2014年08月18日

大人の夏遊び〔夏祭り〕

お盆は各地で大荒れでしたね。

うちの方はそれほどでもなかったのですが,
たまたま出かけた先で大雨に当たり^^;
足元ずぶぬれになるし寒いしたらーっ(汗)
直線距離で10キロにも満たない近隣への外出でしたが
とても消耗してしまいましたふらふら

さてそんなお盆期間でしたが,
うちは旦那さんがたまたま3連休になったこともあり,
お出かけしたい虫が騒いでしまって^^;

15日に,埼玉県は長瀞の船玉祭りに行ってきました。

長瀞とは,秩父地方にある渓谷で,
国の天然記念物にも指定されている名勝です。

こちらは去年の秋に訪れたときに撮ったもの。
長瀞1


船玉祭りは,「船下りの船頭が水上の安全を祈願して水神様をお祀りしたのがその始まり」(長瀞町観光協会HPより)だそうで,
川に灯篭を流し,提灯をつけた船が運行され,
さらに花火の打ち上げもあるという,大掛かりなお祭りです。

実は今の時期方位的には凶なんですが^^;
せっかくの機会だし,日帰りだし,
行ってみることにしました。
夏祭りや花火大会に行くのは,今年の開運行動だしひらめき

長瀞に行くには秩父鉄道に乗らなければならないのですが,
秩父鉄道はICカードが使えません。
なので,ちょっとお得な1日乗車券を使うことに。

で,せっかくだから,沿線の秩父神社にも行ってみようと,
長瀞より少し先の秩父まで足を伸ばしてみることにしました。

お昼過ぎに出て,秩父到着は3時過ぎ(結構遠いのです)。

秩父神社は駅からすぐです。

石の鳥居をくぐり境内に入ります。

CIMG2852 (640x480).jpg


本殿には精緻な彫刻が施されていて,
幾つかはあの左甚五郎作だとか。

秩父神社 御本殿


こちら御本殿の南向きの面の「子宝 子育ての虎」。
左甚五郎作です。
子宝 子育ての虎


こちらは東面の「つなぎの龍」。
こちらも左甚五郎作。
鎖でつながれているのがわかりますか?
つなぎの龍


そして北面は「北辰の梟」。
なんと,体は南向きに,顔だけ北を向いているそう。
たしかによく見ると尾羽が。
北辰の梟


西面は3匹のお猿の「お元気三猿」。
日光東照宮の「見ざる・言わざる・聞かざる」に対して,
「よく見て・よく聞いて・よく話す」のだとか。
表情もなんだか明るいですね。
この三猿と,「北辰の梟」は左甚五郎作ではありません。
お元気三猿


せっかくだから寄ってみよう,っていう感じで参拝しましたが,
何となく和やかな感じの神社で,居心地も良く,
参拝してみて良かったです。

あとは近くの道の駅までぶらぶら歩いて,
道の駅とその隣のショッピングセンターを覗いてから,
再び秩父鉄道へ行き,いよいよ長瀞に向かいました。

長瀞駅に着いたら,さすがに人がたくさん!
出店もたくさんで,お祭りムード絶好調です^^

とりあえず岩畳へ向かいます。
この時点で5時半頃でしたが,川にはすでに…

万灯船


万灯船です。
まだ明るいので火は灯っていませんが,
船上の白い物はすべて提灯のようです。

一般客の見学エリアは主に岩畳の上。
天然記念物の上で花火見物できる,貴重なスポットです。

さすがに慣れた方々は,レジャーシートを敷いて,
場所を確保してすでにお酒も入って万全の花火待ち態勢。

私たちはとりあえず座れる場所を探して,上流へ。
結構歩いて,どうにか岩畳の隅っこに座る場所を確保しました。

6時になると,いよいよ水上安全修祓祭などが行われ,
祝詞があげられるなど,
単なる花火大会ではない,厳かな雰囲気が漂います。

そして6時半,かなり薄暗くなってきたころ,
灯篭流しが行われました。
私たちが座ったところはかなり遠かったけど,
遠くに川を流れる灯篭を見ることができました。

さらに1時間。
すっかり暗くなった19:30,いよいよ花火大会が始まりました!

花火


いたばし花火大会の息もつかせぬ連発連打と違い,
打ち上げの前に花火の提供者の紹介やメッセージを読み上げ,
スターマインや尺玉などといった説明もあり,
音楽を流してから打ち上げます。

いたばし花火大会の豪華絢爛さもすごかったけど,
こうやってじっくり楽しめるのもまた違った良さがありますね^^

でも,この花火は距離が近い!!
首が痛くなるほど上をみないといけませんし,
頭上でバーン!と大きな花火が開くのは圧巻!!

