもあります。

ホテル内のチャペル


ここで結婚式ができたら素敵でしょうね〜^^

お庭をぶらぶらしたら,次は温泉へ!

HPでも見られる,三角屋根の個性的な半露天風呂と,
完全に屋根のない小さ目の露天風呂とがありました。
(もちろん広い内湯もあります)

お湯は個性は強くありませんが,肌がすべすべになる美肌の湯です。

露天風呂からも見事に松島湾が見渡せます。
湯温も適温で,気持ちが良くてゆっくり長湯してしまいました。

明るいうちにお風呂も楽しんで,いよいよ夕食の時間♪

夕食は館内のレストラン「ととや」で。

繊細で,美しくて,優しいお味のお料理の数々。

夕食1

お料理2

お料理3


ビール好きの旦那さんは,エビスビールを頼んだのですが,
これが濃厚で美味しかったそうです。
やっぱり入れ方等によって,かなり味が変わるのかな?

で,私は日本酒をお願いしたんですが,
特になにも言わないのにお水も一緒に持ってきて下さったんです。
この心遣いがすごく嬉しかったです。

お料理も美味しかったし,サービスも行き届いていて,
とても素敵な時間を過ごすことができました^^

お庭やお部屋なども素敵で,
気配りもとても行き届いていて,
気持ち良く,ゆったりくつろいで過ごせるお宿でした。

初日はたっぷり松島を堪能できました。

翌日は念願の塩竈神社と仙台です!!

 *つづく*

posted by 香歩 at 15:42| Comment(0) | 旅行風水:実践編【北東方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

温泉納め

昨日は旦那さんのお休みで,お天気もよかったので,
窓とベランダの大掃除を決行しました!

寒くてもこういうのを嫌がらずにやってくれ,
なおかつ凝り性なので徹底的に綺麗にしてくれる旦那さんは
大変にありがたい存在ですわーい(嬉しい顔)

でもって,お掃除を終えてから,
近場のお気に入りの温泉で,温泉納めをしてきました。

往復500円以内で源泉掛け流しの温泉がいくつかあるのは
本当に嬉しいです。

ゆった〜り温泉に浸かって,
マッサージチェアでリラックスして,
お気に入りのビッフェレストランでお腹いっぱい食べてきました。

旦那さんには「5キロくらいやせた?っていうくらいすっきりした顔してる」
と言われました^^;

いったい何を溜めこんでいたのでしょうか(笑)

新年準備もあらかた済んだし,
予定通り最終週は穏やかに過ごせそうです。
posted by 香歩 at 11:23| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

12月の新月&冬至

今日は新月で,そして冬至でした。

新月の願いをして,苺系スイーツを食べて,
カボチャを煮付けて,柚子湯に入った,
なかなか盛り沢山な一日でしたわーい(嬉しい顔)

まだまだ寒さは続くけど,
これからは少しずつ,日が長くなっていくんですね。

東日本は日の入りが本当に早いので,嬉しい。

でも,一番早い日の入りを,
もうちょっと味わっておけば良かったかも。
posted by 香歩 at 23:51| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

グッバイ紙ごみーず!!

早くも12月も後半戦に入りました!

大掃除もしてしまいたいし,
不用品処分も年内に済ませてしまいたい,となると
ごみ出し日の都合上,中盤までの計画性が
とっても重要です。

我が家でも,早めにゴミの日を計算して,
ダンボールや雑誌・カタログなどの紙類を
一気に処分してしまいました!!

