2014年11月24日

ゆるキャラまみれ♪

先週末,秋晴れのなか向かったのは…

世界キャラクターさみっとパスポート


「世界キャラクターさみっと in 羽生!!」
(昨年までの「ゆるキャラさみっと」から改名)

ちょうど予定がない日だったもんで
どんなもんだろ,せっかくだしちょっと見てみようか,
程度だったんですが,予想以上に面白かったです!

さみっとのゲート


会場にはもちろんゆるキャラがた〜っくさん!!

有名どころから新興キャラまで,
可愛いのも,そうじゃないものも(笑)

ゆるきゃらーず1
とろ★りん(埼玉),ジンくん(北海道),出汁之介(北海道)
神じい(埼玉),ハッスル黄門(茨城),わ鐡のわっしー(群馬)


ゆるきゃらーず2
まっくん(埼玉),まねみちゃん(東京),彩夏ちゃん(埼玉)
ふじぴょん(山梨),にんじゃえもん(滋賀),すだちくん(徳島)


ゆるきゃらーず3
ドン・タイノ(ドミニカ),ちょうせい豆乳くん(東京)とあたまがふくしまちゃん(福島)
ネッコロとジャガイモネッコロ(東京)に挟まれたやるぞう君(神奈川),笹だるま(新潟)


ゆるきゃらーず4
ナッちゃん(新潟),りんりんちゃん(東京),くろごちゃん(東京)
つっちー(山梨),もち-うさぎ(新潟)


ちなみに私がぜひお会いしたかったのがこの方。

ゆるくないメロン熊


北海道は夕張の,ゆるくないゆるキャラ,メロン熊!!

口の中のリアルさが本気で怖い。

メロン熊アップ


でも2ショット写真撮ってもらいました〜黒ハート
めろん熊とわたし

顔は怖いけどいい熊でするんるん

こちらゾンベアー(北海道)。
ゾンベアー

手に持っているのは腸(!)だそうで…
北海道の熊キャラはなぜかゆるくないのが多い^^;

宮城のむすび丸。
むすび丸
(なぜかモジモジしている)

いつもは兜姿だけど(伊達家の武将イメージだから)
今日はサンタクロースバージョンなので一瞬わからなかった。

実家・宮崎県のご当地キャラ:みやざき犬は,
得意のダンスをステージで披露しているのを見ました!
みやざき犬 on stage

あの着ぐるみでキレキレダンス,すごいわ〜

その後,みやざき犬のブースでも見ることができました^^
みやざき犬
(左上:ひぃ 左下:むぅ 右:かぁ)


こちらも珍しい(多分)ツーショット,
アックマ(北海道)と,ちっちゃいおっさん(兵庫)。
異色のコラボ

北海道のキャラブースの近くをぶらぶらしていたら遭遇しました。

場内にはイタ車ならぬキャラ車も展示。

さのまる車
人気のさのまる。これぞ正統派,というラブリーさ。

ムジナもん車
羽生市のゆるきゃら,ムジナもんはイベントのホストキャラ。
会場のいたるところで目立ってます。

でもやっぱりすごかったのは…

メロン熊車

メロン熊車2

メロン熊車。
やるならここまでやらないと,っていう見本のような…
夕張市の観光課には思い切りのいい人がいるに違いない。


ゆるキャラグランプリの覇者,さのまるやぐんまちゃんもいましたが,
たくさんの人に囲まれていて写真が撮れませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

ぐんまちゃんは,ビニールロープで小さなスペースを作って,
その中からみんなにご挨拶。
まるでポニーの放牧のようでした^^;

バリィさんも人垣が結構できてたんだけど,
突然こっち向きに歩き出して人垣が割れたんで,撮れた奇跡の一枚。

バリィさん


人が殺到しそうな人気者はやぱりガードされていて,
ふなっしーなんか多分普通に広場には出てきてなかったと思います。

ふなっしーのブースは,他のキャラクターさんのブースとは隔離状態。
そこでグッズを見ていると,とつぜん目の前のステージで,
「みなさんお待ちかねの…」
というアナウンスが始まった,と思ったら…

「ふなっしー!!」の呼びかけが!

だだだーっと人が集まってきて,ビックリあせあせ(飛び散る汗)
わたしもだだだーっとステージの方へダッシュ!!
いや,まさかのタイミングでした。

スケジュールにはふなっしーの出番は何も書かれていなくて
(そりゃそうですよね,殺到しますもんね)
事前告知なしのいきなりの登場だったようです。

ふなっしー,ふなごろーを連れての登場。

ふなっしー&ふなごろー


そして,鹿児島のイーサキングもご登壇。

ふなっしー&ふなごろー+イーサキング


そしてそして,まさかの…

夢の競演


ゆるキャラ界のレジェンド,彦根のひこにゃんも登場!
会場興奮のるつぼ(だったかも)!!!

なんと,ふなっしーとひこにゃんの共演は初めてだそうで。
貴重なショットを見ることができました。

ステージ自体は10分ほどで終了。
ふなっしーに遭遇するのは難しいだろうと思っていたので,
ほんとにびっくりでした。
日頃風水で運を鍛えている成果でしょうか(笑)

ゆるキャラとのふれあいも楽しいけど,
ご当地グルメのコーナーもあって,食も充実!
ゆるキャラに興味のないお父さんたちも楽しめます。
このご当地グルメのコーナーが結構楽しかったですよ〜

各地の観光PR紙を配っている人もいて,
そういうのをいただくのも楽しかった♪

ゆるキャライベントとしては最大級で,30万人を集めるそうですが,
会場が広い公園なので,混雑しすぎる感じはありません。
広い公園にレジャーシート敷いて,
のんびり楽しんでる家族連れがたくさん。
入場料100円と安いし,子供連れなら1日遊べますよね。

会場内もきちんと整備されているし,
羽生市,ほんとに力入れてるんだな〜と思いました。

羽生駅からシャトルバスが出てるんですが,
そのバスというのが…

大きな観光バスがど〜ん!!!

シャトルバス


これがピストン輸送じゃなくて,何台か回しているよう。
いや〜,羽生市の本気を見た思いでした。

トイレは常設のトイレのほかに,仮設トイレが100基以上。

ごみ入れもたくさん設置されていて,
分別もスタッフがついていて整理してくれるので,
分かりやすいしぐちゃぐちゃにならないし。
スタッフさんは中高生のボランティアのようでしたが,
学生がこういうボランティアをするのって,いいと思うんですよね。
分別の大事さが身に付くし,
分別しないことがどれだけ迷惑かよくわかるし。

上手に運営してるんだな〜と思いました。

そういうのも含め,気持ちのいいイベントでした!!