それと,渓谷という地形のためか,
ドーーーン!!とものすごく響くんです。
すごい迫力!!

なかなかちょっと他では味わえないタイプの花火大会でした。

花火様々


30分ほど打ち上げがあって,
20時からは万灯船の運航が始まりました。
先程の白い提灯にはすべて灯がともって,
とても幻想的な姿になっています。

どうにかちらちら見ることはできたけど,
遠くて(人も多くて)写真を撮ることはできなかったので,
興味のある方は長瀞町のHPでどうぞ。
なかなか凄いですよ^^

万灯船は少しだけ上流に航行し,
Uターンしてまた川下に戻って行きました。

さて,万灯船の航行の後は花火大会第2部なんですが,
時間の都合上,私たちはこれで会場を出ることに。
岩畳の上はものすごく混んで時間がかかったけど,
どうにかこうにか岩畳を降り,道路へ出ることができました。

そして,激混みが予想される最寄りの長瀞駅ではなく,
もう1駅上流の上長瀞駅へ向けて歩きました。
私たちは終点の羽生まで行くので,なるべく座りたかったんです。

上長瀞駅までは15分くらいかかりましたが,
この作戦はばっちり当たって,
余裕で座ることができました。
(長瀞駅では人が大挙して乗ってきて,
車内温度が一気に上昇してました^^;)

さて,お盆も終わると,いよいよ夏も終わりだな〜
という気分になりますね。
これからは,残暑もまた名残惜しく感じられます。

まあ,もうしばらく暑さは続くだろうけど,
この暑さもまた,楽しんでいきたいと思います。


posted by 香歩 at 12:25| Comment(0) | 関東さんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

大人の夏遊び〔野球観戦〕

「夏遊び」ネタが続いて,
この夏は遊びほうけているみたいですが^^;

そうでもなく,忙しくお仕事はしているんですけどね。
時々ちょっと心折れそうになりつつあせあせ(飛び散る汗)

息抜き息抜き。

で,今回は,プロ野球観戦に行って参りました!!

ちなみに球場は…

明治神宮球場


神宮球場です!

「神宮球場」という呼び方しか知らなかったので,
正式名称が「明治神宮野球場」だと初めて知りました。
ほんと,街なかにあるんですね〜

メトロの外苑前の駅を出て路上に上がったら,
いきなりおつまみやお酒のお店の客引きがあってびっくり。

駅から球場までの間にあんなにお店が出ているのは初めて見ました。
まあ,駅目の前,っていう球場も多いですもんね。

うちの旦那さんは,高校球児だったほどの野球好き。
(でも弱小校だったので活躍はしていない)
しかも筋金入りの大阪育ちの阪神ファン。

なもんでカードはもちろん,ヤクルト×阪神。

5時半頃に球場に入って,お弁当とか買って,
夕風に吹かれながらのんびり開始を待ちます。

神宮球場1


神宮球場2


「ミルミル」と「タフマン」の大看板,
さすがヤクルトの球場ですね〜

試合は阪神がいいところなしのぼろ負けでたらーっ(汗)
ちょっとテンション上がりませんでしたが,
涼しい夜風の中の観戦はなかなか気持ち良かったです。
この日は花火の打ち上げもあったし,綺麗でした。

それにしても,「暑い〜,真夏だ〜あせあせ(飛び散る汗)」と言っても
もう来週にはお盆だし,お盆過ぎたらすぐ9月。
そしたらもう秋風が吹いてきて…となりますよね。

残り少ない夏,やっぱり暑さも楽しみたいです。

posted by 香歩 at 21:51| Comment(0) | 関東さんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

大人の夏遊び〔おでかけ〕【亀山温泉編】

木更津でランチ,久留里でお水取りときて,
最後は久留里線の終着駅・上総亀山へ。

久留里線沿線


夏真っ盛りの濃い緑がすごいです。

車窓の緑


大きく伸びた枝や葉が斜体に当たって音を立て,
緑のトンネルを潜り抜けてゆくようです。

久留里から20分たらずで上総亀山に到着。
上総亀山駅


田舎の小さな集落にたつ駅という感じ。

さて。
ここからどこに行くのかといいますと。

この小さな駅から徒歩10分くらいのところに
亀山湖というダム湖がありまして。
その湖畔には,亀山温泉という温泉があるのです!