2015年は紙ごみの溜め込みはタブーですから,
極力今年中に処分しておきたかったんです^^

あれやこれやと溜め込みがちな旦那さんにも,
「この日は紙ごみの整理の日だからねるんるん
とあらかじめ宣言しておいて,実行していただきました。

あ〜,気分すっきり晴れ

そしてゴミではないけれど,
なるべく年末年始に整理しておきたいものがあるんですよね…

こちら,まだお返ししていないお守りとおみくじの数々たらーっ(汗)

溜めてしまったあれこれ


またお参りした時にお返ししたいなとか
気に入ってるからもうちょっと手元に置いておこうかなとか
あれこれ考えてついつい溜めてしまいましたふらふら

まとめてお返しするとご迷惑な気もするので,
これからお参りした時に少しづつお返ししていこうかと思います。

おみくじは,古札所に納めてよいものかどうか
良くわからなかったのでついお返ししそびれていましたが,
どうやらお返しして良いようなので,
これもちょこちょこお返しするか
年始のお炊き上げに出してしまおうかと思います。
どこのかわからない(神社かお寺か)のも結構あるしあせあせ(飛び散る汗)

おみくじって,お守りと違って寺社の名前が入っていないものも多いから,
どこでいつ引いたかがわからなくなっちゃってふらふら
なるべく日付と引いたところを書き込むようにしてるんですが。

これに関しては私以上に旦那さんの溜め込みがひどかったたらーっ(汗)
写真のおみくじの3分の2以上は旦那さん分ですちっ(怒った顔)
時々はお返しして,って言ってあるんだけど,
面倒になっちゃうんですよねあせあせ(飛び散る汗)

とりあえず,整理や掃除は着々と進んでいます。

ぼちぼち新年グッズも買い揃えはじめて,
最後の週はゆっくりと過ごせるようにしたいですわーい(嬉しい顔)



posted by 香歩 at 19:23| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

もう一度,富士山に会いに行こう【温泉編】

富士宮駅から再び電車に乗り,次の目的地に向かいます。

さて,富士宮の次の駅,西富士宮を出てからすぐ,
富士山が車窓一杯に広がる絶景ポイントがあります。

前回はすそ野がぼんやりとしか見えなかったのですが,
今回は…

身延線最大の富士山ビュースポット


午後から雲が増えてきて,上の方は雲がかかってしまい,残念!
でも前回よりはくっきりとした山容を見ることができました。
いつかはここからクリアな富士山を見てみたいですね〜!

手前の建物からぐーーーっと先まで広がっていく,
この奥行きがすごいんですよね。

身延線はここからも車窓の景色が素敵なのです。
富士山は沼久保駅を越えると見えなくなってきますが,
富士川沿いに走っているので,
川と,川沿いの緑,遠くの山々の風景が楽しめます。

そして富士宮から約50分で到着した「内船」という駅で降りました。
この駅,「うちぶね」かと思ったら,「うつぶな」なんですね^^;
日本語は奥が深い…

で,この内船駅ですが,徒歩5分のところに
「なんぶの湯」という立ち寄り温泉施設があるのです。

身延線沿いは温泉地も多く,行ってみたいところがたくさんですが,
バスなどに乗らないと行けない,時間のかかるところが多いんです。
その中でここは駅からすぐと行きやすいので,こちらに決めました。

なんぶの湯


富士川沿いに立つ温泉施設です。
まだ新しいようで,広くて,綺麗でした。

さて肝心の温泉はというと,湯舟は広く,種類もいろいろ。
サウナもミストサウナもあるし,もちろん露天風呂も。

無色無臭のアルカリ性単純温泉ですが,一部源泉掛け流しとのこと。
湯温はぬるめですが,その分ゆっくりしっかりと浸かれます。

内湯→露天→ミストサウナ→内湯→最後に露天,
と思ったけれどやっぱり露天はちょっと寒かったので,
内湯でしっかり温まってから出ました。

温泉を出たのは15時過ぎだったけど,
山間なこともあってか,もう日が傾いている感じ。

内船駅から,15:22の甲府行に乗りました。

ローカル線の景色を楽しみたいからと,
暗くならないうちに甲府に着くように時間設定した割に,
電車の中で爆睡してしまい,景色はほとんど楽しめずあせあせ(飛び散る汗)