ゆるキャラも,ブームで数が増えすぎて,
多すぎっていう批判もあるし,それも良くわかるんです。
ぱっと見何の,どこのキャラなのかわかんないのもたくさんいるし。

でも,実際キャラクターたちをよく見てみると
もっと身近に感じて欲しいとか,
自分たちの地元を知ってほしいとか,
そういう想いが込められているのが良くわかって,
なんかな〜,ほんとに愛おしくなってきちゃうんですよね。

暑くて寒くて動きにくくて大変だろうに,と思うと
余計に応援したくなってくるし。

来年,もし行けたら,今度はもっとキャラのブースを見て,
ご当地のことをいろいろ知りたいな,と思うのでした。
ご当地グルメも楽しめるしね♪

posted by 香歩 at 19:09| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

関東初登山は筑波山へ!

先週の金曜日は,関東に来て初めて山登りに行きましたexclamation
行先は茨城県の筑波山。

なんだかすっかり茨城づいている我が夫婦(笑)

この秋一番足を運んだのは,地元千葉ではなく茨城ですたらーっ(汗)

別に,意識して「茨城に行こう!」とか「千葉はパス!」とか
考えているわけではないのですが,
好みの場所で行きやすいところが茨城の方が多いのですあせあせ(飛び散る汗)

千葉県の「行きたいスポット」は圧倒的に南か東南が多くて,
北西部のうちあたりからはなかなか行きづらいのです^^;
東南はまだ凶方位だしね。

ちなみに,千葉県には本当に「山」が少ないです。
県内最高峰の愛宕山,なんと408m^^;
京都の大文字山より低いですよあせあせ(飛び散る汗)

うちから比較的行きやすく,久々だし整備された山がいいな…
ということで,筑波山を選びました。

行きやすい,といっても最寄駅から歩いていけるわけではないし,
そこそこ距離はあるのですが,
駅からシャトルバスが結構たくさん出ていて交通の便が良いのです。
ロープウェイやケーブルカーも充実しているので,
もし体力的に無理そうだったら,それらを利用することもできますしね。

最近旦那さんが昼から夜のシフト勤務なので,
朝はゆっくり目に出発。
それでもつくばエクスプレスのつくば駅を
9時半に出発するシャトルバスに乗りました。

平日だというのに,バスは立っている人もいっぱい。
紅葉シーズンだし,お天気も良かったですしね。

30分ちょっとで筑波山神社に到着です。
バスはまだ先のつつじヶ丘駅(ロープウェイ)まで行きますが,
ほとんどの人がここで降りました。

筑波山の標高は870mほどですが,
筑波山神社はその中腹,標高270mほどの地点にあります。

筑波山神社


どっしりとした古い山門。
風情も威厳もあり,とてもいい雰囲気ですね。

こちらにも参拝してみたかったので,
まずはゆっくりとご挨拶して,安全登山を祈願。

そしてお手洗いなどもお借りして,準備を整えて,出発しました。

筑波山の登山コースは,こちらのサイトがわかりやすいです。

今回選んだコースは,まず「迎場コース」を通って
ロープウェイの「つつじヶ丘駅」まで登ります。
そこから「おたつ石コース」を歩き
途中で合流する「白雲橋コース」を登って女体山山頂に向かいます。

女体山山頂からは,「山頂連絡路」を通って御幸ヶ原へ行き,
最後は男体山山頂周りをぐるっと回る「自然研究路」を通り,
最後に男体山山頂へ―という予定でした。

最後は御幸ヶ原からケーブルカーで降りるか,
時間と体力があれば自力下山と考えていました。

結構距離はあるけど,一応,あまり険しくないコースを選んだ…
つもりでした,が…

最初の迎場コースは緩やかで,確かに楽なコースでした。
迎場コース

こんな感じで整備された階段状の道が続きます。
森の中で,あまり人もいなくて,気持ちいいハイキングでした。

ゆっくり歩いて1時間ほどでつつじヶ丘に到着。
つつじヶ丘


ここまでは車でも来られますし,ロープウェイもあり,
ちょっとした山頂遊園地状態。

ここはすご〜く見晴らしがいい!!

つつじヶ丘周辺より


ここで標高542mだそうで,大文字山より高いです。
(京都に長くいると基準が大文字山になるのです)

さてここから「おたつ石コース」へ
このコースはいきなり結構急な階段たらーっ(汗)
でも周囲の見晴らしはすごくいいので,
時々後ろを振り返り,景色を楽しみながら登る余裕があります。

つつじヶ丘を見下ろす


ちょっとわかりにくいですが,
遠くに霞ヶ浦も見えます。

霞ヶ浦を見下ろす


しかし,「白雲橋コース」に合流してからは…
かなり岩場が続く結構険しいコースあせあせ(飛び散る汗)
大きな石を登らなければならなかったりもするので,
両手両足総動員。
ハイキング気分で気軽に登ろうと思ったら,ちょっと危険です。
(でも軽装の人,いましたけど^^;)

おまけに,この日はどこぞの中学校の登山と重なってしまって,
岩場途中で大渋滞が発生して通れなくなってあせあせ(飛び散る汗)
かなり待ち時間をとられて時間もかかってしまいました。

ただ,筑波山での大渋滞は良くあることらしいです^^;
渋滞を見込んで登山計画を立てた方が良さそうですね。

でも,白雲橋コースは,ハードだけど巨岩巨石の自然のアートが点在し,
見所がたくさんあります。

弁慶七戻り


これが有名な「弁慶七戻り」。
崖と巨岩の間に岩が挟まっている!
あの弁慶も7回戻ったと言われることからこの名がついたそう。

弁慶七戻り・反対側より

ちなみにこちらは反対側。

うん,バランス,絶妙。

他にも,陰陽岩や。
陰陽石


出船入船。
出船入船


裏面大黒など。
裏面大黒
(大黒様の後姿に似ているとか…何となく納得できるところがスゴイ)


さまざまな奇岩・巨岩が見られます。

渋滞に巻き込まれたこともあり,
ちょっと時間がかかって1時間半ほどで,
女体山山頂に到着しました。

女体山山頂


山頂は標高877m,筑波山一番の高さです。
ここには筑波山神社の女体山本殿があり,
手を合わせることができました。

さすが関東平野にそびえたつ筑波山,
景色がとっても素晴らしかったです!!