ネット情報によるとなかなか個性的な温泉ということで…

猛暑の中ですが,歩いて温泉に向かいます。
以前はコミュニティバスなんかもあったようですが,
近年廃止になったようで,
駅からの交通手段は基本的に徒歩みたいです^^;

日差しに映える緑は綺麗ですが,暑くて暑くてあせあせ(飛び散る汗)

ぼちぼち歩いていると,見えてきました。

亀山湖。
亀山湖


赤い橋が緑に映えますね。

ここまで来たらあと5分ほど。
赤い橋の反対側にももう一本橋がありまして。
そちらを渡ると亀山温泉はすぐです。

こちらはその橋から撮ったもの。
亀山湖と亀山温泉

右手の建物が目的の亀山温泉です。

ちなみに,建物の手前には足湯がありまして。
温泉利用客じゃなくても無料で浸かれます。

浸かってみました。
亀山温泉の足湯


ていうか,外観写真載せろよって感じですね^^;
撮り忘れましたあせあせ(飛び散る汗)
亀山温泉のHPに写真があります。

お湯に色がついているのがわかりますか?
HPにはチョコレート色の温泉とありますが,
ほんとに濃い茶色なんですよ。
といっても,有馬温泉の金泉みたいに濁っていない。
透き通った茶色のお湯です。
茶色でも,いわゆる鉄泉じゃないんですよね。

そして,初めて知りましたが,千葉県の温泉って
基本的に冷泉なんだそうです。
地下にマグマがないので,温度が上がらないんだとか。
こちらの温泉も,源泉は30℃ないみたいです。

この時期,足湯は加温せず流しているそうで,
ひんやり冷たい温泉でした。
でも暑かったので,とってもいい感じるんるん
足湯場はちゃんと屋根付きだし,
湖からの風も通るので,気持ち良かったですよわーい(嬉しい顔)

さて,少し足湯を楽しんだら,いよいよ温泉へ。

平日だったこともあり,女湯は貸切状態。

ゆっくり温泉に浸かることができました。

お湯の色,チョコレートというよりも,
私はブラックコーヒーみたいだなあと思いました。
濃く入れた紅茶や,中国茶みたいでもあります。

内湯はかなり熱くてあせあせ(飛び散る汗)
長くは入っていられませんでしたが,
上がっては水分補給(もちろん久留里の水)を繰り返し,
しっかり温泉を堪能しました。

お水はなんと500ml飲み切ってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

こちらは露天風呂などはありませんし,
正直設備は年季が入っている感じですが,
アメニティは充実しているし,
お客さんをもてなそうという気持ちがとても感じられます。
珍しいお湯だし,湖の景色も素敵なので,
入ってみる価値ありますよ

炭酸水素塩泉ということで,美肌の湯だそうですが,
保温効果もかなりあるような気がします。
ちなみに風水的には恋愛運・ビューティー運アップの湯だそう。
(『絶対、運が良くなる旅行風水』より)
今回は南方位への旅だったので,方位的にもぴったりでした^^

さて,温泉を楽しんだら,ロビーで少し休憩させていただいて。

旦那さんはビール飲んだり,おみやげを買ったりして。
そしてそろそろ帰りの電車の時間ということで,
温泉を後にし,17:06上総亀山発の電車で帰途につきました。

帰りの電車も久留里止まりだったので,
いったん久留里駅で下車。
もう一回お水をいただいてきました。

今回は朝も遅めで,引き上げも早めでしたが,
思ったより各地でゆっくりできて,よかったです。

木更津も久留里も亀山温泉も,
それぞれに個性があって,素敵なところでした。
近場でいろいろ発見があったり,旅気分を楽しめると,
なんだか得した気分になりますわーい(嬉しい顔)

まだまだ知らないところが一杯の房総半島。

またゆっくり旅して回りたいです。

*おわり*




posted by 香歩 at 15:38| Comment(0) | 旅行風水:実践編【南方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

大人の夏遊び〔おでかけ〕【久留里編】

久留里(くるり)線。

なんだか可愛い名前ですよね

くるりせんのくるりえき。

童話に出てきそう^^

主人公のルリちゃんが,くるり線のくるり駅で降りてくるりの街をくるくる歩いているのに,なかなか元の駅にたどり着けない…みたいな。

どことなくメルヘンチックな響きです。

今回は久留里線終点の上総亀山駅まで行く予定ですが,
木更津から上総亀山まで行く電車は本数が少ないです。

12:03木更津発は久留里駅どまり。
ここでいったん降りて,13:45発の上総亀山行に乗ります。

さて,実際の久留里線は。

いたって普通のローカル線です。

久留里線の木更津駅で


今回の車両はごく一般的なJR東日本の車両。
今回は2両編成でしたが,1両のときもあるみたい。

12時過ぎの電車に乗って,出発進行です!