すっかり日が落ちた17:15,甲府に到着。

時間には余裕があったけど,
寒波の影響でダイヤが乱れたりしても面倒だし,
どっちみち甲府は西で凶方位だしで,
長居は無用とさくっと帰ることにしました。

とりあえず富士山は綺麗に見えたし。
浅間大社にもお参りできたし。
初めての温泉にも入れて,満足ですわーい(嬉しい顔)

南西は今月以降はしばらく凶方位になってしまうので,
今のうちに行っておきたかったんです。
富士山の見え方はお天気次第だし,
けっしてパーフェクトではなかったけど,嬉しかったな。

身延線はやっぱりお気に入りの路線。
次は西方位が吉方位になったときに,また足を伸ばしたくなるかもしれません。

 *おわり*
posted by 香歩 at 22:28| Comment(0) | 旅行風水:実践編【南西方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

もう一度,富士山に会いに行こう【富士宮編】

今年9月,青春18きっぷを使って富士山の周りをぐるっと電車で回る旅をしてきました。

そのときはお天気がいまいちで,
富士山をすっきりと見ることはできなかったので,
寒くなったらリベンジしよう!と
旦那さんと話していたのですが,
このたび無事実行してきました!わーい(嬉しい顔)

前回は身延線を甲府→富士に南下したので,
今回は逆に富士→甲府方向に進むことにしました。
条件的にも,富士山を綺麗に見たいのならば,
夕方よりも午前中の方が確率が高いかもと思ったので。
(↑そしてこれが的中)

晴れ予想だけど寒波到来が予想された13日。

早朝6時過ぎ,徐々に朝焼けが広がるころに家を出て,
大宮駅からJRに乗車。
湘南新宿ラインで小田原まで長時間の乗車になるので,
今回はグリーン券を購入しました。

普通列車にグリーン車があるのはJR東日本の特色ですね。
最初は,乗り心地の悪いロングシート+中途半端なボックスシートの車両を
大量に走らせていることにムカついて,
グリーン車に乗るなんてJR東日本の思うつぼだし悔しいから,
出来るだけ使わないようにしていたんですが^^;

やっぱり2時間以上ロングシートとか,きついんですよね…たらーっ(汗)

クロスシートで落ち着いて乗れる車両…
悔しいけど有料でも乗ってもいいか…と…たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

まあそのへんは置いといて。

そして肝心の富士山。
お天気も良かったけど空気も澄んでいたようで,
小田原に着く前からちょいちょい車窓からその姿を望むことができましたわーい(嬉しい顔)

車窓からの富士山


この辺りは乗継もよいので,
とんとんとスムーズに富士駅に到着。

10:43発の身延線に乗り込みます。

身延線はJR東海の路線。
2両編成の小さな電車ですが,乗り心地の良いボックスシートるんるん

車窓からはぐんと近づいた富士山も見ることができまするんるん

身延線より


山すそからはっきり見える富士山は圧巻!
白くなびいているのは,雲でしょうか,それとも雪煙?

20分ほどで富士宮駅に到着。

ガラス越しではない富士山とご対面です。

富士宮駅から


こまかな雪の筋まではっきり見えることに感動。

さて,ここで下車したのは,前回参拝できなかった
富士山本宮浅間神社にお参りするためでした。

寒さを危惧していましたが,日が射して風が無いので
予想外に暖かく感じられました。

鳥居から見える富士山も,この日はばっちりかわいい

富士山本宮浅間大社大鳥居と富士山


富士山と赤い鳥居の組合せは,なんとも「日本」を感じる風景ですね〜

そして,念願の大鳥居をくぐります。

富士山本宮浅間大社楼門


朱塗りの鳥居も楼門も,本当に美しい。
境内の中もふんわりとした心地良い暖かさでした。

わくわくしながら楼門をくぐり,本殿へ。
ご挨拶と,参拝できた喜びをお伝えし,お願い事もしてしまいました。
盛りだくさんで厚かましいかな,と思ったけど,
とても気持ちが良かったので。

幽竹さんの『李家幽竹 最強龍穴パワースポット 増補版』によると,
こちらは訪れる人との相性がある,ということですが,
とても居心地良く感じられたので,相性は悪くないのかな?
おみくじを引いたところ,二人で大吉をいただきました!
Wで大吉は珍しいので,嬉しかったです^^

ゆっくり境内を散策し,湧玉池にも行きました。

湧玉池

湧玉池2


きらきらしていて,とても美しかったです。
お水もいただいてきました。

とても心地良く,幸せな気持ちで参拝させていただけました。

境内を出てから,お宮横丁へ。
こちらでは,ご当地グルメの富士宮焼きそばをいただきました!