お天気は良くても少し霞んでいたので,
富士山は望めませんでしたが,ほんとーにかすかに
スカイツリーを見ることができました。

女体山山頂に着いた頃にはかなりお腹が空いていたので,
山頂連絡路の途中でお昼ご飯。
持参したお弁当と,お茶屋さんで買ったおでんをいただきました。

筑波山は食事処も充実しているのは知っていたのですが,
やっぱり登山にはお弁当でしょ,ということで^^
でもあったかいおでんも嬉しかったです。

そしてさらに30分ほどで,御幸ヶ原に到着。

ここは広々としていて,お店もたくさんあって,
ケーブルカーで登ってきた軽装の観光客もいっぱいいました。

少し休憩して,自然研究路を歩こうと思ったところ…

自然研究路は一部が通行止めになっていて,通り抜けできないとのこと。

諦めて,男体山山頂に登ることにしました。

男体山山頂(871m)には,15分ほどで到着。

男体山山頂


こちらにも男体山本殿があり,お参りさせていただきました。

山頂なのでスペースは小さいですが,
ちゃんと社務所があり,ご朱印もいただけます。

ただ,女体山・男体山とも,山頂は混むのであせあせ(飛び散る汗)
あまり長居はできない状態です。
さくっと山頂を降り,再度御幸ヶ原に降りました。

この時点で3時前くらい。
思ったより時間もかかっていたので,
無理せずケーブルカーで降りることにしました。

ケーブルカーを降りると,再び筑波山神社の境内に出ます。

もう一度拝殿で手を合わせて,無事下山できたお礼を申し上げました。

この後は,疲れた体を癒しに,温泉へいい気分(温泉)

徒歩10分ほどの「つくば湯」に向かいました。

「つくば湯」に向かう途中,何やら救急車や消防車が追い抜いて行きます。
もしかして「つくば湯」で何かあって,閉鎖してたりしてねー,
なんて言ってたら,
本当につくば湯の前に救急車が止まっていましたがく〜(落胆した顔)

幸い,大事ではなかったそうで,閉鎖はしておらず(笑)
(サウナで倒れた男性の方がいらっしゃったとか…)
ちょっと物々しかったですが,入浴はさせていただけました。

つくば湯は立ち寄り温泉施設ですが,
旅館が隣接しており宿泊もできます。
泉質はアルカリ性単純泉。
お風呂自体はそんなに大きくはないですが,
露天風呂からの眺望は素晴らしいです。
女湯からは女体山の山頂が良く見えました。

お湯も温くなく熱すぎもせず,適温で,
露天風呂が気持ち良くてつい長湯してしまいました。

帰りはまた筑波山神社からバスに乗ります。

バスセンターからの夕焼け



バス乗り場からは夕焼けが綺麗に見渡せ,
うっすらとですが…

夕焼けの中の富士山


富士山のシルエットも見ることができました!

好天に恵まれ,絶好の登山日和。
本当に良い経験をさせていただきました!

筑波山,予想外にハードだったけど,
しっかり整備されているし道に迷う心配もないし,
登山に慣れるには良い山かもしれません。

怪我もトラブルもなく無事下山でき,
筑波山神社にもお参りでき温泉にも入れて,
本当に良い一日でしたわーい(嬉しい顔)
posted by 香歩 at 17:24| Comment(0) | 初心者のアウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

世界一の大仏さまと,かっぱの町へ

またしても茨城県。
これは割と最近,11月上旬のお出かけです。

旦那さんと一緒に,牛久ぷち散策に行きました。

牛久(うしく)って,多分関西の方には著しく知名度が低いのではと思うのですが^^;
こちらにはな〜んと,「世界一」の大仏さまがいらっしゃるのですよ。

大仏さまにお会いするには,牛久駅から関東バスで40分ほど。

「世界一」の大仏様,その高さは120mもあり,
立像のブロンズ像では世界最大で,ギネスブックにも認定されているとか。

奈良の大仏さまが約15m,それが掌に乗るサイズだというから,
そのスケールの大きさがわかります。

そんな大大仏さまだから,当然建物の中に入るはずもなく…

牛久大仏

どどーん!


すごいです…

見下ろす大仏様

(ものすごく見下ろされている…)


なんかこう…
スケールが冗談のように大きいので…

「こんな大仏が動いて襲ってくる映画なかったっけ?」とか
「実は台座が噴射口になってて,ロケットになって飛ぶ!」とか
バチあたりなことを言いながら見学してました。
なんだか現実感が薄いんですよあせあせ(飛び散る汗)

中も見学でき,地上85mの展望台にも登れます。
ちょうど大仏様の胸のあたりになります。

気候によっては,富士山やスカイツリーも見えるとか。
この日はお天気は良かったのですが,
ちょっと霞がかっていたので,見えませんでした。

でも確かに見晴らしが良くて,仏像の中だと思うと,
ちょっと不思議な気分になりますね^^

1時間ほどで大仏様拝観は終了。
周囲の庭園や小動物公園を見て回ることもできるのですが,
次に行きたいところがあった私たちは,
再びバスに乗り,駅に戻ります。

駅でお昼ご飯のお弁当を買いこんで,
今度はコミュニティバスに乗車。

牛久沼のほとりの「かっぱの小径」に向かいました。

牛久には河童伝説があり,マンホールのデザインもこのとおり。
牛久のマンホール

可愛いですね〜^^

「かっぱの小径」は牛久沼のほとり,1キロほどの散策路です。

牛久沼近くまでコミュニティバスで15分ほど。
三日月橋生涯学習センターのバス停で降りて,歩き始めました。

ここには観光あやめ園があり,
散策路のほとりにはこんなかっぱの像も。
牛久沼のかっぱ像


ちょっと風の強い日でしたが,
お天気が良いのでと〜っても気持ちが良かったでするんるん

牛久沼もきらきら輝いていました。
牛久沼


どこか座れるところがあればお弁当を食べたかったのですが,
歩き始めのカッパの像の近くでベンチをみた以外は
落ち着いて座れそうなところがなく,ちょっと残念でした。

こんな木の道もあって。
かっぱの小径の木道

まっすぐのびる


平日なので,歩いている人は地元の方と思われる人がちらほら。

久々に景色の良いところでのんびりお散歩を満喫しました。
ちょっと熊野古道を思い出したり。

木道を抜けると,道が沼のほとりを離れて,
小高い丘の住宅地の方に入って行きます。

こちらの方向には「河童の碑」があると下調べしていたので,
まだ時間もあるし,見に行くことにしました。

住宅地のお家は,お庭や駐車場も含め,びっくりな広さ。
離れがいくつもあるお家もあったりして。
きっと古くからこの地に住む方々なのでしょう。

そして,標示に従い住宅地を少し雑木林の方に入っていくと,
河童の碑がありました。

かっぱの碑


予想外に大きくて,立派なものでした。

比較対象がないのでわかりにくいですが,
地面からてっぺんまで,2mくらいあると思います。

河童の碑の手前の道は,広くていくつもベンチが置かれており,
ここでお弁当をいただくことにしました。

ベンチの前は雑木林で,その向こうに牛久沼が見えます。
木がかなり茂っているので見通しはよくありませんが,
もう少し木が少なければ,素敵な見晴らしだと思います。

むこうに牛久沼が…

写真だとさらにわかりにくいですがあせあせ(飛び散る汗)
この木々の向こうにわずかに牛久沼が見えます。

のんびりお弁当を食べて,休憩。

お天気はいいし暖かくて気持ちいいし。
林の向こうに少しだけ見える水面はきらきらしているし。

全国レベルで有名じゃなくても,
行ってみると素敵だなーと思えるところって
たくさんありますよね。
こちらもそういうところの一つでした^^

近くの雲魚亭にも寄ってみました。
ここは,牛久ゆかりの画家:小川芋銭の住まいだったそう。
現在は記念館として公開されています。
中では,資料や作品を見ることができます。