で。

毎度まいど愚痴って申し訳ないんですが。
やっぱりロングシートなんですよね…
いえ,さすがにもう慣れましたし,
期待もしていないですけどね。

関西在住のみなさん,JR西日本の車両は快適ですよ〜
ぜひ普通電車の旅も楽しんでみてくださいね!

木更津から久留里駅までは45分ほど。
田園風景の中を気持ち良く走ります。

食後なので途中でちょっとうとうとしたりしながら,
久留里駅到着。

久留里駅
(緑が濃い!)


こちらで1時間ほどあるので,街中を散策してみます。

駅の待合室には,あら,ここにもたぬきが!
久留里駅のたぬきーず


ここは木更津市ではなく君津市なんですけどね^^;
でも「くるり線」の響きに可愛い動物は似合います。
(個人的にはリスが似合うと思うけど)

久留里は,実は名水の町なんです。
平成の名水百選に,千葉県で唯一選ばれたとか。

駅からすぐの観光交流センターの前には,
大きな水くみ広場があり,
たくさんの人が一度に水をくめるようになっています。
水くみ広場


また,観光センターでは,500mlペットボトルが
2本150円で販売されています。
久留里の水


飲んだ感じ…
ちょっぴり,硬水っぽい?と思いました。
なんとなく温泉を飲んだ時のような…
冷たくて,美味しいですよるんるん

街中には,無料の水くみ場がたくさんあって,
あちこちでお水をいただくことができます。
場所によっては,一般利用はされていないところもあって,
地元の方の生活に密着した水なのだとわかります。

ちなみに久留里の井戸についてはこちらのサイトがわかりやすいです。
(君津市の観光情報のサイトです)

美味しい水があれば当然,美味しいお酒もあるわけで。

酒蔵もありますぴかぴか(新しい)

駅から徒歩圏内に,藤平酒造,吉崎酒造,森酒造店の3つ。

全部回ってみたかったけど,時間も足りないので,
藤平酒造さんで「福祝」の生酒を買いました。
福祝


高澤の水まで行って引き返し,今度は商店街へ。

久留里商店街入り口


このゲートからもわかるように,
久留里は城下町なのです。
城下町らしく,古い建築物も残っていたり…

木村屋金物店さん


この建物,1階は普通のお店なのに,
2階はすごくものものしいですね〜

商店街といってもそんなに長くはなく,
ぶらぶら歩いているうちにすぐに住宅街に。
そして,また井戸の案内板が出てきたので従ってみると,
「新町の井戸」に出ました。

新町の井戸


ざばざばと涼やかに流れています。

自分で栓を開けて汲むタイプの井戸もあるんですが,
やっぱり常時流れているところの方が,
水が冷たくて気持ちがいいですね^^
暑い時には本当にありがたい。

美味しいお水と,タイムスリップしたような
ちょっとレトロな街並みを楽しんで,
13:45,再び久留里線に乗り込み,上総亀山に向かいました。

 *つづく*

posted by 香歩 at 17:16| Comment(0) | 旅行風水:実践編【南方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

大人の夏遊び〔おでかけ〕【木更津編】

暑い!!!

さすが8月,暑いですね〜あせあせ(飛び散る汗)

そうはいっても夏は暑くなければやはり物足りない。
熱中症と夏バテにはくれぐれも気を付けて,
夏を楽しみましょ〜ハートたち(複数ハート)

さてさて。

そんな猛暑のなか,行ってきましたよ,
青春18きっぷを使ったローカル線の旅るんるん

増税により廃止も噂された18きっぷですが,
この夏もちゃんと発売されました!
ちょっと値上がりしましたが,
超お得きっぷであることには変わりなし。

さて,とりあえず第一弾は,7月唯一の吉方位である
南方位に行って参りました。

そんなに遠方でもないので,朝は8時過ぎに出発。

柏駅からJRに乗り,何度も乗り継いで,
11時前に木更津駅到着です。

本日はここからローカル線の久留里線に乗りますが,
その前に木更津駅近くで腹ごしらえを。
木更津も海が近いので,お寿司屋さんとか結構あるんですよね。

「るるぶ」や食べログで調べて,駅近くの好美寿司さんで
ランチのお寿司をいただきました。

旦那さんは「一人半前」という握りと巻のお寿司のセットを。
ランチ:一人半前


私は並のちらし寿司を。
並ちらし


並だしサービスランチだから,ネタに豪華さはありませんが,
実は苦手なタコも柔らかくて美味しい〜るんるん
マグロも臭みがなく,イカも柔らか!
酢飯も優しい味で,美味しくいただきましたかわいい

開店時間の11時すぐに入ったので,
お店を出たのは11時半ごろ。
久留里線の発車時刻は12:03だったので,
余った時間は駅周辺をぶらぶらしてみました。

ちなみに木更津と言えば…

證誠寺

こちらが全国的に超有名。

さて,証誠寺とは…

コレ↓
木更津市のマンホール


そう,「しょ・しょ・しょうじょうじ〜
しょうじょうじ〜のに〜わ〜は〜」
の証誠寺なんですね!

