2014年04月01日

忘れ物をとりに,熊野へ【往路編】

先日の記事にちらっとアップしましたが,
和歌山県の勝浦に行って参りました。

往復青春18きっぷ使用,片道14時間×2日という
時間的にも体力的にもハードな旅でした^^;

なぜそんな強硬な旅をしたかと言いますと。

私,3年ほど前から熊野古道を歩くことが
ライフワークの一つになっているのですが,
去年の11月,千葉に引越しをする直前に,
紀伊路〜中辺路を経て,熊野本宮大社に到達することが出来ました。

この旅の途中,常に頼りにしていたのは,
JR西日本で実施されていた
「聖なる森熊野古道キャンペーン」で配布されていた地図。

そして,道中の目標と楽しみは,御心帳への押印と,
各ポイントで配られている木札を集めることでした。

しかし。

実は私,熊野本宮大社に到達した時,
なんと木札を貰い忘れていたのですふらふら

スタンプは伏拝王子にあり,押せたのですが,
木札は本宮大社近くの観光協会で配布されていました。
本宮大社に到着したのがすでに4時過ぎ。
もちろんお参りもするし大斎原にも行きたいし…
となるとあっという間に時間がたち,
紀伊田辺に向かうバスの時間が迫ってきて,
配付場所に行くことができなくなってしまったのです。

紀伊田辺駅でも貰えるからいいか…と思っていたのですが,
紀伊田辺駅でも乗継まであまり時間が無くて,
ばたばたしているうちにうっかりもらい忘れてしまってあせあせ(飛び散る汗)

結局そのまま,千葉に来てしまったのです。

それでも,この区間の木札は
紀伊田辺駅でも紀伊勝浦駅でも新宮駅でも受け取れるので,
だいぶ先になってもいつかは…と思っていたのです。

ところが昨年末。

JR西日本より,
キャンペーン終了のお知らせが届きました。

キャンペーンは2014年3月末で終了,
スタンプ台と木札は回収するとのことでした。

がーん…がく〜(落胆した顔)
がんばって歩いたのに木札がもらえない…

よりによって本宮大社木札のが欠けてしまうなんて…もうやだ〜(悲しい顔)

そうはいっても,千葉から和歌山はさすがに遠い…たらーっ(汗)

これはもう諦めるしかないかな…と思っていたのです。

私もまだあまり仕事をしていないから,
ゆっくり旅行がてらに行くほど余裕はないし。
新幹線やら特急やら使えば日帰りで行けなくもないけど,
ただ木札を貰うだけのためと思うとあまりにもったいない。

青春18きっぷを使って勝浦で1泊すれば,
その半額くらいで往復できるんだけど,
時間も体力も必要だし…

と悩んでいたのですが,なぜか旦那さんが乗り気で^^;
無茶な旅というのが面白かったらしいですたらーっ(汗)
あと,美味しいマグロが食べたいというのもあったみたい。

方位的にも,3月なら,現住所からは南西,
旧住所からは南になり,どちらも吉方位。
勝浦なら温泉もあるし。

吉方位旅行が出来て,そこそこリーズナブルに収まって,
なおかつ美味しいものが食べられて,温泉も入れて。

というなら,いいんじゃない…?と思い直し。
旦那さんとうまい具合にお休みを合わせることができたので,
決行することにしました。

当然,当日は早朝出発。
朝4時起きで5時に家を出て,
埼玉県大宮駅から延々JR乗継がスタートしました。

片道14時間,たびたび愚痴っていますが
JR東日本のロングシート車両は疲れるし,
朝ご飯も食べたかったので,
大宮〜平塚までの湘南新宿ラインはグリーン席に乗りました。

平塚〜熱海〜興津〜掛川〜豊橋〜名古屋と乗り継いで。
13時過ぎに名古屋に到着。

名古屋で駅弁を買って,快速みえに乗りました。
快速みえ


快速みえは,18きっぷユーザーには有名な話ですが,
途中で伊勢鉄道の線路を通るので別料金がかかります。
とはいえ完全にJRだけで紀伊勝浦まで行くのは時間的に無理。
でもさすが「快速」,快適でした!