本来,内部は土・日・祝日のみ公開だそうですが…
この日は私たちの前に団体さんがいらっしゃったせいか,
平日にもかかわらず開いていて,中に入ることができました。

絵画にはうといので,芋銭という方も知りませんでしたが,
河童の絵はとても印象的でした。

さて,雲魚亭を後にして,帰りのバスに乗ります。

駅に着いたら,以前にも行ったシャトーカミヤへ。

本日も地ビールを購入。
そして,今回はワインショップにも行って,
シャトーカミヤのものではないですが,
フランスからの輸入ワインを買いました。
白はハーフで1000円以下,赤もフルボトルで1400円ほどと
お手頃価格のワインだったのですが,美味しかったです!

コスパのいいワインを置いてると,信頼できますよね^^
次はちゃんと,シャトーカミヤのワインを買おうと思います!
シャトーカミヤのワインは,好みのタイプのものだと
ちょっとお高かったんですよねあせあせ(飛び散る汗)

そしてさらに。
そこから20分ほど歩いて,「カマンベール」というケーキ屋さんに。

ちょっと入り組んだ住宅街の中にあるので,
初めてスマホのグーグルマップのナビにお世話になりました。

いや〜,便利ですね〜〜〜!
なんでこんな道知ってんの?って突っ込みたくなるような,
裏道チックな道をご案内してくださいますね(笑)

無事到着…の前に,こだわりの地酒置いてます!って感じの
酒屋さんを発見したり。
ほんとこだわりのお店っぽくて,鶴来の菊姫が並んでいたり,
初めて聞く蔵元のお酒が置いてあったり。
かなり心が動きましたあせあせ(飛び散る汗)
今回はすでにワインとビールを購入していたので
ちょっと買うことができませんでしたが,次回はきっと!!

で,目的の「カマンベール」さんに無事到着。

思っていたよりこじんまりとしていました。
名前の通り,チーズケーキが有名なお店。
チーズケーキ2種とその他のケーキ2個,
合計4個を買って帰りました。

素朴なケーキでしたが,味はまろやかでとても美味しかったです^^
特にお店と同じ名前の「カマンベール」というケーキが私たち的に大ヒット。

世界一の大仏様に,気持ち良い散策コースに,
好みの駅近グルメスポットまであって,
牛久ってなかなか侮れないところですわーい(嬉しい顔)

旦那さんはかなりカミヤの地ビールが気に入っているようだし,
多分またお買い物だけでも来てしまいそう。
その時には菊姫の日本酒も買いたいな〜

またまた茨城の素敵スポットを堪能したのでしたかわいい
posted by 香歩 at 19:07| Comment(0) | 関東さんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

ふらっと福島なりゆきの旅

先日アップした茨城の旅には「秋の鉄道パス」を使いました。

この切符,3日連続使用しなければなりません。
なので,翌日にもお出かけしてきました。

実はこの日は,台風18号が日本を直撃する前日。
お天気はぐずつき模様で不安定,通常ならパスするところですが,
その翌日は台風襲来がほぼ確実という状況だったので,
多少の不安を感じつつも日帰り旅を実行しました。

この日は旦那さんはお仕事なので,久々に一人旅でした。

目的地は福島県の飯坂温泉をメインに,
時間があれば他も…と思っていましたが,
天候に不安があり,早く帰った方が良いかもだったので,
温泉以外の予定はなりゆき次第ということにしていました。


【予想外その1:寒いっ!!】

さすが台風前というか,朝からお天気は悪かったです。
家を出る時点では雨は降っていなかったけど,厚い雲に覆われていました。

しかしそれよりなにより…

寒いっ がく〜(落胆した顔)

前日よりは厚着をしていたんだけど,全然追いつかない寒さあせあせ(飛び散る汗)
宇都宮あたりから,電車内にいても寒くてたまらない

まだ10月初めと油断していたら,まさかの低気温あせあせ(飛び散る汗)

周りを見ると,みんなモコモコの温かそうなニットとか,
しっかりした冬用のコートを着ています。
みんなしっかり天気予報見てるんだなあ…
ていうか,家出た瞬間,寒いよな…
(うちの辺りは朝はそうでもなかったんです)

車内はまだ無暖房。
駅で扉が開くたびに,寒風がふきすさびます。

目的が温泉でぬくぬくいい気分(温泉)とはいえこれは無理!
温泉までもたない,絶対風邪ひく!

郡山駅に到着したら駅ビルに飛び込んで
カーディガンを購入しましたあせあせ(飛び散る汗)


【予想外その2:お祭りだ!】

郡山でカーディガンの買うのに時間がかかってしまい,
予定より遅れて,お昼前の電車に乗り,福島に向かいました。

ほかほかカーディガンに落ち着きを取り戻し,
のんびり車窓の景色を楽しんでいると…

二本松駅で停車した時に,
結構たくさんの人が降りて行くんですよね。
そして,駅にはなにやらお祭りの幟が。
そして,ちらっと見えた駅前には,出店らしきものがいくつか。

あれ?何かお祭りがあるのかな?と気になり,
スマホで検索したところ…

ちょうどこの日は,「二本松の提灯祭り」の中日にあたっていました。

せっかくだし,次の機会があるかわからないし,
どうしてもちょっと見てみたくなって,
2つ先の松川で降りて,郡山行の電車に乗り,二本松に戻りました。

二本松駅から,出店の出ている坂道をぶらぶら〜っと歩いて,
二本松神社に到着。
こちらはお祭りの舞台にもなっているようで,
とても由緒のありそうな,どっしりした神社でした。

二本松温泉


「提灯祭り」だけあって,夜がメインなようで,
これといってお祭りの行事を見ることはできなかったのですが,
出店の賑わいでお祭り気分を味わったり,
お祭りの様子を紹介したビデオを見たりして,
少しだけ,このお祭りのことを知ることができました。