富士宮焼きそば


右がスタンダードな焼きそば,左がごま醤油だったかな?
富士宮焼きそばって麺が太めでモチモチなんですね〜
ちょっとソースも酸っぱい感じ?
確かにちょっと個性的です。美味しかったわーい(嬉しい顔)

面白かったのがお水。
コップを渡されて,「そこの水鉢から汲んでください」と(笑)

水はここから


これも湧水なんですね〜

そして旦那さんのお楽しみ,地ビールを買って,
富士宮駅に戻りました。

 *つづく*
posted by 香歩 at 23:22| Comment(0) | 旅行風水:実践編【南西方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

有言実行

今日から大掃除始めました。

一番の難敵,キッチンの換気扇・レンジ周りから開始!
そしてシンク周りを磨き,上下の棚も中身を全部出して拭き掃除。

結構しっかり丁寧にやって,3時間ほどで終了!

もともとこの部屋は掃除しやすく作られていて,
換気扇にもフィルターを掛けているのでそんなに汚れてないし,
思ったより楽に終わりました。

明日はキッチン第二弾で,冷蔵庫や食器棚をやります!

それにしても,風水を意識するようになってから
ほんとに不用品を溜めなくなったので,
掃除がしやすくなりました。
収納もかなり余裕があるし。

むしろ私の場合は紙類や本類が問題だったりします^^;

とりあえず,初日に予定通りに進んだのでスッキリしました

posted by 香歩 at 22:50| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

寒い寒い〜!

全国的に寒波襲来の週末ですね。
日本列島冷え冷え雪

風水的にも月替わりしたし,いよいよ冬の到来ですね。

予定では今日から大掃除を始めるはずだったのに,
昨日バイトで疲れたのと,
夕べ突然旦那さんが熱を出してびっくりだったので
すっかり忘れていました。
(旦那さんは朝には熱が下がり,出勤しました)

まあ,来週いっぱいで終われば上出来と思っているので,
明日からぼちぼち始めます。

今日はのんびり目にすごして,
年内にやっておきたいことを整理します
posted by 香歩 at 17:19| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

師走突入

2014年師走スタート


さて12月です。
2014年も残すところあと1ヵ月となりました。

お坊さんも爆走するという1ヶ月ですから,
うかうかしているといろいろやり残してしまします。
気をつけないと。

来年の風水本やら手帳に続いて,
カレンダーも用意しました。

うちはキッチンに飾るカレンダーは私が,
リビングに飾るカレンダーは旦那さんが選びます。
キッチン用は例年通り,「李家幽竹パワースポット」カレンダーですが,
リビング用にはこちらを選びました。

2015年のカレンダー


ぶらり鉄道の旅」というタイトルのカレンダー。
さすが電車族夫婦(笑)

年末年始の予定もだいぶ決まってきたし,
年始の帰省の段取りもほぼ終わったし,
年始用の衣類もぼちぼち用意を始めました。
大掃除の予定も立てて,早めに手を付けないとね。

そうそう,1日なので,幽竹さんの旅行風水サイトから
「吉方位旅行のあしあと」のお知らせが届きましたが,
ずらりと南西・北東の記録が並んでいました^^
ちょうど旅行月から7か月目でもありますね。

何か効果が出ると嬉しいなわーい(嬉しい顔)

さて,特に予定が詰まってなくても気忙しい師走ですが,
ちゃんと予定を立てて計画的に乗り切りたいと思いますパンチ
posted by 香歩 at 23:03| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。