こちらはかなりの「たぬきの町」で。

街中にはこんなタヌキとか。
街中のたぬきオブジェ

たぬきオブジェアップ
(アップ)


ちなみに駅前にはこんなタヌキもお出迎え。
駅前のたぬき


信楽とはまた違ったたぬきの街。
なんだか楽しい気分になりますね^^

でも,証誠寺自体は,こじんまりと落ち着きのあるお寺でした。

證誠寺参道


写真は撮っていませんが,
中には狸塚や童謡碑もあります。
駅から5,6分なんで,少し時間があるときには
ふらっと眺めて歩くだけでも面白いかも^^

思いがけないプチ観光を楽しんで,
いよいよ目的の久留里線に乗り込みます!

 *つづく*
posted by 香歩 at 11:03| Comment(0) | 旅行風水:実践編【南方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

大人の夏遊び〔花火大会〕

夏は暑くて体力も消耗するけれど,
夏にしかない楽しみごともたくさんです。

去年までは旦那さんのお休みが少なくて,
ほとんど遊びにいけなかったので,
今年は夏ならではのイベントも楽しみたい!
ということで。

いたばし花火大会に行ってきました!

通常は土日が休みじゃない旦那さんが,
この日はお休みをとってくれました^^

それにしても,関東は花火大会が多いですね〜

人口が多いからとか,
広大な平地で大きな川などの水場が多いというような
地形的な面もあると思うんですが,
多分に花火好きな地域性もあるような。

大規模な花火大会が東京近郊で同日にいくつも開催されているのが驚きです。

で,肝心のいたばし花火大会ですが。

人ごみが苦手&場所取りが苦痛な私たち。
有料指定席を事前購入して向かいました。

しかし,有料指定席も広い!!
河原の土手1キロくらいを指定席にしているみたいです。

あまり他の花火大会に行っていないのでよく知らないのですが,
最近の花火大会ってこんな感じなのかしら?

でも,指定席とっておいて正解♪
会場まで焦って向かうこともなかったし,
落ち着いて見ることができました。

19時になって,打ち上げ開始!

CIMG2779 (640x480).jpg


しょっぱなから大玉の花火が上がる上がる!

まだほんのり青味が買った空に,
大きな花火がポンポン開いていきます。

あんまりこの手の大規模な花火大会に行ったことがないので,
とにかく連続,連発で上がり続けるのに驚きました。

CIMG2801 (640x480).jpg


次から次へ,惜しみなく上がり続ける花火。
花火師さんたちの見事な作品,
じっくり一つ一つ見てみたい気もするけど,
連続で重なって開く迫力と豪華さは言葉を失います。

ひゅるる〜〜と高ーく上がると,期待度満点!

その割に,ポン!と小さく開いて
「あれ?こんだけ?」と思ったら,
一呼吸おいて広い範囲でバラバラバラッと
小さな花が一斉に開く花火とか。

バチバチバチッ!とものすごく明るく光る花火とか。

本当に,日本の花火は芸術です。

最後にいたばし花火大会のハイライト,
700mに及ぶというナイアガラ。

CIMG2813 (640x350).jpg


高さが思い描いていたものより低かったのですが,
実際に点火されると,流れる光が本当に綺麗。

そしてその上に,惜しげもなく打ち上げられる,
フィナーレの凄まじいほどの連発花火!

まさに光の競演,堪能しました。

帰りの電車も混むかな〜と思っていたけど,
私たちは埼京線を大宮方面に向かったので,
意外とスカスカな電車に乗れました。
少し乗っていたら座れたし。

でもこの規模の花火大会がいくつもあるってすごいですね。
都内の人はそう思っていないとおもうけど^^;
他地域ではこの規模の花火大会は,
一県に1回か,せいぜい2回じゃないでしょうか?
大阪だったら淀川とPL,
京都は宇治川くらいですもんね。
あとは大津の琵琶湖花火大会,
みなとこうべ花火大会くらい?
(どれも行ったことがない…^^;)

一夏に何回もは行けないけど(夏場は忙しいたらーっ(汗)
それに,基本的に有料席じゃないと無理)
また来年も,どこかの花火大会に行きたいです^^
posted by 香歩 at 09:15| Comment(0) | 関東さんぽ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。