提灯祭りのポスター


とりあえず,頭の中にお祭り情報としてインプット。
かなり歴史のあるお祭りなようなので,
いつかは見に来ることができるといいな。


【予想外その3:あっつう〜!!】

寄道を終えて,ようやく福島に到着。
ここから福島交通飯坂線の電車に乗り,
飯坂温泉に向かいました。

福島交通の福島駅


終点の飯坂温泉駅から,温泉街はすぐです。
このアクセスの良さが電車族には嬉しい限りるんるん

飯坂温泉の歴史を遡ると,縄文時代にまで至るそうで(驚)
なんとその歴史にはヤマトタケルの名前も出てきます。
西行法師や松尾芭蕉も訪れたといわれる,
長い歴史を誇る温泉地です。

飯坂温泉駅


今でも,往時の歓楽街としての賑わいをところどころに感じます。

飯坂温泉


いかにも老舗の温泉宿,という感じですよね。
「芭蕉と曾良 入浴の地」の碑もあります。

こちらでは,有名な共同浴場,鯖湖湯にお邪魔しました。

鯖湖湯


外観もレトロで昔の湯治場の雰囲気がありますね^^
建物自体は1993年に建て直されたそうで,
実際に古いわけではないですが,すごく素敵な建物でした。

さて,中に入ってちょっとびっくりしたのが,
脱衣所と風呂場の間に壁がないんですよね。

建物の外扉を入ると番台があり,
靴脱場を上がって中扉を開けると,
目の前が脱衣所,その左手に風呂場が。

見慣れない光景にびっくり^^;

そして風呂場にはシャワーとかカランとか,ないあせあせ(飛び散る汗)

どどーんと真ん中に,湯舟があるだけなのです^^;

体や髪を洗うには,湯舟から洗面器でお湯をとって,
湯舟の周りで洗うのですね。

で。

このお湯がすっごいあっつい!!!

熱さに驚いていると,地元の方が,隅にある水道からホース引っ張ってきて,水を入れてくださいました。
こうやって温度を調節しているそうです。

そして,やや冷めた湯舟に入ってみましたが…

やっぱり,かなり,熱い^^;

足がね,じんじん痛くなるのですよ。

地元の方曰く,熱さに敏感なのは足,しかも膝下で,
そこが入ればあとは肩まで浸かれるとのこと。
たしかにその通り…ではありましたが,
足が痛くてやっぱり長くは入っていられませんでした。

でも,激熱のお湯も,まさしく温泉という気持ち良さがあって,
何度も入っては出て,入っては出て…
湯舟でまったり,というわけにはいかなかったけど,
しっかりお湯を堪能してきました。

昔の温泉や銭湯って,みんなこんなだったのでしょうね。
みんなで湯舟を囲んで,あーだこーだ喋りながらお湯を使う。
昔ながらの共同浴場の風情を味わって,温泉も楽しんで,
料金は200円と超良心的だし。

ただこちら,化粧台やドライヤーはなかったと思うので,
(私が見落としただけかもしれませんが…)
電車で訪問の場合は洗髪は控えた方がよさそうです。
お化粧ができそうなスペースもなかったので,
なるべく顔も濡らさないようにしました。

いや〜〜〜,めっちゃあったまりましたよ

その後は,お天気も回復しないし,
これ以上の寄り道はなしで帰途につきました。


なりゆき任せだったわりには,目的の温泉にはちゃんと行けたし,
思いがけない寄り道もできた旅でした。

気候が良ければもう少し足を伸ばしてみたかったのですが,
福島までは18きっぷ等でも日帰り圏内とわかったし,
また次の楽しみにしたいと思います。






posted by 香歩 at 17:17| Comment(0) | 旅行風水:実践編【北東方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

至近距離で会ってきた!!

怒涛の旅レポ投下週間にしようと思ったのに,早速寄り道あせあせ(飛び散る汗)

今日は,東京に行ってきまして。

安藤美姫さん写真集


安藤美姫さんのサイン会に行ってきましたわーい(嬉しい顔)

先日出版された美姫さんの写真集の出版記念サイン会が開かれると,
美姫さんの公式FBで知りまして。

実は私,ファンになった方でも,
あまりサインとか写真とかには興味がないほう。

あくまでその人の作品や活動,人柄を好きになるので,
作品をたくさん見たり,活動の記録を追いかけたりする方が
大事なのです。
ご本人と交流したいとはあまり思わないし,
記念の何かが欲しいとか思わないんですよね。

でも,今回は,告知から応募締め切りまでが短かったので,
あまり考える時間がなかったのがよかったみたい(笑)
せっかく行ける距離にいるんだし,こんな機会もうないかもしれないし,
とりあえず応募しちゃえ!と応募フォームに書きこんだら
当選しましたぴかぴか(新しい)

間近でお会いした美姫さん,
顔ちっちゃいし,まつ毛長いし,目がきらっきらしてて,
オーラの華やかさがハンパなかったです!!

ほんっとに可愛かった〜ハートたち(複数ハート)

みなさんの声に気さくに応じて下さって,
真っ直ぐに笑顔を向けて下さって,あ〜素敵だな〜って。

美姫さんのサイン


サインもとても丁寧にしてくださいました。
きらきらオーラのシャワーを浴びて,
ちょこっとパワーをいただいた気分でするんるん

サイン会終了後は,
せっかく出てきたからまっすぐ帰るのももったいないし,
前から気になっていた清澄庭園に寄り道。

清澄庭園


紅葉にはまだちょっと早くて,色づいていたのは1本だけだったけど,
とてもきれいなお庭でした。

清澄庭園2


緑の中で深呼吸。
たまにはこういうところでぼんやりするのもいいもんだなあ。

そのあとは,なかなか来ることのなさげな土地なので,
ネットで調べたパン屋さんとケーキやさんに寄り道して帰りました。

なんだか非日常な一日でございました。
posted by 香歩 at 23:35| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

茨城県を東へ西へ【大洗〜土浦編】

那珂湊と大洗は,隣り合わせの港町です。
距離も,双方の中心地間で2〜3キロと近いですが,
それぞれに港市場があり,別の経済圏という感じがします。

というのも,2つの町は那珂川という大きな川で隔てられているんですよね。

この2つの町を結ぶ鉄道もなく,公共交通機関はバスです。
歩いても,20〜30分くらいで着きそうな距離なんですが,
私たちは時間節約のためにバスに乗りました。

大洗には有名な「アクアワールド」という水族館がありますが,
二人してあまり水族館に興味がない…のと,
時間がそんなにとれなかったのでパス。

また,大洗磯前神社(おおあらいいそさきじんじゃ)という,
海の岩場の上に立つ鳥居のある神社もあり,
こちらはぜひ行ってみたかったのですが,
諸般の事情により神社参拝は控えた方が良さげだったので,パス。

で,どこに行ったかというと…

大洗めんたいパーク


こちら,明太子で有名な福岡の「かねふく」の「めんたいパーク」!