駅弁は,名古屋!な感じの「味噌カツ弁当」と,
名物らしい「とり御飯弁当」。
名古屋の駅弁


そして久々のクロスシートでリラックス揺れるハート

快適な快速も1時間半ほど。
多気で降りて,JR紀勢本線に乗換です。

乗り換えまでちょっと時間があったので,
駅の外へ出てコンビニでおやつと買いましたが,
このコンビニに昔,立ち寄ったことがあることを思い出しました。

2008年の夏,日帰りのつもりで三重県の三野瀬へ行き,
ゲリラ豪雨で帰れなくなったことがあるのですが(記事はこちら
その時,帰りに立ち寄ったお店でした。

まさか後々旦那さんと一緒にくることになるとはたらーっ(汗)

あの旅はいろんな意味でスイッチの入った,
特別な思い出のある旅なのですが,
やっぱり不思議な縁を感じますね。

さて,紀勢本線に乗って,ここからがなんと3時間以上あせあせ(飛び散る汗)

まあ。
乗り心地の良いボックスシートですしね^^;
それに,個人的に紀勢本線の車窓の景色は大好きなので。
ゆったりのんびり,旅行気分満喫。

梅や桜やモクレンが咲いていて,綺麗でした。

でも,本当に,熊野にくると不思議なくらい幸せな気持ちになります。
景色がきらきらしていて,別世界にきたよう。
悩みとか,気がかりなこととか,どうでもよくなる感じ。

あ〜,心地いいなあ〜〜〜って。

途中,熊野市駅では22分の待ち時間があったので,
ちょっと外に出てみたり(18きっぷの醍醐味)。

その後,少し遅れるものの,19時頃新宮市到着。
新宮発の電車に乗り換え,
その電車も少し遅れて発車することになり,
19:40頃,定刻より約5分遅れて,紀伊勝浦に到着。

勝浦駅の窓口で,無事,木札をいただくことができました。

さて,勝浦駅に着いた時にはすでに真っ暗。

この日の宿は,ホテル浦島を予約していたのですが,
この時間に着くことがわかっていたので,
朝食のみのプランにしていました。

なので,先に食事をとってから,チェックインすることに。

旦那さんの「美味しいマグロが食べたい!」
という希望にこたえるべく,お店探し。
リサーチしていたお店もあったのだけど,
なぜか気をひかれた「ますだや」さんに入ってみることにしました。

旦那さんは「マグロ丼」を注文。
まぐろ丼


私は「マグロユッケ丼」を。
まぐろユッケ丼


さすが新鮮なマグロ,臭みがなくてぷりぷりで,美味し〜い

タレも美味しくって,大満足るんるん

こちらは本日のおススメにあった,「マンボ肝和え」。
マンボ肝和え


マンボといえば…


マンボウ!

マンボウ!


じゃなく。

これぞマンボウ


これですね。
食べれるんですね〜

生まれて初めてマンボウ食べましたよ。
食感は,イカっぽいです。
味は,特別美味しいかというと微妙ですがあせあせ(飛び散る汗)
マンボウの身って,刺身で食べたりもするそうですが,
すごく水分が多くて,炊いた方が美味しいのだとか。
うん。珍味。なかなか。

こちらは,「うねす」のお刺身。
うねす刺身


「うねす」をご存知の方は,多分かなり「通」。
くじらの,下あごから腹にかけての部分だとか。
これも初めて食べました。
味はなかなか美味しい…んですが,とにかく噛み切れない!
堅い,というのとも違うんだけど…
噛むと旨味はあるんだけど,どうにも噛み切れず飲み込めなくて。
私は歯が弱くてあまり強く噛めないので,
余計に無理だったみたいです。
1枚だけ食べて,残りは旦那さんにお任せしました。

そしてやっぱりマグロを心置きなく食べたい!と,
マグロのお刺身も注文。
マグロ刺身

赤身,中トロ,大トロかな?
でもやっぱり赤身が美味しいですね〜

お酒も飲んでほろ酔いで,満腹になって,
9時のホテルの送迎船に乗りました。

ホテル浦島といえば有名な忘帰洞のある温泉ホテル。

たとえ到着が遅くとも,温泉は外せません!
(なんといっても吉方位!!)

1時間半ほどかけて,私は3つ,旦那さんは4つ,
温泉に浸かってきました。

朝早くからフル稼働したので,
温泉を出たら二人ともぐったり。

翌日も続く長時間乗車に備え,就寝しました。

 *つづく*





posted by 香歩 at 23:39| Comment(4) | 旅行風水:実践編【南西方位】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。