たまたま,千葉だったか埼玉だったかの道端で
この「めんたいパーク」の看板を見かけて以来,
とても気になっていたのです^^;

福岡で有名な「かねふく」の施設がなぜ茨城に…?と。

なもんで,覗いてみました!

…で。

びっくり

結構な人なんですよ〜あせあせ(飛び散る汗)

てっきり「かねふく」の宣伝用施設で,
売店と,ちょっと「明太子の作り方」とかの説明が見られる感じかな,
と思っていたら(いえそれはあながち間違っていなかったんですが)
広い駐車場にはたくさん車が止まっているし,大型観光バスも!

中にも人がたくさん。
試食コーナーには長蛇の列!

まあまず,外観はこんな感じ。

めんたいパーク・玄関


玄関のガラスの波線は,震災時の津波のラインです。
めんたいパーク・玄関その2


こうしてみると,あまり高いところまでは来なかったようにも見えますが,
駐車場からは1mくらいは高さがあるし,
駐車場も海面からは数mはあると思うので,
かなりの高さの津波で店内一面が水浸しになったことがわかります。

売店の奥はどどーんと明太子加工場になっているらしく,
一部は通路からガラス越しに見学できます。
見えるのは仕上げ加工場だけですが,
そこだけでもかなりの人数が働いているのが見えました。

通路沿いには明太子加工についての説明書きも。

売店の中には,太っ腹にも無料のドリンクコーナーがあり,
たくさんの人が並んでいました。

試食コーナーでもけちけちしない!
明太子のたっぷり乗った軍艦巻きをいただけます。

施設内はきれいだし,サービスもいいし,商品も豊富。
お徳用の明太子などもあり心惹かれましたが,
いかんせん当方は電車移動ふらふら
ここでも帰宅までの時間を考えて,
常温で持ち歩きできるめんたいソーセージのみ買いました。
う〜ん,でも美味しそうだったし,買い物したかったな〜あせあせ(飛び散る汗)

基本的には売店なんで見学できるところも少ないし,
そんなに時間はかからずに見終わりました。
あとは,ちょっと海岸沿いをぶらぶらして,
地元のお土産物を見たりしてから,大洗駅に向かいました。

今回は,駆け足・つまみ食い的な滞在でしたが,
アクアワールド,磯前神社,めんたいパーク,海鮮市場やアウトレットなど,
バスや徒歩で巡れる範囲内に,
あれこれ楽しめそうなポイントがたくさん。
この日は天気が悪かったけど,晴れていたら海も綺麗そう。
次はゆっくり一日楽しんでみたいです。
(でも来年は北東は凶方位になるんだよなーあせあせ(飛び散る汗))

こちらは大洗駅。
大洗駅

鹿島臨海鉄道の駅です。

実は今回の旅,もう一つ目的がありまして。

それは,「ときわ路パス」と連動して企画された
「ときわ路スタンプラリー」のスタンプを集めることでした。

ときわ路スタンプラリー パンフレット


ときわ路パスの使える5つの路線(JR東日本,関東鉄道,真岡鐡道,ひたちなか海浜鉄道,鹿島臨海鉄道)のうち,
鉄道会社2社以上で3駅のスタンプ,
もしくは5社で5駅のスタンプを集めると,
懸賞に応募できるというもの。

先日,真岡鐡道のSLに乗った旅で,
JR東,関東鉄道,真岡鐡道のスタンプは取れていたので,
あとはひたちなか海浜鉄道と鹿島臨海鉄道だけだったんです。

懸賞に応募したいのもあるけど,コンプリートしたいじゃないですか^^

ひたちなか海浜鉄道は那珂湊駅でスタンプがとれたので,
残りはここ,大洗駅の鹿島臨海鉄道のスタンプだけ。

無事,オールコンプリートできました

そして鹿島海浜鉄道で水戸まで。
そこでJR線に乗り換え,一路西へ。

ず〜んと内陸に戻って,牛久駅で下車しました。

牛久には,シャトーカミヤというワイナリーがあるのです。
しかも,牛久駅から徒歩10分弱という好立地

大抵ワイナリーなんかは車でないと行けないようなところにあるので,
電車族の我々にはこのシャトーは貴重な存在

ただし,今回のお目当てはワインではなく…

ここ,シャトーカミヤではビールも製造しているのです。

各地の地ビールを楽しむことは,
もはや旦那さんの趣味の一つとなっているのです。
9月に行ったビール祭みたいなイベントも楽しいですが,
やっぱり地元で探して手に入れるのが王道!なのですわーい(嬉しい顔)

とことこ歩いてシャトー内のショップに到着。
牛久に到着時点で4:30を回っていたので,
5時閉店とかだったらアウトかも,と思っていたけど,
6時閉店だったので余裕で間に合いました。

さすが,シャトーの看板を掲げているだけあって,
お店の外観も内装もおしゃれでした。

ワインもぜひいただいてみたかったけど,
今回は旦那さんのビールを最優先。

こちらのビールは,地ビールにしては珍しく,
500mlの中瓶サイズ。
シャトーカミヤの地ビール

ピルスナーとデュンケルの2本を購入しました。

そしてそして。

この時点で夕方5時を回っていましたが,
本日の旅はまだ続くのです!

牛久から少し東に戻りまして…

土浦全国花火競技会1


土浦全国花火競技会を見に行きました!

こちらは日本三大花火大会・日本三大競技花火大会の1つとされる
全国有数の大規模花火大会。

割と直前に行くことを決めたので有料席はとれず,
良い見物場所などはあまりわからなかったのですが,
とりあえず事前にネットで調べた穴場を目指すことにして,
土浦駅から歩き始めました。

で,土浦駅から少し南に行って,桜川に架かる橋を通ると,
橋の上では気合を入れて酒やつまみを仕込んで座り込む人がさくさん。
あー,ここからも見えるんだな〜と思っていたら,
大きな花火がどんどん打ちあがっているのが見えました。

近くじゃないけど,川の先で花火が上がっているのが良く見えます。

そうはいっても橋の上はすでに人でいっぱいだったので,
橋を渡って堤防をさらに南に歩いていくと…

意外と,堤防の上の道路,人が少ないんです。

折畳椅子やらレジャーシートを敷いている人もいるけど,
路上駐車も少ないし,車もそんなに通らない。

しかも,結構よく見える!

なので,遠くの穴場まで行かず,そこで座り込んで見てました。

でもこの花火,本当にすごかったです!
いたばし花火大会みたいに切れ目なく連発連打,ではないですが,
競技会だけあって,趣向を凝らしたスターマインだったり,
超特大の尺玉だったり。

土浦全国花火競技会2

土浦全国花火競技会3


遠くから見ても素敵だったけど,いつかは有料席でじっくり見たい!
と思いました。

最後まで見ていると駅の混乱がすごそうなので,
終了30分前くらいから駅に向かいました。
それでも駅周りは帰るお客さんがかなりいましたが,
混雑具合はまだマシな感じで,電車にもすんなり乗れました。

朝から晩まで茨城満喫,東へ行って西に戻ってと,
移動も多かったけど,いろんな路線にも乗れたし楽しかったですわーい(嬉しい顔)

最近の話題で,茨城県は都道府県の魅力度ランキングで
2年続けて最下位だったとか…あせあせ(飛び散る汗)

そうかなあ…
いいところだと思うんだけど。
結構いろんなローカル線が走っててそれも面白いし,
ぶらっと立ち寄って楽しめるポイントがいろいろありますよ。

今の時期なら袋田の滝や竜神大吊橋の紅葉がすごいみたいだし。
(今年はちょっと行けそうにないけど…)

まあ,ランキング付けしたら絶対どこかが最下位になるわけですから,
中途半端に44位とかになるくらいなら,
最下位の方がアピール力ありそうですが…

とりあえず,個人的には魅力度の高いところになったんで,
またぶらり旅を楽しんでみたいと思いまするんるん

 *おわり*







posted by 香歩 at 21:31| Comment(0) | 旅行風水:実践編【北東方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

茨城県を東へ西へ【ひたちなか編】

先週のプチ散策ネタを書こうと思ったら,
その前の旅ネタもアップできていないことに気づきましたふらふら

ここんとこ,本当に旅ネタが溜まって溜まってあせあせ(飛び散る汗)
写真とか,リサイズしたりトリミングしたりするだけでめんどくて,
ついつい後回しにしてしまっていますが,
自分的に,レポを書き留めておくことは大事なんで,
怒涛の旅レポ投下週間にしたいと思います!

随分時間が経ってしまって,タイムリーじゃなくなってますが,
興味のある方はお付合いくださいませ〜

 *   *   *

10月第一週目の週末,まだ風水的には9月のうちに,
北東方位,なかでも東北東の寅の方位を狙って,
またまた茨城県の方にお出かけしました。

私はJRの「秋の乗り放題パス」で。
旦那さんは「ときわ路パス」を使って。

今回は茨城県でもぐい〜んと東の方,海沿いまで。

結構予定が盛りだくさんな旅なので,朝は早めに出発。

JR常磐線に乗り,勝田へ。
8:37に到着し,そこからひたちなか海浜鉄道へ乗り換えます。
8:46発の電車に乗り,終点の阿字ヶ浦まで向かいます。

本日の最初の目的地は国営ひたち海浜公園です。
こちらは,ひろ〜い園内にさまざまな花畑や遊具施設があり,
バーベキューなんかができる施設もある公園です。

旦那さんの「ときわ路パス」はひたちなか海浜鉄道にも乗れますが,
私の「秋の乗り放題パス」は当然JRオンリーなので,
私だけ,国立ひたち海浜公園の入場券つき1日フリーパスを買いました。

ところでこのひたちなか海浜鉄道。
わずか14kmのミニマム路線なのですが,
なかなか面白い路線です。

各駅の駅標の文字がとっても凝ったデザインなのです。

ひたちなか鉄道の駅標


それぞれの駅の
歴史や地域の特徴に合わせたデザインだそうです。

小さなローカル線もいろいろ工夫があって,
足を伸ばして乗ってみるのも楽しいです^^

そして9:14,阿字ヶ浦に到着しました。
ここからは通常,路線バスで国営公園まで行くのですが,
この時期はちょうどコキアの紅葉時期ということで,
海浜公園までの無料送迎バスが出ていました。

送迎バスは電車の到着時間の合わせて設定されているので,
乗車したらほどなく出発となりました。

9:30頃に公園に到着。
時間も早いしお天気もいまいちだったので,人も少なく,
敷地が広大なのでちょっと寂しくもありますが,
緑いっぱいの公園の中をのんびりお散歩しました。

広い園内だから,こんなかわいい周遊バスも出ているんですが
海浜公園の園内周遊バスその1

園内周遊バスその2


最近の運動不足解消のため,なるべく歩くようにしている私たち。
広い園内をウォーキングも兼ねて歩きました。

こちらがみはらしの丘のコキア。
コキアの丘


この頃のコキアはまだまだ紅葉は進んでいませんでしたが,
そのまわりのコスモスがかなり咲いていて,きれいでした。

コキアの丘のコスモス


ふわふわ,コロコロしたコキアは可愛いですね。
コキア


みはらしの丘からは,海も見渡せます。
みはらしの丘からの遠景


園内はかなり広いのでいくつものエリアに分かれていて,
植物も本当にさまざま。
時期的にちょっと花は少ないですが,
萩が咲いていたり,巨大なすすきみたいな植物があったり。
海浜公園内

(なんか荒涼として見えますねー…)


遊園地みたいな遊具があるエリアもあって,家族で一日中遊べそう。
犬も連れて入れるみたいだし。

「香りの谷」っていうエリアがあって,
どのへんが「香りの谷」なんだろうと思ってあるいてみたら,
ハーブ園でした!確かに良い香りがしていました^^

そんなに植物好きなわけでもないので,
楽しめるかな?と思っていましたが,
予想以上にいろんなエリアがあり,開放的で気持ちの良いところでした。
また別の季節に行ってみたくなりました

結局2時間くらい過ごして,
帰りの送迎バスに乗り,再び阿字ヶ浦駅へ。

阿字ヶ浦駅から,勝田方面行に乗車し,那珂湊駅で下車します。

那珂湊


ここはもう,名前のとおりの港町。

駅標に猫がいます!
ここには有名な駅ネコ「おさむ」「ミニさむ」ちゃんがいるそうです。
(残念ながら遭遇できずもうやだ〜(悲しい顔)

さてさて,港といえば市場でしょ,ということで。
那珂湊おさかな市場に直行。

ちょうどお昼時だったので,お目当てはもちろん新鮮な海の幸♪
お食事処に入って,さっそく海鮮丼を。

海鮮丼


もちろん市場では新鮮なお魚が山盛り,
呼び込みのお兄ちゃんも威勢が良くて活気があるんだけど,
ここから電車で帰る私たち(しかもまだ寄道する)には買い物は無理たらーっ(汗)
送ってもらうことはできるんでしょうけど,
そこまでがっつりは買えないし。
ということで,ひやかし専門でしたが,面白かったです。

港をぶらぶらしてから,今度はバスでお隣の大洗町に向かいました。

 *つづく*
posted by 香歩 at 19:36| Comment(0) | 旅行風水:実践編【北東方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

冷凍♪冷凍♪

先日も書きましたが,我が家は食費を半月づつに分けて予算立てしています。
今日は我が家の食費計画の後半期の開始日でした。

ちょうど週末は各スーパーの特売日パンチ

あちこちで食材を仕入れ。
かなり隙間ができていた冷蔵庫にどんどん食材が入ります。

お肉やお魚は一回分づつに小分けして冷凍。

大盛パックでお買い得だった豚ひき肉は,
生のままより調理してから冷凍したほうが安心なので
今日の夕食用にコロッケを作ります。

たまたま安かったシイタケも買ったので,
急遽シイタケの肉詰めも作ることに。

肉詰め用の肉あんが余ったので,
お弁当用に小さなハンバーグにして,冷凍。

コロッケも多めに作って,夕食にいただく分以外は冷凍。

それでもまだひき肉は大量に残るので,
みじん切りにしたお野菜とまぜまぜして,
肉団子にしてボイルして,冷凍。

今の冷蔵庫は「熱いもの冷凍」も「お急ぎ冷凍」もできるので,
どんどん作ってどんどん冷凍できます♪
ありがたや〜〜〜〜




posted by 香歩 at 23:42| Comment(4) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

ダンナさんナイスですσ^_^;

11月に入ると、そろそろ年末年始の過ごし方も
具体的に決めていく頃ですね。

というか,世間ではもっと早く動いているのだろうか?あせあせ(飛び散る汗)

長い間,大晦日も元旦も「仕事上等!」な生活だったので,
その辺の感覚がよくわからんのですよふらふら

来年の年始は旦那さんが割と休めることもあって,
宮崎県の私の実家に行くことになりました。

旦那さんは九州にはほとんど行ったことがないので
(私の父に挨拶に行ってくれた時以来)
どうせなら1日はどこか観光に…と思い,
湯布院なんかいいな〜♪と思いながら
ざっくり計画を立てて相談しました。

しかし,旦那さんの反応は,
「どっちかっていうと宮崎県のいいところを見てみたいな〜」
と。

ちょっと残念に思いつつ,宮崎県のいいところ…と考えていて
はた!と気づいたのですが…

九州って,あらかた西方位じゃなかったっけ…???

うちの実家を含め,宮崎県はおおむね南西方位,
というのは確認していたのですが,
九州で南西方位に含まれるのはかなり南の方だけだったような…

と,あわてて幽竹さんの旅行風水サイトで,方位盤を確認。

すると,やはり大分の湯布院辺りは西に入ってる!!がく〜(落胆した顔)
帰省予定の時期には,六白金星にとって西はモロ凶方位。
温泉どころの話じゃありませんふらふら

京都に住んでいた頃は,大分も南西だったんですよねたらーっ(汗)
だから何となく,「別府・湯布院あたりは南西!」という思い込みが
未だに残っていたみたいです。

そもそも,お正月休みに宮崎に行こうと思ったのは,
2014年12月の運気の間は南西が吉方位になるからなんですよね。
(そしてこれを逃すとしばらく南西が凶方位になってしまう)
実家に帰るぶんには,私は凶方位の影響は受けないけど,
旦那さんには影響があるので。

なのにわざわざ凶方位の温泉を選ぶなんて,
本末転倒になるところでしたあせあせ(飛び散る汗)

旦那さんのナイスな一言のおかげで,凶方位を回避できました。

本能か?(笑)

せっかくだから,帰省だけじゃなくて,
南西の運気もしっかり貰えるような旅にしたいと思います!
posted by 香歩 at 11:08| Comment(2) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

食費のスリム化に挑戦!

さて,9月末より専業主婦になっている私ですが…

せっかく時間ができたから,
前から気になっていたことに取り組んでみました。

それは,食費のスリム化

なんだかねー
我が家は食事はまったく贅沢はしていないと思うんだけど,
なかなか自分の思っているラインに収まらなくて。

贅沢していない,使っている感じはしないのに,
1ヵ月トータルだと思ったよりかかっているんです。

で,根本からやり方を見直してみることにしました。

今まで,ざっくり週単位で予算分けしていたのを,
半月単位に変えました。

週単位だと,ちょっとまとめ買いしたり,
安いからと買い置きしようとすると,
すぐ予算をオーバーしてしまって…
で,だんだん嫌になって,適当になるという悪循環でした。

半月単位だと,まとめ買いしても生鮮食品なら使い切れるし,
先の見通しも立てやすい範囲内だと気づきました。

そしてその予算も,必要なものの分をまず確保。

米,旦那さんの飲むアルコール類,
毎朝食べる納豆や飲むヨーグルト,パンや麺類など,
半月の間に必要な数量を考えて,予算を確保します。

その際,特売価格ではなく,あくまで近所のスーパーで平均的に買える価格で考えます。
必需品が予算からはみ出してしまうと,すぐ嫌になってしまうのであせあせ(飛び散る汗)

必要なものに予算を割り当てたあと,流動的なものに予算を割り振ります。
肉・魚:○○円,野菜:○○円,調味料:○○円…というように。
お菓子や,臨時のビールなど,多少のゆとりも予算を立てて組み込みます。

その範囲内でやりくりするようにしてみると…

あら不思議,そんなに我慢したという感じもなかったのに,
食費が25%以上も減少していました!

もちろんこれは,ちょっとでも予算が浮くように,
特売品目指して買い物にいける時間があるからこそ,だし,
買い物したあと,レシートを見ながらわざわざ項目別に
消費税を掛けて計算しなおす暇があってこそ,ですが…

それと,やっぱり性能アップした冷蔵庫の効果が大きいです…!!

冷凍庫が大きいから肉や魚はまとめ買いしても冷凍できるし,
野菜が長持ちするから慌てて使い切ろうとしなくていいし。

元の冷蔵庫のままだったら,多分無理でしたあせあせ(飛び散る汗)

でも,はっきり「何にいくら必要か」を可視化すると,
やりくりしやすくなることがわかりました。
期間の初めにまとめ買いして大きく予算を使ってしまっても,
必要なものはあとこれだけだから,とわかっていると,
心配もないしストレスにもならないんですね。

このやり方では忙しい時期まで継続するのはちょっと難しいですが,
感覚をつかんでしまえば,ある程度は出費を抑えることができそうです。

時間がある間はこの家計管理をしっかりやっていこうと思います!


posted by 香歩 at 11:50| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。